人気ブログランキング |

新湘南電鐵 横濱工廠archive

shinshonan.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 11月 ( 28 )   > この月の画像一覧


2014年 11月 30日

マイクロEF級電関 前照灯交換工事(その3)EF56-3施工中

c0207199_21193398.jpg
マイクロエースEF級旧型電関の前照灯交換工事、2機目はEF56-3。一次形の丸形ですが、マイクロ機は前面の丸みが足りないことで有名ですね。左は工事対象のマイクロ機、右は同タイプのKATOEF56一次形。
c0207199_21193990.jpg
模型化した年代も違うので、屋根上を中心に少しずつ差異があります。一番大きな違いはSG(蒸気発生装置)の煙突。手前がマイクロ機、向こう側がKATO機。
c0207199_21194425.jpg
マイクロのオリジナル前照灯、カマボコ形です。
c0207199_21195087.jpg
KATO クモハ43用に交換後。根元にヤスリで隙間ができるのでパテで埋めています。今は接着剤とパテの乾燥待ち。
c0207199_21195529.jpg
同じアングルのKATO機です。
c0207199_2120086.jpg
斜め前から、前照灯交換前。デッキはKATO製EF56用に交換してあります。
c0207199_2120629.jpg
前照灯交換後です。接着剤の硬化を待って明日電飾をします。

by nari-masa | 2014-11-30 21:32 | 新型電機(N) | Comments(2)
2014年 11月 29日

マイクロEF級電関 前照灯交換工事(その2)EF58-24竣工

c0207199_13433563.jpg
早いもので、明日で11月も終わり、もはや年末ですね。
さてマイクロEF級の前照灯交換工事、第1号機のEF58-24が完工しました。工法はこちらのED17と同じです。
接着剤の乾燥待ちの時間がありますが、正味2日ほどで1台施工できます。
c0207199_2235889.jpg
一応、改造前の画像を貼っておきます。
c0207199_13434195.jpg
横濱工廠に突如出現した探照灯群!って、夜間空襲ですか?横須賀の海軍基地も近いので最近B29爆撃機が頻繁に・・・
いやいや、KATOクモハ53ヘッドライトの塗装です。空模様を気にしながらGSIクレオスのジャーマングレーを吹きました。が、ここで大失敗。この部品、どうやら軟質プラのようで、塗料の喰い付きが悪く、手で触ると剥がれます。先にプライマーを吹いておかないといけなかったようです。
c0207199_13434623.jpg
まあ取り敢えず、装着しました。
c0207199_134351100.jpg
で、きらめきライトも再度組み込んで完成です。導光部品が斜めなので以前より遮光は楽になっています。
c0207199_13435863.jpg
ライト上突起部の塗装が剥がれていますね。いずれ艶消し黒で塗ってしまいます。またヤスリがけの都合でライトの後ろ側に少し隙間ができています。ここは2号機目の施工時に赤褐色の塗料で埋めます。向こう側はEF58-24と同タイプのEF18-33です。もちろん施工前。
c0207199_1344328.jpg
左が施工済のEF58-24、右が施工前のEF18-33。
EF18のライトはどうして車体に半分埋め込みなんでしょう?実機はそうなっていませんけど。
c0207199_1344995.jpg
走行&点灯試験です。特に何の問題もなく、EF級1号機目の前照灯交換工事完了です。

by nari-masa | 2014-11-29 14:11 | 旧型電関(N) | Comments(2)
2014年 11月 27日

マイクロEF級電関 前照灯交換工事(その1)EF58-24着手

c0207199_2235889.jpg
マイクロエースEF級旧型電関の前照灯交換工事に着手しました。第1号機はEF58-24箱型車体です。
c0207199_224351.jpg
この機のヘッドライトはやや長めです。
c0207199_224894.jpg
参考機はKATO EF16にします。
c0207199_2241460.jpg
パンタグラフや避雷器を外します。
c0207199_2242084.jpg
この機関車は電球式ライトだったため既にきらめきライトに交換してあります。きらめきライトも一旦外します。
c0207199_2242664.jpg
このカマボコ形ヘッドライトを・・・
c0207199_2243683.jpg
ニッパーで一気に切断。
c0207199_2244393.jpg
残りはナイフで少しずつ落としていきます。
c0207199_2244888.jpg
ツライチになったら穴を拡げてKATO クモハ53用ライトを合わせていきます。もう少し、というところで本日は時間切れになりました。これから長丁場の工事が続きます。

