人気ブログランキング |

新湘南電鐵 横濱工廠archive

shinshonan.exblog.jp
ブログトップ

タグ:Bトレ ( 33 ) タグの人気記事


2013年 03月 23日

BトレDD51の動力化(1)動力ユニットの加工

一昨日予告の通り、BトレDD51の動力化を行なっていまして、本日は動力ユニットの加工です。加工法はJoshin web の「鉄道模型教室」に出ていますが、BANDAIのBトレ専用動力ユニットType3を使用し、車体と干渉するところを削除するのは同じです。
上記「教室」では切除する部分にピンバイスで連続穴を明けてナイフで切り抜いていますが、手抜き工事で名を馳せる当廠はそんな手間のかかることはせず、ニッパーで一気に切除してしまいました。が、一歩間違えれば床板を割ってしまい、高価な動力ユニットをオシャカにしてしまう危険性も十分ありますので、決してお奨めしません。実施時は自己責任下でお願いします。時間のある方はJoshinの記事の方法をお奨めします。
c0207199_2112502.jpg
左から加工済みの動力ユニット、未加工の動力ユニット、キット付属の非動力の床板です。非動力の床板は赤線のように逃がしが入っており、動力ユニットもこの部分を削除しないと車体裏側のボスに干渉して車体に組み込めません。なおカプラーのナックル化の記事はこちらからどうぞ。
c0207199_21125743.jpg
まず、動力ユニット両端のビスを外します。
c0207199_2113210.jpg
この状態で台車を90度捻ると台車が下に外せます。
c0207199_2113752.jpg
床板の四隅をニッパーでカットします。
c0207199_21131257.jpg
数分で加工完了。
c0207199_21131793.jpg
分解の逆順で台車を組み付け、ビスを締めます。
c0207199_21132213.jpg
台車レリーフを取り付けて完成です。
c0207199_21132789.jpg
取り敢えず車体を取り付けました。貨物色よりオリジナル塗装の方が馴染みがありますね。
c0207199_21133225.jpg
JR貨物色の更新機です。
c0207199_21133798.jpg
このままでも走行はできますがかなり軽いので牽引力はあまりありません。このあと先日購入したマッハ模型の鉛板による補重を行ないますが、それはまた次回に。

by nari-masa | 2013-03-23 21:34 | フリーランス | Comments(1)
2013年 03月 21日

そのうちに・・・

これを記事に纏めようと思います。
c0207199_23171411.jpg
BトレDD51の動力化、Joshin web の「鉄道模型教室」に出ていたので、真似してやってみました。所要時間10分ほど。

ただの物真似では面白くないので、加工工程の簡略化(要するに「切るだけ・削り・穴明け無し」)をしました。このあとウェイト補重を行ないます。

by nari-masa | 2013-03-21 21:30 | フリーランス | Comments(0)
2013年 03月 10日

EB10 1次量産車仮竣工

c0207199_10525886.jpg
EB10の先行試作に続き、1次量産車が仮竣工しました。と言っても2輌ですけど(笑)。まだ機番を貼っていません。
c0207199_2057870.jpg
今回はKATOのチビ凸動力を使用しましたが、チビ凸動力は台枠の幅が18mmあり、そのまま内のり17.3mmほどのBトレイン機関車に組み込むと車体が台枠上に乗ってしまいます。上の画像は昨年ストレート組みしたときのものです。
c0207199_20583953.jpg

