新湘南電鐵 横濱工廠archive

shinshonan.exblog.jp
ブログトップ

タグ:東武 ( 33 ) タグの人気記事


2014年 10月 02日

本日は失敗談。鉄コレ東武ED5060カプラーを弄る

c0207199_21304154.jpg
本日は失敗談です。昨日の動画で貨車を牽引していた東武ED5060、ナックルカプラーは一見ちゃんと付いているように見えますが・・・
c0207199_21305321.jpg
実は裏側はこんな状態。
c0207199_21305926.jpg
端梁を削ってカプラーをポンと置いてあるだけで何の工夫もありません。そりゃ~自然解放もしますよね~。
c0207199_2131532.jpg
後ろが下がらないようにプラパイプを短く切ってスノープロウの裏に詰め込んであります。いい加減なもんです。
c0207199_21311260.jpg
それではあんまりなので、本格的に工事をしようかと。端梁の内法は2.7mm。
c0207199_21311862.jpg
そこで2mmプラ角棒にφ0.8の穴を明け、M1ネジでカプラーを取り付け。
c0207199_21312767.jpg
別のピースにもM1ネジを植えて・・・
c0207199_21313534.jpg
両側に0.3mmのポリカ板を貼り付けて組んでみました。即席カプラーポケットですが・・・美軌模型店さん、毎度本来の用途外にポリカ板使っちゃって済みません。そのうち窓にも使いますのでm(_ _)m
c0207199_21314237.jpg
で、組み込んでみたら台車に当たってしまいました。ありゃりゃ。
というわけで、もう少し削り込んでみますが、ダメならこれはあっさり諦めて別案で行ってみます。が、結局ロングシャンクが一番簡単な気もしますね~。おそまつ
[PR]

by nari-masa | 2014-10-02 21:52 | 私鉄電機 | Comments(4)
2014年 10月 01日

東武ED5060 動力分解とカプラー弄り、走行動画

c0207199_22214622.jpg
いつもの如く動力ユニットを弄ってみます。手前が今までの電車用動力、奥が今回の機関車用動力です。集電板の形が違いますね。
c0207199_22215176.jpg
ここに通電板が出ていますが、これ、いずれ前照灯ユニットを取り付ける準備工事みたいです。そのうちオプションで発売されるかも知れませんね。
c0207199_22215746.jpg
全体はこんな感じです。では分解していきます。
c0207199_2222213.jpg
プラ製の抑えを2個外し、通電板を外してからプラ製のホルダーを外しましたが、通電板を付けたままでホルダーを外すのが正解でした。
c0207199_2222818.jpg
有井の動力と似た構成ですかね。やはりフライホイールはありません。
c0207199_22221511.jpg
モーターを外すと、こんなところにも小さなウェイトが入っていました。涙ぐましい努力です。その意気やよし!こういうの大好きです。設計者の想いが判って思わずニヤリとしてしまいます。きっとユーザーに「お、見た目より牽引力あるじゃんか」と言わせたかったんですね。
c0207199_22222146.jpg
ウェイトとウォームのキャップを外しましたが、台車は下に抜けませんでした。
c0207199_22222663.jpg
台車を抜くにはもう少し台車を分解する必要があるようですが、今回は大体の構造が分かったのでここまでとします。なお、組み立てるときにユニバーサルジョイントが組み付けにくいので、必要が無ければモーターは分解しないほうが良さそうです。
c0207199_22223299.jpg
折角なので、設計者の想いを汲んでさきほどの小さなウェイトの代わりに鉛を詰めてやります。量産品なので鉛が使えなかった無念を晴らして差し上げましょう。
c0207199_22223659.jpg
1mm厚さが5枚入りました。
c0207199_22224167.jpg
オリジナルでは27g。
c0207199_2222494.jpg
鉛を入れた後は30g。3g稼ぎました。
c0207199_22225756.jpg
さてカプラーの細工です。端梁についているダミーカプラーのポケットを切り開きます。右がオリジナル。これで左右の端梁はスノープロウだけで止まっている状態です。
c0207199_2223465.jpg
カトーナックル長をポンと組み付けた状態。こんどはわずかに低いですね。
とりあえず牽引できるようになったので、貨車を牽いてみました。当廠にはろくな貨車がありません(全部40年くらい前のもの)。東武の機関車が国鉄コンテナ牽いたり道外禁止のセキを牽いたりしています(^^)