by nari-masa | 2014-11-27 22:17 | 旧型電関(N) | Comments(2)
2014年 11月 26日

気分は飯田線~ 鉄コレ クモハ52の電飾

c0207199_22392976.jpg
KATO クモハ53ヘッドライト部品を使って鉄道コレクション クモハ52「流電」の前照灯点灯化をしました。
先日ED17が入廠したり来年はED19が来るなど、当廠は飯田線に染まりつつあります。
とはいえ貧乏工廠のこと、KATOの旧国は購入できないので電車は鉄コレ流電一次車と二次車のみです。
さすがにアップで見るといろいろ・・・
c0207199_22393685.jpg
これが鉄コレオリジナルの前照灯。レンズも入って鉄コレとしては良い方です。
c0207199_22394320.jpg
手前が鉄コレオリジナル、奥がKATOクモハ53用です。
KATOの方がやや小さいですが、多分これでスケール通りでしょう。オリジナルに穴を明ければ点灯化できるかも知れませんね。
c0207199_22395067.jpg
導光部品とライトケースを分解し、ケースを車体に接着します。取付けには車体の穴をわずかにヤスって拡げる必要がありました。
c0207199_22395625.jpg
まあ、こんな感じで接着します。
c0207199_2240345.jpg
レンズの方はクロムシルバーで裏を塗っておきます。足はあとで切断して短くします。
c0207199_22401072.jpg
導光は光ファイバーで行ないました。先日の東武5700系と同じ工法です。車体中央の天井裏にきらめきライト水平型を置きます。
c0207199_22401747.jpg
導線は裸の銅線なので絶縁に注意。実はショートさせてしまいました(^^;;慣れているつもりでも時々やらかします。
c0207199_224023100.jpg
あとはひたすら遮光です。
c0207199_22402996.jpg
あっさり完成、LEDへの通電方法は東武5700と同じです。早速走行テスト。
鉄コレ動力はスピードが早めなので写真を撮れる速度まで電圧を落とすとライトが暗くなります。
c0207199_22403431.jpg
まだ1輌だけの改造ですが、やり方は分かったので次はマイクロEFにかかります。
c0207199_22404218.jpg
気分は飯田線~
c0207199_22404942.jpg
飯田線の電車区ってどこでしたかね?飯田?駒ヶ根?中部天竜?豊川?実はあまり良く知りません(^^;;
豊橋ではよく見かけるのですが・・・
c0207199_22405646.jpg
R140に20m級が入るとかなり凄いですね。
なにげにED46が入線しています。ED17とともに駆動装置の慣熟運転中です。

by nari-masa | 2014-11-26 23:09 | 鉄道コレクション | Comments(0)
2014年 11月 25日

前照灯交換の下準備(?)

c0207199_16281535.jpg
マイクロEF級電関の前照灯交換ですが、着手前に少し確認をします。まずは参考とするKATO EF57-1号機です。今まで全く気が付きませんでしたが、良く見ると前照灯の後ろに三角形の導光部があります。
c0207199_16282822.jpg
これが先日前照灯を交換したマイクロED17です。前照灯の形状はほとんど同じです。
c0207199_16283560.jpg
KATO EF56一次形の前照灯の横にクモハ53のライトを置いてみました。前から見ても同じですね。
c0207199_16284171.jpg
交換対象機の内の1台であるマイクロエースのEF56-3。丸みの少ない一次形です。
c0207199_16285463.jpg
これはマイクロのEF57-1です。EF級はライトケースがそれほど長くないですね。形がカマボコ形なだけです。
c0207199_16291074.jpg
ちなみにマイクロエースのEF級機関車でもこんな前照灯もあります。
c0207199_16291995.jpg
EF55の後部ライトです。他のEF級もこれくらいならいいのですが。

c0207199_16292520.jpg
ところで、KATO EF57旧製品(品番3003)の前照灯はこんな感じになっています。交換のための加工は結構大変そうです。
c0207199_1629445.jpg
パンタグラフを取り付けると前照灯はあまり見えなくなりますので、EF57量産機はKATO、マイクロとも改造対象から外すことにします。
c0207199_2230871.jpg