そこで、KATO動力の台枠幅を狭めます。ニッパーで切断して最後はヤスリとカッターで幅を揃え、ステップは上端を斜めにカットしましたが、車体に組み込めば見えないので仕上げはいい加減です。カプラーはKATOのかもめナックルをM1ナベネジで取り付けてあります。
同時に先日購入した鉛板でウェイトを作ります。幅15×長さ33mm、厚さ1mmを5枚、全部で2.5立方cm、鉛の比重11.34なので全部で28gです。車体側のストッパーをかわすために長さを33mmにしたのですが、車体一杯に詰めれば50mmまで入るので43gくらいまで補重できます。
車体は青濃淡と緑濃淡を組みましたが、動力ユニットは現状1個だけなので着せ替え人形です(^^)
c0207199_2171532.jpg
青濃淡・パンタ後。機関車の肩Rが後続の客車の肩の高さと大体合ってきました。
c0207199_2172872.jpg
青濃淡・パンタ前
c0207199_2172767.jpg
青濃淡・側面
c0207199_2174314.jpg
緑濃淡・パンタ前
c0207199_2175398.jpg
緑濃淡・側面
c0207199_21104848.jpg
上から。
c0207199_21131169.jpg
先行試作車36号機と青濃淡同士の重連。
c0207199_21131825.jpg
青濃淡と緑濃淡の重連。この2輌で客車11輌を十分牽引できます。そのうち特急つばめを牽引させましょうか(笑)

by nari-masa | 2013-03-10 19:35 | フリーランス | Comments(0)
2013年 03月 04日

EB10量産仕様組立中

今年も早3月に入りましたが、まだまだ朝夕は寒いです。横浜が北陸と違うところは雪がないことですが、その北陸もそろそろ平野部は雪解けだそうです。
横浜移転後の最大の問題は工作室がないことで、腰を落ち着けて作業ができません。立ったまま加工するのでどうしても荒っぽくなってしまいます。とグチっても仕方ないので、EB10量産機の組み立てを少しずつ進めています。
c0207199_19292590.jpg
緑濃淡と
c0207199_19293097.jpg
青濃淡の2輌目。
c0207199_19293586.jpg
コアブロックを入れないので、まず屋根板と妻板を接着します。この接着は流し込みタイプのプラモデル用接着剤で行ないます。シャコタン化するためスカートを取り付けるボスを削り取りました。
c0207199_19294130.jpg
荷物電車みたいな姿ですが、このあと側板を接着し、最後にABS用接着剤を流して強度を保たせます。側板と妻板を組み合わせる糊代となるタブの精度が悪く、段差ができてしまうのでタブをカットしてあります。これを量産仕様として、赤灰や黒、茶も同じ加工をしていきます。

今日、CASCOの車輌ケース21m16輌用と12輌用が届きました。さすがに16輌用はかなり大きいです。

by nari-masa | 2013-03-04 20:24 | フリーランス | Comments(0)
2013年 02月 23日

EB10ごっこ(その5)EB10青濃淡の電飾

EB10が全部で4輌になりましたが、とりあえず青濃淡をシャコタン化に引き続き、ナンバーシール貼り付け、片側だけ前照灯を点灯可能にして完成させました。
c0207199_163335.jpg
機番は36号機。かつてのカツミ16番EB10青と同じにしました。前面のシールは一旦飾り帯と機番を切り離し、機番を先に貼り付けて位置を決めてから両側に飾り帯を貼りました。ライトユニット組み込みの為、片側の前照灯にピンバイスでφ1.2の穴を明けます。
c0207199_1633198.jpg
側面の機番もシール表現です。
c0207199_16331393.jpg
φ1.0のグラスファイバーの一端を火で炙り、少し太くしました。これをφ1.2の穴に入れて引っ掛けるわけです。車体の天井裏にはKATOライトユニット付属の銀シールを貼り付けました。このシールはかなり厚みがあるので放熱効果が期待できます(光っているのは部屋の蛍光灯が反射しているだけです)。
c0207199_16332881.jpg
ライトはきらめき工房さんのきらめきライトで、白色LEDに黄色とオレンジのマーカーを塗って電球色を表現します。
c0207199_16332336.jpg
点灯させるとこんな感じですが、良く分かりませんね。
c0207199_16333836.jpg
グラスファイバーとライトユニットを車体に組み込んでポリプロピレンテープ(絶縁)と銀シールで遮光します。きらめきライトはリード線が裸銅線なのでショート注意です。
c0207199_16333460.jpg
その状態で電源ケーブルを繋いで点灯試験。まあまあですね。
c0207199_16334943.jpg
Bトレ専用動力ユニットType1に付属のウェイトを6個ほど積み込み、前照灯のリード線を集電板に巻きつけてボディを載せますが、ポンと載せてあるだけでしっかり結合はしておらず、動力ユニットの爪で軽く引っ掛かっているだけです。レールに通電して点灯状態を見ましたが、OKとしましょう。
c0207199_16334332.jpg
コンデンサーは付いていないのですが走行系がウォーム1段減速だけのため極端に軽く、すぐ動き出してしまうので常点灯にはなりませんでした。
c0207199_16335834.jpg
ゴムタイヤがないので鰐口クリップに引っ掛かって止まっていますが、車輪は回転しています。
c0207199_1633521.jpg
これにてEB10青濃淡はひとまず完成とします。走行写真を撮りたかったのですが、時間切れでした。
残りのEB10(黒、茶、赤灰)はライト点灯を省略してシャコタン化だけにしますが、KATOチビ凸用動力は周囲を削らないとボディの中に納まりません。ウェイトももうないので次回からは鉛板を準備しなくては。