[PR]

by nari-masa | 2014-10-01 22:47 | 私鉄電機 | Comments(2)
2014年 09月 30日

東武ED5060弄り初め カプラー交換など

c0207199_20474649.jpg
今日で9月も終わりですね。今年も3/4が過ぎました。早いものです。さて、鉄コレ東武ED5060を弄ります。まずはホイッスル取り付けのために窓ガラスパーツを外します。この辺をマイナスの時計ドライバーでこじると外せます。できるだけ端に近いところをこじらないと破損の恐れがありそうです。
c0207199_20475232.jpg
側窓を外しました。
c0207199_20475847.jpg
続いて前面窓も外します。標識灯(尾灯)から先に抜かないと折れます。先日、EF65でそれをやっちまいまして、接着する羽目になってしまいました(^^;;
c0207199_2048354.jpg
この凹みがホイッスルの取付位置です。Φ0.6で穴明け。
c0207199_2048971.jpg
貫通後、表からφ0.8で皿モミしておきます。
c0207199_2048158.jpg
無線アンテナの取り付け穴です。これはφ1.0。もちろん裏からです。
c0207199_20482092.jpg
電飾をするので屋根板を外してみました。矢印のモールドの先にある丸穴がアンテナ取付位置です。このお蔭で屋根板を逆に付けることはなさそうです。
c0207199_20482581.jpg
外さなくても見えますが、この位置にあるのがライトパーツのようです。
c0207199_20483152.jpg
さて、車体はそういうことで、この機関車で一番難関くさいカプラー交換を始めます。ダミーカプラーが納まっているポケットとスノープロウが一体で、前面端梁のゼブラマークの真ん中でパーツ割されています。
c0207199_20483618.jpg
これが一つの解ですが・・・付属のカプラーポケットで台車マウントにしてみました。
c0207199_20484286.jpg
とても正解とは思えません。ゼブラマークを分断し、口が大きく開いてスノープロウも付けにくいです。80年代のNゲージ電関みたいです。
c0207199_20484959.jpg
いろいろカプラーをあてがってみましたが、これかなぁ?KATOナックルの長いほうです。
c0207199_20485686.jpg
カプラーポケットを削り込んで嵌め込みました。
c0207199_2049352.jpg
取り付けてみました。うん、可能性はありそうです。首を振らせるのが至難かも知れませんが、なんとかなるでしょう。ナックル短の幅を詰めるか、かもめナックルの後端をカットしてもいけるかもです。
c0207199_20491074.jpg
まだカプラー高さが少し高いですね。
c0207199_2049181.jpg
端梁に隙間があいています。これを削り込みつつ、カプラー高さを下げます。一応、先が見えてきたので今日はここまでとします。続きはまた。
[PR]

by nari-masa | 2014-09-30 21:11 | 私鉄電機 | Comments(0)
2014年 09月 29日

東武ED5060入廠

御嶽山で亡くなられた方のご冥福を謹んでお祈り致します。当方も若いころは山に登っておりましたので、山での事故は他人事に思えません。
c0207199_2055463.jpg
土日を挟んだため入廠が本日になりましたが、鉄コレ東武5060形と機関車用動力ユニットが着荷しました。これ2つで5k超えです。本格NゲージEF級電機の程度のいい中古が買えます。もう鉄コレも簡単には手が出せませんね。
c0207199_2055927.jpg
とりあえず中身を出してみました。一度床板を外したので少しずれておりますが。
c0207199_20551955.jpg
動力ユニットです。スペースの制約のためかウェイトがかなり小さいです。牽引力は推して知るべし、です。
c0207199_20552546.jpg
動力ユニット27g
c0207199_20553170.jpg
本体は10g
c0207199_20553633.jpg