さて、ここまで引っ張っておいて、マイクロEF級に着手する前に鉄コレクモハ52の電飾をしようかと思います。電関の改造は少し腹を据えてかかる必要があります。今日は何を言いたいのか良く分からない記事になってしまいました(^^)

by nari-masa | 2014-11-25 19:57 | 旧型電関(N) | Comments(0)
2014年 11月 24日

マイクロ旧型電関ヘッドライト全とっかえ部品着荷

c0207199_1628395.jpg
H堂さんに注文していたパーツが到着しました。
KATO Z04-6860 クモハ53(飯田線)ヘッドライト、主にマイクロエース製旧型電関の前照灯を交換するための部品です。
6袋24個、全12輌分、1割引なので送料込み実質3k。
改造対象機
①EF10-24
②EF12-16
③EF13-17箱形
④EF16-30
⑤EF18-33(構造的に難しいかも)
⑥EF56-3一次形
⑦EF56-12二次形
⑧EF57-1
⑨EF58-24箱形
これ以外に
⑩D51旧製品(KATO)・・・可能なら
⑪クモハ52流電一次形、二次形(鉄コレ)
を予定しています(改造順不同)。

これらの施工方法はED17と同じですし、長丁場なのでおいおいUPしていきます。
EF57量産形は前照灯がパンタグラフの下に隠れるので今のところ改造対象外です。
ところで、ED17の3段ベンチがあのデキになるなら4段ベンチも欲しくなってしまいます。
これもいずれ安く入手して⑫ED17 ということで12輌。
KATO D51一次形をキャンセルしたので、その予算で結構好きなことができます(^^)

by nari-masa | 2014-11-24 16:01 | 買い物 | Comments(4)
2014年 11月 22日

マイクロED17 ロングヘッドライトとの訣別(後編その2・完工)

c0207199_893912.jpg

マイクロエースED17のヘッドライト交換工事が完工しました。
ここまで
マイクロED17 ロングヘッドライトとの訣別(前編)
マイクロED17 ロングヘッドライトとの訣別(中編)
マイクロED17 ロングヘッドライトとの訣別(後編その1)

に続き、反対側の電飾も完了しました。これでヘッドライト交換工事は完工とします。
c0207199_810933.jpg
まず、KATO クモハ53ライトパーツを車体に接着し、光漏れを防ぐために塗料で目止めをします。
c0207199_8101482.jpg
遮光と放熱のために天井裏にアルミテープを貼り付け、その上から絶縁用PPテープを貼ります。圧着は綿棒で行なっています。
c0207199_8101993.jpg
きらめきライト水平型にオレンジのマーカーで色付け。これだけでは赤っぽいので、ライトレンズ側の受光部には黄色のマーカーを塗っておきます。それで電球色になります。
c0207199_8102591.jpg
絶縁のためPPテープで取り付け、位置決めをしたら綿棒で圧着させます。
c0207199_1932066.jpg
きらめきライトは大き目のアルミテープで覆って回りを綿棒や爪楊枝で抑え、遮光します。爪楊枝は強く押しすぎるとアルミが破れます。またショートには要注意で、アルミテープとダイカストブロックとの接触を防ぐため最後にPPテープを表面に貼ります。
c0207199_8102913.jpg
導線は天井のモニターを外して穴から外に出します。
c0207199_8103586.jpg
導線を屋根上で結んでおき、これにモニターを被せて見えなくします。
c0207199_8104167.jpg
パンタグラフを取り付けて動力ユニットと組み合わせ、完成させます。画像はありませんが元のライト基板位置に後ろ側ライトちらつき防止用セラミックコンデンサーを取り付けてあります。但しパルス式常点灯装置では常点灯しなくなるので注意が必要です。
c0207199_8104828.jpg
標識灯(テールライト)は油性のクリアレッドで色挿ししてあります。端梁にブレーキホースも取り付けました。カプラー解放テコを付ければよかったかな?
c0207199_8105468.jpg
ヘッドライトは水性フラットブラックを塗っていたので取り扱い中に剥げてしまいました。これはこれでウェザリング風でいいのですが、一応このあと塗り直しました。
c0207199_8105967.jpg
EF17ヘッドライト交換、完工です。マイクロエース旧型電関の前照灯を比較的簡単にリアル化する道が拓けたかな、と思います。
c0207199_8351191.jpg
使用した前照灯パーツは KATO 品番Z04-6860 クモハ53飯田線ヘッドライト です。幸い、この記事を書いている2014年11月22日時点ではまだあちこちに在庫があるようです。
c0207199_1943365.jpg
走行時のびびり音がまだ大きいので、当廠の必殺ワザ、コンパウンドによるモーター軸磨きを実施しました。間違いなくモーターの寿命を縮めますので、くれぐれもこれはオススメしません。当廠にはモーターの予備がたくさんあるので壊れてもなんとかなるのです。
一応動画にしました。