by nari-masa | 2013-02-23 17:39 | フリーランス | Comments(0)
2013年 02月 17日

EB10ごっこ(その4)

c0207199_1110257.jpg
細々と続けているBトレの改造ですが、ようやくEB10ブルー濃淡を形にしました。以前の標準色で課題となっていた腰高を解消し、かつ後日のウェイト補重やライト点灯化を可能とするためにコアとなるブロックを組み込まず、車体を接着で組み上げました。
c0207199_11101042.jpg
通常のBトレ機関車は前面が透明スチロール樹脂ですが、このEB10だけは前面もABS樹脂ですので、ABS用接着剤で裏からベタベタと補強しています。
c0207199_11101964.jpg
コアブロックなしでバンダイ製専用動力ユニット1にポンと乗せるとこの高さになります。ブレーキシリンダー(?)モールドが車体裾のすぐ下にありますから、腰高も解消されたのではないかと。パンタグラフはカツミ16番EB10同様のPS16(KATO)です。
c0207199_11103779.jpg
どうでしょう?かなり下がりましたね。
c0207199_11105249.jpg

並べてみると対策後のブルー濃淡と腰高対策前の赤灰で高さにこれくらいの差があります。
c0207199_11104593.jpg
このあとは飾り帯とナンバープレートをシールで貼ります。切り抜き文字ならインレタで表現しますが、この機関車はナンバープレートらしいのでシール表現にします。片側だけでもライト点灯化したいですね。
c0207199_1111070.jpg
ED584ですが、パンタグラフはEF56みたいに近接した2丁パンタより1個の方が雰囲気が出るようです。片方のパンタ撤去跡にはそのうちモニターでも設置します。

あとはEF58の特急色とEB10赤灰、黒、茶の手入れが残っていますが、次のNゲージ入廠が3月のKATO EF30ですので、のんびりと進めます。あ、有井のEF18とEF52、予約してしまいました(笑) 富山地鉄14760もあるので7月は財政破綻しそうです。

