新湘南電鐵 横濱工廠archive

shinshonan.exblog.jp
ブログトップ

タグ:きらめきライト ( 60 ) タグの人気記事


2015年 07月 18日

EF56整備(2)動力整備 & 自社ED62整備完工

c0207199_2182248.jpg
H鉄道様より受託したEF56整備工事、本日は動力まわりの分解整備と各部色挿し、パーツ交換等を実施しました。
パンタグラフはメタルプライマーをかけてから黒鉄色に塗装、シューにカッパー、関節にワンポイントの赤の当廠仕様です。
分かりにくいですがテールライトが明るい赤だったのでクリアレッドを被せてあります。
c0207199_2182762.jpg
まずは動力を分解してモーターの給油とモリブデングリス塗布。
メーカー禁止事項ですが、当廠標準整備でOKとのお墨付きを戴いていますので、あくまで当廠仕様で。
c0207199_2183269.jpg
H鉄道様の常点灯コントローラー対応のため、コンデンサーを撤去しました。
c0207199_2183768.jpg
再組立てして試走しました。
とりあえず動力はこれでOKですが、ポイントで少し脱線癖がありましたので、車輪を押し込んで車軸との隙間をなくしてあります。
EF57の車体側に付いていた運転台部品が使えそうなので、車体から外して取りつけてみました。
c0207199_2184250.jpg
デッキをEF57-1強化型に交換して下まわりの整備は完了です。
c0207199_2184853.jpg
ちょっと車体を載せてみました。
運転台は予想外にいい雰囲気になります。
あとでシートを青で塗ります。
デッキとボディの隙間もちょうど良さそうです。
c0207199_2185490.jpg
カプラーはCSナックルに交換、ブレーキホースを取り付けてコックには白で色挿ししました。
EF5612は電暖仕様ではないので、本当は左の電暖ジャンパー栓受けは不要なのですが、材質が軟質プラのため削り取るとかえってみっともないことになりそうなので、そのままにしました。

c0207199_219782.jpg
この工事と並行して当廠所属機ED62の整備を完工させました。
ヘッドライトは暗いオレンジだったのできらめきライト水平型に交換。
その他にはパンタグラフをライトガンメタルで塗装、シュースライダーにカッパー、関節とホーンに赤、ナンバープレート、メーカーズプレート、信号炎管、ホイッスルカバー、誘導員手摺り取り付けなど。
c0207199_2191340.jpg
EF56と同時施工でブレーキホースを取り付けました。
スカートはGSIクレオスのニュートラルグレーで塗装してあります。
[PR]

by nari-masa | 2015-07-18 21:31 | 旧型電関(N) | Comments(6)
2015年 05月 05日

マイクロエースEF61 整備完工

c0207199_2074522.jpg
マイクロエースEF61、電飾が終わり、整備完工しました。
電飾はいつものきらめきライト水平型ですが、やっぱり一つ目大目玉はいいですね~。
c0207199_2081287.jpg
パンタグラフはライトガンメタルにワンポイントで関節に赤を。
EF60、61独特のカバーのない避雷器は碍子を白で塗りました。
c0207199_2081821.jpg
誘導員手摺りはもともと付いていたもの。
カプラー解放テコは太過ぎたので撤去し、TOMIXのED76補修パーツを車体に付け直しました。
c0207199_2012530.jpg
スカートはGSIクレオスのニュートラルグレーで吹き直しました。
その上でもう一度通風口に水性グレーで墨入れしました。
この手の機関車はブレーキホースが1本なので楽ですね。
c0207199_2082234.jpg
この弓形集電バネの腰が弱くて時として走行不良の原因になるので・・・
c0207199_2083188.jpg
TOMIXのコイルスプリングに交換しました。
目立たないように黒で塗り潰してあります。
これでEF61は完工となります。
次は交流電機ですかね。
[PR]