組み上げた状態で34gでした(床板とダミー台車を外していますので)。
c0207199_205774.jpg
ちなみに凸型BトレDD51でも補重すれば44gくらいにはできます。
c0207199_2173141.jpg
箱型ならEB級で63gまで行けます。これは徹底補重しかありませんね。
c0207199_2055421.jpg
とりあえず車体に動力を入れてみました。
c0207199_20554755.jpg
次の瞬間には完成(^^)実はまだ反対側のデッキ手摺りを付けていません。あまりにプラっぽいので最終的には手すりを塗装するつもりです。あと、カプラーどうしましょうか。台車マウントだとスノープロウが取り付けにくく、ボディマウントだと取り付けスペースが苦しい・・・ゆっくり考えます。
c0207199_20555279.jpg
社紋やナンバープレート、メーカーズプレートは綺麗に決まっています。
c0207199_20561021.jpg
パンタグラフはTOMIXのPT43(実は名鉄7000系用PT42FNと小田急用PT4212Sのニコイチ)で、当廠の京急旧型車用標準仕様です。最近京急車を作らないので、少し余っていました。
c0207199_20561616.jpg
ん~、デッキの手摺り、どうなんでしょうねぇ?頑張っているとは思いますが、これで車体のみ2k超えですからね。
c0207199_20562452.jpg
見上げるアングルだとなかなかですが、やはりステップや手摺りはプラ丸出しです。この辺が手入れのポイントでしょうか。
c0207199_20563142.jpg
走行させてみました。少し音はありますがそこそこスムースに走ります。スローが利かないのは鉄コレ動力のお約束ですが、補重すれば多少は良くなるでしょう。
[PR]

by nari-masa | 2014-09-29 21:28 | 私鉄電機 | Comments(2)
2014年 07月 05日

鉄コレ”東武5700”を弄る(3)床下の塗装と前照灯点灯化

c0207199_1916673.jpg
鉄道コレクション「東武5700系」の整備が完了しました。
c0207199_19155540.jpg
まずは床下機器と台車の塗装。生憎の天気でしたが、何とか塗ってしまいました。
c0207199_1916133.jpg
使ったのはGSIクレオスのニュートラルグレー。やや暗めのグレーです。材質の関係で半透明の台車が多少改善されればOKとします。
c0207199_1915820.jpg
次に先頭車(動力車)の前照灯点灯化です。
c0207199_19145861.jpg
ヘッドライトカバーを取り外すとこんな構造になっています。最初、このプラ部品の下からLEDを当ててみたのですが、あまり明るくなりませんでした。
c0207199_19152786.jpg
そこで、光ファイバーを通すことにしてΦ1の穴明け。両脇のステップを何とか、という考えも浮かびましたが、とりあえず今回は見送りです。
c0207199_19153247.jpg
屋根裏をアルミテープで遮光して光ファイバーを通し、中央付近に”きらめきライト”水平照射形を設置しました。この辺はいつもの工法ですが、ヘッドライトケースの中に”きらめきライトピコ”を仕込んだらどうかな、と後から気が付きました(笑)次回の東武ED5060電気機関車も同じようなライトなので、トライしてみます。
c0207199_19153718.jpg
点灯試験です。概ね良好。
c0207199_19352060.jpg
動力ユニットにはGM製集電板を小加工した接点を設け、きらめきライトの配線を巻き付けます。
c0207199_19155057.jpg
走行画像ですが、流し撮りはあまりうまく撮れませんでした。鉄コレですので、このくらいでサラッと完工とします。
[PR]

by nari-masa | 2014-07-05 19:36 | 鉄道コレクション | Comments(0)
2014年 07月 03日

東武5700を弄る(2)