by nari-masa | 2013-02-17 11:31 | フリーランス | Comments(0)
2013年 02月 03日

Bトレ ED58-4 カタチにしました。

いろいろなものが仕掛かり状態になっていますが、今日は久し振りに模型弄りができたのでBトレイン・ショーティーのEF58-4試験塗装色をカタチにしました。
c0207199_17444867.jpg
これは前回の画像ですが、この機関車を標準的に組むとEB58になります。しかしかなり腰高になってしまい、EF58の雰囲気が出ません。そこで、下回りをバンダイ製Bトレイン専用動力タイプ3にして4軸機すなわちED58にしようと目論みました。
c0207199_17473036.jpg
車体を一旦バラすと、前面パーツの下に出っ張りがあります。これは端梁+連結器解放テコ+ニギリ棒のパーツを取り付けるベースになっているのですが、このせいで腰高になってしまうようです。
c0207199_17473563.jpg
そこで、この線より下側を削除してしまいます。このパーツは透明プラに塗装してあるので割れやすく、加工は注意が必要です。ニッパーかレザーソーで適当にカットしてヤスリで仕上げます。
c0207199_17474054.jpg
そうするとこんな感じになります。ようやくEF58らしくなってきました。左は特急色(ブルトレ色)ですが、小窓ではないですね。
c0207199_17474538.jpg
くろま屋さんのインレタで機番(ED584)やメーカーズプレートを表現します。実際にはEF584の側面ナンバープレートは切り抜き文字ではなくプレートですし、メーカーズプレートは丸芝(昔の東芝製で、丸の中に「芝」の字が入ったもの)なのですが、そこはまあ雰囲気ということで。
c0207199_17475235.jpg
Bトレ機関車のコアになっている黒いブロックを入れずに接着で車体を組み上げて動力ユニットに被せてみました。台車レリーフはDD51のものです。概ねポン付けできますが、床板がわずかに長いので両端を切断してあります。まだストッパーを付けていないので車体を持ち上げると抜けてしまいます。このあと動力ユニットストッパー取付、ウェイト補重、端梁パーツをカプラーポケットに取付けます。
c0207199_1748185.jpg
Bトレなので接合面に溝ができてしまうのは止むを得ないですね。側面窓に塩ビ板を入れたりホイッスル取り付けなども行う予定です。
同時進行でEF58特急色ができつつあります。それが完成したらEB10にかかります。

by nari-masa | 2013-02-03 18:11 | フリーランス | Comments(0)
2013年 01月 31日

やっとこれが来ました。Bトレ ED(?)584

ずっと探していたのですが、やっとこれが入手できました。EF58-4試験塗装機のBトレイン・ショーティ。Bトレは詳しくないですが8年程前の製品だそうです。撮影用に取り敢えずパンタグラフをKATO PS14(黒鉄色)に、動力ユニットをKATO チビ凸に振り替えました。後ろは比較用のKATOのNゲージ、EF58-4試験塗装機です。
c0207199_2213223.jpg
この試験塗装の時代には端梁に握り棒はなかったと思うのですが、部品共用化の結果ですね。いずれ切り落とします。前面窓下のハンドレールもないらしいですが、これを削ると再塗装なので、そのままにしておきます。
c0207199_22132821.jpg
やっぱり腰高ですね~。この機関車は専用動力ユニット3を装着して4軸機(ED)に仕立てます。先日のDD51貨物更新色はこの機関車にグレー台車を振り替えるために入手したものです。レジンキャスティングでもすればいいのでしょうけど、段々億劫になりつつありまして(笑)
c0207199_22133457.jpg
ホイッスルは別体化しようと思います。ナンバープレートはくろま屋さんのインレタに交換で。あ~、丸芝(メーカーズプレート)を入手しないと。
c0207199_22133924.jpg
並べてみると微妙に色が違います。Bトレの方が薄緑が薄く、裾のクリーム帯が濃くて太いです。
c0207199_22134463.jpg
やっぱりゴハチはこの色。お召し機や特急塗装も勿論良いですが、遠い記憶にある憧れのEF58(EB58、ED58)電関はこれなんです。だいぶBトレの機関車がたまってきましたが、動力ユニットは勿体ないので使い回す予定です。

by nari-masa | 2013-01-31 22:47 | フリーランス | Comments(0)
2013年 01月 21日

Bトレ専用動力ユニット3のカプラー交換

先日入手したバンダイ製Bトレイン専用動力ユニット3のカプラーをアーノルトからKATOナックルカプラーに交換しました。なお当方の個人的趣味で分解していますので、模倣されて復元できなくなっても責任は負いかねます(お子様が模倣し難いように出来るだけ難しい言い回しで記述しておりますが・・・)