by nari-masa | 2015-05-05 20:23 | 新型電機(N) | Comments(2)
2015年 04月 29日

ワールド工芸 東芝45t凸型電機 その13 窓入れ完工

c0207199_19563489.jpg
ED2911(ワールド工芸プラシリーズ、東芝45t凸型電機)、ポリカ板窓ハメコミが完了しました。
1日1枚の予定でしたが、昨日は休前日なので一気に5枚入れてしまいました。
が、さすがに最後の1枚はヘロヘロになってしまったので、今日改めて残り2枚とともに入れ直しました。
実はナンバープレートがまだなのですが、インンレタの入手が必要で少しかかるので一旦完工宣言とします。
c0207199_19564347.jpg
窓入れの他にはハンドレール取り付け、前照灯をKATOアッシーときらめきライトで電飾・・・
c0207199_19565240.jpg
テールランプのレンズ、カプラー解放テコ、ブレーキホース、誘導員手摺りを取り付け、カプラーはKATOのかもめナックルを使いました。
c0207199_19574018.jpg
乗務員手摺りはM模型店さんから戴いたφ0.15燐青銅線で。
パンタグラフはTOMIX PS13、KATOのホイッスルを付けてあります。
床下にはブレーキシリンダーを追加。
この辺は天賞堂の16番モデルを参考にしました。
c0207199_1958816.jpg
ハンドレールもφ0.15燐青銅線ですが、よく見ればヘロヘロです。
次回がんばります(^^;;
c0207199_1957146.jpg
塗装はぶどう色1号のはずなんですが、ぶどう色2号のTOMIX EF60より薄い感じがします。
でも、なんかEF60より存在感が・・・(^^)
c0207199_19571227.jpg
いつものビフォーアフターで、素組み状態も載せておきます。
キャブの合わせ目の段差消しが一番面倒でした。

とりあえず動画にしました。牽引力はありませんが走行はスムーズです。


あとは似たような画像ばかりですので、別窓にします。

続きはこちらから
[PR]

by nari-masa | 2015-04-29 20:31 | 旧型電関(N) | Comments(6)
2015年 04月 11日

EF10タイプC形機関車 走行動画

c0207199_9474592.jpg
マイクロエースEF10タイプC形機関車、完工しましたので動画にしてみました。
走行音が煩いのですが、ご勘弁願います。
駆動機構のスパーギアが騒音源のようです。

c0207199_9483690.jpg
前照灯の電飾はいつものきらめきライト水平型を使用し、アルミテープで遮光。
この車体の素材はなぜか粘着テープが着きにくいようです。
c0207199_9484289.jpg
昨日の再掲ですが、床板を一部加工してリード線を通す隙間を作りました。
c0207199_9484985.jpg
モーターが不調だったので手持ちのモーターに交換。
車内スペース上、片軸なので整流子側の軸を切断しました。
c0207199_948557.jpg
きらめきライトのリード線はこんなふうに通電バネに絡ませてあります。
c0207199_949016.jpg
中間車輪を取り付けるとほぼ分かりません。
c0207199_9491914.jpg
さて、これで完工ですね。
窓入れ1日1枚運動だったのでかなり時間がかかりましたが、スケールモデルと違ってかなりお気楽に作業できたので楽しかったです。
[PR]

by nari-masa | 2015-04-11 09:59 | フリーランス | Comments(2)
2015年 04月 10日

EF10タイプ電飾完了

c0207199_23195670.jpg
マイクロエースEF10タイプC形電気機関車の電飾工事が完了しました。
予告通り片側のみの電飾としました。
この機関車はワフの1輌でも牽いてコトコト走るのが似合いそうです。
c0207199_2320146.jpg
写真撮る時はもう少し掃除をしませんとね(^^)
c0207199_23201259.jpg
多少のアラは隠してしまう明るい前照灯、手抜き工事には効果的です。
c0207199_23201968.jpg
一足先に完了した窓入れとともに、散々弄り回したこのEF10タイプもだいたい完工です。
c0207199_23213216.jpg
弄り回しているうちにパンタグラフの黒鉄色がだいぶ剥げたので再塗装が必要なようです。
次回塗装時に一緒に塗ります。
c0207199_23203081.jpg
細かい加工工程は撮っていないのですが、床板にきらめきライトのリード線を通すための加工をしています。
ここからリード線を下に出し、集電板と通電コイルバネにからませてあります。
走行動画を編集する時間がなかったので、明日にでも。

さて、次回からは別ネタに行きます。
本日はその下準備を。
c0207199_2331345.jpg
ワールド工芸製東芝45t電機キットの離型剤落としをしました。
これは国鉄ED29として製作します。
もちろん窓入れも電飾も実施します。
塗色はジェイズのぶどう色1号を使ってみようと思います。
ナンバープレートを何とかしないと・・・
[PR]