平日はなかなか進捗しませんが、少しずつ・・・
c0207199_1972558.jpg
まずは説明書に「上級向」と記載されているアンテナの取り付け。Φ1の穴だと少しきついですが、両手の爪でなんとか押し込みました。2輌だけ施工しましたので、あと4輌あります。
c0207199_1973064.jpg
次は連結面の貫通幌取り付け。車間は短縮しましたが、幌がないので少し間が抜けています。
c0207199_1973772.jpg
GM製のグレー貫通幌を取り付けました。左がクハ側。
c0207199_1974274.jpg
動力車側です。
c0207199_1974858.jpg
R177通過中。
c0207199_1975488.jpg
R140通過中です。何とか干渉することなく通過できました。常設線が急曲線なので曲線通過性能と見た目をかなりぎりぎりで両立しなくてはなりません。
あと、画像には残しませんでしたが、トレーラー5輌を鉛で補重しました。週末は床下機器が塗装できるように天候が回復するといいのですが。
まあ、次の入廠は早くて8月ですから、この5700系と旧客の電飾を粛々と続けていきます。そう言えば、この5700系の前照灯電飾は結構難しそうですが、ちょっと頑張ります。
[PR]

by nari-masa | 2014-07-03 19:19 | 鉄道コレクション | Comments(0)
2014年 07月 02日

東武5700系弄り

c0207199_2126742.jpg
東武5700系を弄り始める前に、EF57牽引の旧客とともに昭和30年~40年代の栗橋ごっこを・・・
c0207199_21261673.jpg
東北本線と東武日光線が接続する栗橋駅ですが、最近は渡り線を通ってJRと東武、かつての競合同士が相互に乗り入れています。
c0207199_21262650.jpg
当時はこんな列車たちが主力だったのですけどね。
c0207199_21263644.jpg
さて5700系、まずは車間短縮から手をつけました。
c0207199_21445067.jpg
この5700系は車端のオーバーハングが小さく、通常の台車マウントカプラーだと突き出しが大きくて車間が大きく開いでしまいます。が、ボディマウントカプラーをつけると台車が当たって首を振らなくなります。
c0207199_21264357.jpg
結局、選択したのがKATO「車間短縮ナックル」。6輌編成なので、連結はそれほど手間になりません。
c0207199_21265272.jpg
運転席側は妻板のRが大きいので台車直付けでOKですが、連結面側は曲線で干渉するため、片側のみスペーサーを入れました。これでR140通過可能です。
c0207199_2127084.jpg
ところで、ウォームギア位置を台車旋回中心に変更した鉄コレ19m級動力ユニットTM13R(手前)ですが、ご覧の通りフライホイールが以前のものより小さくなっており、ウェイトも小さく軽いです。向こう側は従来方式の16~17m級です(どちらだったか忘れました)。
c0207199_21271230.jpg
こうしたからといって、19m級ではボディマウントカプラーは台車と干渉して取り付けられないので、結局かなり中途半端な印象ですね。これなら前の方式のほうがフラホもウェイトも大きくできて良かったように思います。ウォームギアを台車中心に置くのはボディマウントカプラーが使える20m級以上だけで良かったのではないでしょうか?
[PR]

by nari-masa | 2014-07-02 21:52 | 鉄道コレクション | Comments(0)
2014年 06月 30日

東武5700系入廠

c0207199_2272247.jpg
鉄道コレクション「東武5700系」6輌が到着しました。
c0207199_227383.jpg
ウォームを台車中央に配置した改良動力も同時購入しました。
c0207199_2272890.jpg
まずは改造前の鉄コレオリジナルの姿を何枚か。多少ボケたのもありますが・・・
c0207199_2274064.jpg
c0207199_2274625.jpg
c0207199_2275315.jpg
c0207199_228399.jpg
・おお、大好物のゲルリッツ台車が!(住友金属のFS106らしい)
c0207199_228117.jpg
クハの台車は何でしょう?ウィングバネですが。東武の台車はあまり詳しくないので、済みません。(どうやら汽車会社のKS105らしい)
c0207199_22818100.jpg
玩具然としたパンタグラフ。
c0207199_2282432.jpg
ガラベンは別パーツ。
c0207199_2282980.jpg
c0207199_2283746.jpg
拡大するといろいろありますが、まあ鉄コレですし、色はちょっとベージュが暗いかなぁ?でもマルーンは良さそうです。床下機器はあいかわらずデタラメ。動力車左右の機器が逆。あとで適宜入れ換えます。
車番も全部かぶってますから、東武インレタで変えないと、ですね。