c0207199_21545516.jpg
このユニットは台車を動力ユニットに取り付けたままではカプラー交換が難しいので、まず上面のビス2本を外し、モーターカバーの爪を外してモーターを分離します。
c0207199_2155082.jpg
台車を90度捻ると台車が下に抜き出せます。
c0207199_2155651.jpg
カプラーストッパーを上に外し、アーノルトカプラーを外します。
c0207199_21551127.jpg
KATOのナハフ11かもめナックルカプラーを組み込みますが、カプラー抑えのピンを切り取ってピン穴に差し込んであります。
c0207199_21551840.jpg
かもめナックルはシャンクが少し長いですね。このあと気が向いたらCSナックルに交換しようと思いますが、CSナックルはポン付けできないので少し加工が必要になります。
c0207199_21552348.jpg
分解時と逆に90度捻った位置から台車を組み込みます。最後にモーターを取り付けますが、モーター側のリード線とユニット側の導電板の位置関係に注意が必要です。逆に取り付けるとモーターに通電しません。

このユニットはEF58の動力として使用する予定ですが、4軸なのでED58ですね。次回はそのED58の車体に着手しようと思います。EB10と同時進行でしょうか。

by nari-masa | 2013-01-21 22:14 | フリーランス | Comments(2)
2013年 01月 20日

Bトレ EF58、EB10入廠

某中古模型店でBトレイン・ショーティーのEF58ブルトレ色とEB10の赤灰塗装を入手してきました。
c0207199_15581895.jpg
まずはEB10の赤灰塗装機。素組の状態で中古で売られていましたが、下回り動力ユニットとパンタグラフを先日のEB10黒塗装機のものに交換しました。Bトレ専用動力ユニット1(グレー)の台車枠はあまりにもプラ質感丸出しでしたのでタミヤのニュートラルグレーを一吹きしてあります。パンタグラフは塗装に失敗していまして、いずれ塗り直します。ナンバープレートと銀帯は前オーナーが貼り付けたもので、なかなか上手です。この塗装はカツミの16番フリーランスのうちの一種ですね。
c0207199_15582351.jpg
次にEF58ブルトレ色(特急色)です。これも素組でしたので動力(KATO チビ凸動力)とパンタグラフ(KATOのPS16A)を交換してあります。しかしエアータンクの下にエアータンクというのはあり得ないですね(笑)台枠が見えていますし。
c0207199_15582876.jpg
EF58とEB10のつなぎです。EB10は前面と側面の合いが今ひとつです。
c0207199_15583346.jpg
EF58をKATOのEF58小窓特急色とつないでみました。Bトレの方が背が高いですね(笑)。これを何とかしたいと思います。
c0207199_1558386.jpg
左からKATO EF58小窓特急色、BトレEF58、EB10。
c0207199_15584276.jpg
同様ですが、前面から見ると違和感ないですね~。
c0207199_15584881.jpg
ついでにDD51標準色を素組してみました。台車枠は付けていませんが、なかなか雰囲気はよく掴んでいますね。
c0207199_15585135.jpg
運転台部分が実機に近く、前後のエンジンルームが短いので入れ換え機関車のような雰囲気もあります。この機関車を動力化する予定はいまのところありませんが、JOSHIN WEBに動力化の方法が載っていました。

このあと、EB10とEF58の腰高改善やら継ぎ目の接着やら、機番はくろま屋のインレタで表現など手をつけていきますが、工作室がないのでなかなか進みそうにありません。黄色いお店横浜店が閉じなければアトリエが使えたんですけどね。残念です。ま、おいおい進めていきます。

by nari-masa | 2013-01-20 16:31 | フリーランス | Comments(0)