by nari-masa | 2014-11-22 19:46 | 旧型電関(N) | Comments(0)
2014年 11月 21日

”旧”湘南電鐡の変電設備、線路、部品類

c0207199_19534458.jpg

"旧"湘南電鐡の車輌たち、
電車編
機関車編
客車編
に続く"旧"湘南電鉄シリーズの最終回はコントローラー、線路、部品類です。
まずは変電所です。最大出力DC17V,3Aを誇ります。
これは実はパワーパックのキットを購入して組んだもので、アルミのパネルもキットに含まれていました。
左上のシールは昔の関水金属の車輌シールですが、私が貼ったのか子供が貼ったのか分かりません。
続きは下からどうぞ

続きはこちらからどうぞ。

by nari-masa | 2014-11-21 20:33 | 回想 | Comments(2)
2014年 11月 20日

マイクロED17 ロングヘッドライトとの訣別(後編その1)

c0207199_21231695.jpg
タイトルの後編その1って何だ?
いつもながらすっきりと完工しない当廠です(^^;;
ここまで
マイクロED17 ロングヘッドライトとの訣別(前編)
マイクロED17 ロングヘッドライトとの訣別(中編)
ときましたが、いよいよ灯を入れます。
c0207199_21232214.jpg
使うのは当廠ではおなじみの「きらめきライト」水平型。弊Blogにも時々コメントを下さる新潟の美軌模型店さんの製品です。
いつも遮光処理後にあわてて写すので本体が見えません。
c0207199_21232863.jpg
線路からケーブルを繋いで点灯テスト。まだ片側だけの施工です。これが後編その1の理由(笑)。
c0207199_21233434.jpg
最初、KATO部品の構造上輝度が低いかな、と思ったのですが、アルミテープでしっかり遮光すれば輝度は問題なさそうです。
c0207199_21234067.jpg
ここまできたら我慢できないので一旦組み上げてしまいます。当然、完成した姿を早く見たいです。
窓部品の組み込みやすさを考慮して側窓パーツは切り離してあり、まだ取り付けていません。
c0207199_2123462.jpg
どうですか、これ?ちょっとまだ屋根上モニターからライト導線の尻尾が出ていますけど。
c0207199_2222599.jpg
ちなみにオリジナルはこうです。
c0207199_21235210.jpg
横から見ても違和感ナシ20。ライトレンズの留め金(パッチン錠)まで表現されています。
後ろの斜めの部分が気になるならここだけ車体色で塗ると良いかも知れません。
c0207199_21235790.jpg
モーターの起動電圧が高いので、なんちゃって常点灯です。
c0207199_2124282.jpg
早速走らせてしまいます。コイルスプリング集電の効果もうまく効いています。
c0207199_2124645.jpg
マイクロ旧型電関全機種のロングライト全とっかえ、決定!?
その前に反対側も施工しないと。それでED17は完工になります。

マイクロED17 ロングヘッドライトとの訣別(後編その2・完工) に続きます。

by nari-masa | 2014-11-20 21:54 | 旧型電関(N) | Comments(6)
2014年 11月 19日

マイクロED17 ロングヘッドライトとの訣別(中編)

c0207199_21502658.jpg
塗装と接着が進捗中です。進行状況を少しだけ。
c0207199_21475662.jpg
固着したら遮光と電飾をします。
c0207199_21474996.jpg
さらば、ロングライト

マイクロED17 ロングヘッドライトとの訣別(後編その1) に続きます。

by nari-masa | 2014-11-19 22:01 | 旧型電関(N) | Comments(4)