車輪、パンタ、カプラーを交換し、19m級動力を取り付けて簡単に走行可能にしましたので走行動画を。

[PR]

by nari-masa | 2014-06-30 22:21 | 鉄道コレクション | Comments(4)
2014年 01月 25日

鉄コレ「東武6050系」ダブルパンタ走行化

c0207199_17191299.jpg
昨日入廠した鉄コレ東武6050系2パンタ仕様を走行化しました。鉄コレなので例の如くさくっとした改造のみです。
c0207199_17194356.jpg
2パンタモハ全景。京急の2パンタ車と比べてしまうと何か精悍さに欠けますね。
c0207199_17195324.jpg
クハですが、前回製品とあまり大きな違いはありません。実車の現状に合わせて妻板の帯塗装が省略されていますが下の方に銘板(?)が印刷されています。
c0207199_1720888.jpg
モハ前面です。方向幕の区間快速浅草と車番が印刷済。製品のカプラーは電連付き密連ですが、前パン先頭で走行させるために前回製品の野岩鉄道から動力ユニットを移設したので密自連になっています。
c0207199_17202347.jpg
パンタグラフはKATOの阪急6300用PT4806下枠交差型ですが、なぜか取付穴がかなり緩いので瞬着で固定してあります。ただ前側のパンタは車体と干渉するので車体の天井板にφ3の穴を明けて干渉回避しました。アンテナもφ1の穴を明けて差し込みましたが、穴が少し緩かったのでこれも瞬着で固定。
c0207199_17203352.jpg
前回製品ではステッカーになっていた側面方向幕や車番も印刷済です。
c0207199_17204524.jpg
区間快速浅草行がきちんと読み取れます。FOR ASAKUSAが読めるのが凄いです。
c0207199_17205694.jpg
連結面寄りのシルバーシートや(多分)携帯電話電源OFFも印刷済です。
c0207199_1721534.jpg
中間カプラーはKATOカプラー密連Aを装着し、貫通幌はGM製を接着してあります。急カーブを通すために連結面間を拡げてありますが、スペーサー無しならもっと狭くできます。
c0207199_17211676.jpg
屋根板です。今回の2パンタモハ。ベンチレーター4個です。
c0207199_17213398.jpg
今回のクハ。ベンチレーターがありません。
c0207199_17214296.jpg
前回製品のモハ。ベンチレーター8個。
c0207199_17223053.jpg
前回のクハ。ベンチレーター4個。
ミニミニ常設線のR140を無知矢理通過させました。ぐるぐる回るだけの動画ですが・・・

[PR]

by nari-masa | 2014-01-25 17:51 | 鉄道コレクション | Comments(0)
2012年 05月 12日

久々の模型三昧

連休を含めて身辺がごたごたしておりまして、東京・横浜・長野を行ったり来たりでゆっくり模型弄りをする気分になれなかったのですが、漸く落ち着いてきましたので、久し振りに線路を敷いて最近入廠した車輛を走行させました。