by nari-masa | 2015-04-10 23:33 | フリーランス | Comments(2)
2015年 03月 30日

TOMIX EF15 前照灯 ダメ出し再工事 完工

c0207199_21493679.jpg
TOMIX EF15のダメ出し再工事、完工しました。
ヘッドライトを車体から突き出し、避雷器をできるだけ前方に移設しました。
ついでにヘッドライトの色も少し調整しました。
c0207199_21494265.jpg
パンタグラフを畳んだ状態。
TOMIXのパンタは立ち姿が今一つなんですが、畳んだ姿はなかなかいいです。
c0207199_21494798.jpg
PS15パンタグラフも正規取付位置で避雷器と干渉せずに折り畳めるようになりました。
c0207199_21495259.jpg
EF15189の機番が見えますが、TOMIXの機番はエッチング板です。
c0207199_21495836.jpg
ホイッスルは以前に交換したものです。
c0207199_2150343.jpg
側面の機番とメーカーズプレート。
接着剤がはみ出してますね(^^;;
この189号機、実はEF15の最終生産機で、番号は202号機まであるのですが、完成したのはこの189号機が最後だったそうです。
c0207199_2150882.jpg
走行画像も1枚。
今度こそ本当にTOMIX EF15、完工です。
明日は(多分)赤い何かが来ます。
ただし屋上高圧機器が満載のヤツです。
[PR]

by nari-masa | 2015-03-30 22:04 | 旧型電関(N) | Comments(2)
2015年 03月 26日

TOMIX EF15の前照灯交換(5)電飾・完工、EF15軍団集結

c0207199_2132036.jpg
さすがに3月末になると皆さん期末でお忙しいようですね。
退勤時の京急線が普段よりかなり空いていて楽に座って帰れます。
さて、TOMIX EF15の前照灯交換、完工しました。
TOP画像はEF15・16軍団集結の図。
一番手前がTOMIXです。
c0207199_21321134.jpg
いつものきらめきライト水平型で電飾しました。
c0207199_21321613.jpg
ところが、点灯試験をしてみると前面窓に光漏れが。
まあ、いつものことです。
c0207199_2132253.jpg
マイナスドライバーでアルミテープを押し付けてみましたが、この程度は光漏れが残ります。
c0207199_21323277.jpg
当廠で最近使っている遮光法です。
約2mm幅にアルミテープを切り出します。
c0207199_21324066.jpg
ちょっとぶれてますが、2mm幅のアルミテープを前面窓と天井の隙間に押し込むように貼り付け、光漏れの具合を見ながらマイナスドライバーで押し込んでいきます。
最終的にはアルミが伸びて遮光できます。
c0207199_21324873.jpg
外から見ても運転室に光漏れがなくなればOKです。
c0207199_21325337.jpg
ヘッドライトにセミグロスブラックでタッチアップして動力ユニットを組み込みました。
c0207199_21325762.jpg
電飾完了です。
c0207199_2133783.jpg
この機関車単体でみるとあまり違和感がないでしょうか。
このあと当廠のEF15・16軍団が総結集します。
続きは下からどうぞ。

続きはこちらから
[PR]

by nari-masa | 2015-03-26 22:02 | 旧型電関(N) | Comments(8)
2015年 02月 28日

マイクロエース旧型貨物機 前照灯交換(7) EF18完工&全機勢揃い

c0207199_1965528.jpg
早いもので、2月も今日で終わり、明日から3月ですね。
とはいえまだまだ寒い日が続きそうです。
皆様も体調管理は万全に。
さて、長いこと続いていたマイクロエース製旧型電関の前照灯交換工事、最後の1輌となるEF18が完工しました。
全11輌並べてみましたが、中央の避雷器が白い機関車がEF18です。
c0207199_197166.jpg
まずはEF18を。
この細長いデッキが特徴の機関車で、戦後、資材不足で材料を節約するためにこの形になったそうです。
元々はEF58-32~34号機になる予定でしたが、いろいろな経緯でこの3輌だけ宙に浮いてしまい、結局ギヤ比を変更して貨物機に改造、EF18となりました。
このため、EF18は3機しかありませんが、32~34号機となっています。
だそうです(^^)
c0207199_197675.jpg
ヘッドライトが突き出しているタイプです。
避雷器は旧型のカバーがないものらしいのですが、マイクロのものは何だか分からない形をしていたのでKATO製に交換しました。
c0207199_197115.jpg
この機関車は33号機ですが、側面ルーバーが変わった形になっています。
c0207199_1972114.jpg
貨物機とは思えない堂々たるF級機です。
旧客牽いても違和感ないですね。元がEF58だから当然か(^^)
では、前照灯を交換したマイクロ製旧型電関全機画像は下からどうぞ。

