人気ブログランキング |

新湘南電鐵 横濱工廠archive

shinshonan.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 05月 ( 26 )   > この月の画像一覧


2014年 05月 31日

昨日は・・・

c0207199_18184776.jpg
こんな車輌に乗ってきました。久し振り2度目です。ちょっとそこまで、なんですが。
c0207199_18185610.jpg
変わった取り付け方のシングルアームパンタですが。車内清掃中は下ろしたままでした(反対側が上がっていたのかな?)。
c0207199_1819391.jpg
客扱い開始とともに上昇。在来線や京急のシングルアームパンタにはごちゃごちゃ付いている補助のロッドやリンクが全くないんですね。
c0207199_18191060.jpg
車内はこんな。室内灯は電球色が基調のようです。

で、先日の記事に書いたKATO製スポーク車輪ですが、C57の画像を見て追加発注することにしました。良く考えてみたらEF55 2輌6軸も交換対象でした。運よく2セット16軸が確保できまして、C57とともに月曜日に受領する予定です。

by nari-masa | 2014-05-31 18:25 | その他の車輛(実車) | Comments(0)
2014年 05月 30日

有井”Cタイプロコ” 前照灯の細工

c0207199_2119126.jpg
先日導入した”184(いやし)系”ならぬ有井Cタイプロコの前照灯の細工が完了しました。
c0207199_2119817.jpg
この機関車のオリジナルはこんな状態で、前照灯に銀色の色挿しすらなされていません。しかも、レンズ部分の断面形状がおわん形に盛り上がっているため、このまま銀色をいれても多分うまく丸になりません。
c0207199_21191722.jpg
当初は電飾しようかとも考えたのですが、この手の機関車は下手に電飾しないほうが良さそうなので、ちょっと細工をすることにしました。まずはφ0.5から始めてφ2mmまで穴を拡げます。
c0207199_21192572.jpg
その中に先日入手したハセガワのミラーフィニッシュを小さく切って貼り付けます。
c0207199_21193572.jpg
こんな感じで適当に。
c0207199_2119519.jpg
φ2mmの透明プラ棒を薄くスライスしてレンズ代わりにします。
c0207199_2120741.jpg
流し込みタイプのサラサラ接着剤を流して固定します。本当はプラモデルの世界では透明部品にサラサラ接着剤は禁忌なんですが、小さいからまあいいかと(笑)
c0207199_21202558.jpg
反対側も施工しましたが、少し中心がずれてしまいました。窓にはGMのセルロイド板をゴム系接着剤で取り付けました。車体がかなり肉厚なので相当引っ込んで見えますが、とりあえずこの機ではそれさえもチャームポイントかと(笑)
c0207199_21203348.jpg
組み上げました。
c0207199_21204660.jpg
そこそこいい感じです。
c0207199_2120567.jpg
室内はタミヤのコクピット色を入れて銀紙は外しました。
あとは他のパンタを塗る時に一緒にパンタグラフを塗装することにして、この機関車はここまででよしとします。

by nari-masa | 2014-05-30 21:40 | フリーランス | Comments(0)
2014年 05月 29日

"抜けた"スポーク車輪、まもなく・・・明暗2つの連絡

c0207199_200247.jpg
画像の先輪は世界工藝製ですが・・・
ホビーセンターカトー扱いの”抜けた”スポーク車輪について予約していたJ社から連絡がありまして、入荷が6月4日になるようです。ホビセンではもう少し早く、5月31日に発売されるようですが。C57四次形のアッシーパーツとか分売品的位置付けの部品ですから、C57本体発売から暫く後かな~と思っていたので、こんなに早いとは少し意外でした。そうなるとC57本体の受入初期整備と旧形電関群の先輪交換作業で俄然忙しくなりそうです。
以下、当廠備忘録です。
内台枠先台車装備の蒸機、電関
C56 KATO 1軸
ED16 KATO 2軸
EF56 KATO 4軸
EF56 MICRO 4軸
EF15 KATO 2軸
EF15 KATO 2軸
EF16 KATO 2軸
EF16 MICRO 2軸
EF15 TOMIX 2軸
全部交換すると21軸ですが、手配数は16軸しかありません。そのため、世界工藝製ローフランジスポーク車輪を付けていてもほとんど脱線しないC56と、有井EF16、TOMIX EF15は交換対象外としようと思います。
一方、外台枠先台車用はピボットが付いていますので使用範囲が限られ、有井機には使えません。
従って対象機は
EF57 KATO旧製品 4軸
EF57 KATOリニュ品 4軸
EF58-4試験塗装機 KATO 4軸
EF58小窓特急色 KATO 4軸
です。こちらは外台枠のためスポークはほとんど見えないので、まあいいかな、というところですね。