まずはTOMYTEC製鉄道コレクション京急1000(Ⅰ)形非冷房車を有井製京急1000形冷改車にぶら下げて走らせました。車番や幕をまだ入れていませんが、車輪交換、カプラー交換、ウェイト取付済でNゲージとしての走行は可能にしてあります。なお、これ以降の記述はすべて1000(Ⅰ)形です。
c0207199_10512258.jpg
左が有井、右が鉄コレ。夏のラッシュ時など、実車でこんな繋ぎが来ると混雑度合いに極端な差が出たものです。
c0207199_10494688.jpg
先頭車連結部です。車体の大きいGM製1000形エコノミーキットと異なり、有井製と鉄コレはほぼ同じサイズで違和感がありません。有井TS310台車の造形は何だかな~、ですが、鉄コレのOK18は見事ですね。塗装と墨入れしたらもっと映えそうです。それにしても有井のドア幅・・・(笑
c0207199_10495567.jpg
先頭部の屋根上です。鉄コレはアンテナ配管が表現されていないのですね。真鍮線と割ピンで表現したら良くなりそうです(あまりやる気はないですが、そのうち気が向いたら・・・)連結器はTOMIX製ボディマウントTNカプラー密自連で揃えてあります。
c0207199_10501447.jpg
鉄コレ非冷房車のパンタグラフ部。TOMIXの0212、PT42Fで、HG化する前の名鉄7000系/8800系用です。このパンタ、いつまで生産してくれるかわかりませんが、TOMIXは玩具メーカーなのでアフターサービスは他社よりきめ細かいですね。
c0207199_10502978.jpg
やはり幕が入っていないと間が抜けていますね。幕の在庫は売るほどあるのですが、切って貼るのが苦痛でして・・・(笑 インレタも先日横浜の黄色いお店で購入してきましたので、あとは貼るばかりですが、でもなかなかやりません。

続いては鉄コレ事業者限定・東武鉄道/野岩鉄道6050系です。これもまだ車番を入れていません。先日、横浜の黄色いお店で捜したのですが、GM製6050系インレタは在庫がありませんでした。
c0207199_10521711.jpg
ウェイトも取り付けましたので走行できます。鉄コレの動力ユニットも走行音やスムースさに結構ばらつきがあるのですが、これは当たりでした。
c0207199_10522624.jpg


続いて鉄コレ・クモハ52系スカ色です。今回やっと動力ユニットを組み込んだばかりで、付随車にはウェイトも取り付けていません。牽引のみ限定で推進運転をしなければ何とか走りますが、動力ユニットがまだ不調で暫く慣らし運転が必要そうです。
c0207199_10523232.jpg
鉄コレでこれだけの造形って、大したものですね。GMのキットで破綻なく作りこむのはかなりのウデがいります。
c0207199_10523980.jpg
パンタグラフは新発売のPS11を取り付けましたが、この車はクモハ52001なので実車はPS13らしいですね。まあ、あまり気にしないことにします。パンタグラフのランボード側面がイマイチですかね。削り落としてTOMIX製PS13の付属のものに交換した方が良さそうですが・・・
c0207199_10524564.jpg
カプラーポケットの在庫が不足しているため中間カプラーが鉄コレアーノルトのままで、連結面間は開きっぱなしです。貫通幌は製品についているものです。この角度でみるとプレスドアの凹みに青15号が十分回っていないのがわかりますが、この程度なのでタッチアップで済みそうです。手を入れる気になればグロベンの塗装とかパンタ配管の色入れとか戸閉灯や尾灯の色挿しとか、いろいろ楽しめそうです。
c0207199_10525292.jpg
c0207199_10525884.jpg
こんな車輌がNゲージで簡単に再現できてしまうんですから、いい時代になりましたね。鉄コレクォリティと言いますが、昔の16番よりよほど細密ですよ。

ところで、KATOからEF57リニューアル製品が5月25日出荷とのインフォがありましたね。いよいよ、です。これが今年一番の楽しみです。ちなみに、これでEF57は有井の1号機を含めて5輌在籍することになります。

最後にボソッと、日本橋ヨヲコの少女ファイト9巻発売が8月に延期されてしまいました。特装版のオマケ、黒曜谷ストレイドッグス制式スポーツバッグミニチュア版の制作に不具合があったとか。引き摺られて通常版の発売も延期は痛いですな(そうしないと特装版が売れないからでしょうけど)。
[PR]

by nari-masa | 2012-05-12 23:53 | 京急の車輛(N) | Comments(0)