全機画像はこちら
[PR]

by nari-masa | 2015-02-28 19:30 | 旧型電関(N) | Comments(12)
2015年 02月 25日

マイクロエース旧型貨物機 前照灯交換(4) EF12完工

c0207199_2016368.jpg
マイクロ貨物機の前照灯交換4輌目、EF12です。
そろそろ飽きてきましたね~。
でもあと1輌ですから(^^)
EF12形は旅客用機でいうとEF56の二次車と同時期に製作された戦前製の貨物用機関車です。
そのため、EF56二次車やEF57-1とよく似た風貌をしています。
c0207199_21222732.jpg
これがKATOのEF57-1。
お面の感じはよく似ていますね。
おでこのRが少し違いますが、これは模型メーカーの表現の差です。
c0207199_2016841.jpg
これが改造前です。EF10と双璧をなすカマボコライト。
c0207199_20161399.jpg
施工中。中央の車体です。
ライトを切り取ってしまうと意外と口が小さいです。
c0207199_20161860.jpg
交換工事完了。
高崎第2機関区時代を模しているらしく、耐寒耐雪装備でスノープロウ付きです。
c0207199_20162562.jpg
この機関車はマイクロ・オリジナルのライトユニットが不調だったのできらめきライトに換装しました。
やっぱり明るいです
c0207199_20163263.jpg
このパンタグラフはKATOのPS14です。
マイクロのパンタは腰が弱いものが多く、いろいろ使い回しているうちに足りなくなってしまったのでKATO製を取り付けてあります。
c0207199_20163768.jpg
サイドビューもパンタの取付位置を除けばEF56に近いです。
デッキ手摺りはマイクロ製らしく太目&あっさり目。
c0207199_20164714.jpg
正面から。
マイクロのEF57-1は前面窓の位置がかなり高いのですが、この機関車はなかなか端正です。
c0207199_20282295.jpg
さて、あと残るはEF18だけになりました。
貨物用機なのに2軸先台車・ロングデッキのこんな機関車です。
今週中(つまり今月中)に終わるでしょうか。
さて、ちょっと次回予告編です。
この工事のあと、マイクロEF13(全軸駆動機)の走行音静粛化をやります。
まず箱形を弄ってみて、うまくいくなら凸型にフィードバックという手順です。

追伸:
今頃になってED19+タキセットに付属のナックルカプラーが本来のものと違う、という連絡がJ社さんから来ました。
KATOが対応方法を決定するまでお待ちください、とのことです。
[PR]

by nari-masa | 2015-02-25 20:43 | 旧型電関(N) | Comments(8)
2015年 02月 22日

マイクロエース旧型貨物機 前照灯交換(2) EF16完工

c0207199_17494829.jpg
昨日のEF13に続き、EF16の前照灯交換が完了しました。
この機のヘッドライトは製品状態では電球だったので、以前にきらめきライトに換装しており、今回もそれを再利用したのでヘッドライトが明るいです。
実はこの機関車、当廠のマイクロ機の中ではきらめきライト化第1号機(2010年7月)なんです。
当時は慣れていなかったため運転室内に光漏れがあり、色も黄色っぽかったのですが、今回は5年ぶりにそれも改修しました。
c0207199_17495367.jpg
この機関車はマイクロの他の旧型機と異なり、ヘッドライトが車体から前方に突き出している姿を模しているようです。
KATOのアッシーパーツ前照灯を取り付けるとこんな位置になります。
c0207199_17495827.jpg
まあ、雰囲気は伝わりますね。
c0207199_19565283.jpg
これが施工前です。
前照灯がこの形状の機関車は他にEF18があります。
c0207199_1750348.jpg
穴位置がかなり前になり、避雷器の穴に貫通しないように注意しながら削り込みます。
GSIクレオスの赤褐色でタッチアップ塗装が終わったところです。
c0207199_175099.jpg
前照灯パーツの位置合わせ。
このくらいでOKです。
c0207199_17501454.jpg
EF16はKATO機もあるので、並べてみました。
左マイクロ機、右KATO機。
マイクロ機は相当古い製品(2001年発売)なので、さすがにつらら切りやデッキ手摺りなどはKATOのほうがシャープです。
ちなみに、この機関車はもともとEF16-30号機だったのですが、ジャンクで入手時にナンバープレートが1枚紛失していたのでKATOのナンバープレートを借用しています。
そのため23号機というのは適当です。
c0207199_17501989.jpg
同じ電圧ですがきらめきライトの方が明るいです。
c0207199_17502535.jpg
連結させてみました。
左マイクロ、右KATO。
c0207199_1750306.jpg
c0207199_17503655.jpg
最後はおまけ。
昨日竣工したEF13の走行画像です。
EF13の車体はEF16と同系(EF58旧車体流用)なので、これだけ見たら違いが分かりませんね。
主台枠先端部の形状が異なります。
[PR]

by nari-masa | 2015-02-22 18:20 | 旧型電関(N) | Comments(4)