で、同じくJ社からもう一つ連絡がありまして・・・有井のEF13ですが
*****************************
■メーカー名/商品名(型番/JAN):
マイクロエース/(N) A2235 国鉄 EF13-25
戦時型 第一次改装 ボンネットR付 上越形
(ACE A-2235/4968279134207)
当初の発売予定日(時期):2014年5月以降
変更後の発売予定日(時期):発売日未定
******************************
だそうです。ついに発売日未定になってしまいました。
さて、どうなるのでしょうね?

by nari-masa | 2014-05-29 20:02 | 買い物 | Comments(2)
2014年 05月 28日

スハ44系「特急つばめ」電飾その7.5 室内灯ちらつき原因は車輪の汚れ

平日は作業がなかなか進みません。まとまりがないので表題も「その7.5」です。
c0207199_19462550.jpg

先日、ちょっと書いたスハ44の室内灯ちらつきは車輪の汚れが原因でした。電飾していなくても走行だけで結構汚れるものですね。
c0207199_19455054.jpg
で、全車輪取り外して拭き取りました。かなり良くなりましたが、まだ完全というわけではありません。25V100μFほどの電解コンデンサを積むと良い、という記事を見ましたので、いちどやってみたいと思います。
c0207199_19455870.jpg
残るスハ44の電飾が完了。ウェイトや集電板は外れやすいのでゴム系接着剤で軽く固定しました。
c0207199_1946518.jpg
室内部品の基本塗装まで終わりました。あとは椅子の塗り分けですが、この数になるとなかなか着手できません(^^;;;
ではまた、そのうち・・・

by nari-masa | 2014-05-28 19:57 | 小加工・改造(N) | Comments(0)
2014年 05月 24日

スハ44系「特急つばめ」電飾その7、スハ44室内塗装

c0207199_21462070.jpg
既報の通り、スハ44の室内部品の成型色が白のため、室内が明るくなりすぎ、また電飾すると座席が白ではおかしいので室内部品を塗装しました。
c0207199_21453177.jpg
基本塗装色は勘でウッドブラウンを選択しましたが、根拠はありません。おかしかったら塗り直すつもりでこの色を選びました。
c0207199_21453839.jpg
早速2個ほど塗ってみました。奥がオリジナルの白、手前がウッドブラウンを吹いたあとです。
c0207199_21455144.jpg
座席のモケットは当時グリーンだったようですので、エナメルのグリーンで。これも変に弄るより基本色を使います。当たらずとも遠からず、が狙いです。
c0207199_2146099.jpg
先の尖った綿棒を使って塗りました。終わった後で筆洗いが不要になります。少し濃いめ(暗め)ですが、室内の明度を下げるのも目的の一つですので、これで良しとします。
c0207199_2146888.jpg
座席の塗装完了後、ヘッドカバーをガンダムカラーの白で。本当はもっと広いのですが、安定した幅に塗れないので上面だけにかけました。多少のはみ出しは無視。
c0207199_21462070.jpg
組み込んでみました。
c0207199_21462617.jpg
拡大するといろいろ見えますが、普段はここまでは見えませんので。
c0207199_21463260.jpg
後ろから見るとウッドブラウン一色です。座席背もたれの裏板の色は良く分かりませんが、違和感はあまりありませんので良しとします。
c0207199_21463856.jpg
スハ44とスロ60の室内明度差も小さくなりました。スロも一旦ウッドブラウンで塗ってからエンジを掛けたほうが良さそうですね。

by nari-masa | 2014-05-24 22:02 | 小加工・改造(N) | Comments(0)
2014年 05月 24日

東武ED5060形 予約しました

TOMYTECから鉄道コレクションオープンパッケージとしては初の電気機関車、東武ED5060と譲渡後の三岐ED459が製品化発表され、予約が開始されましたので東武の方を予約しました。10月頃発売のようです。Φ国の工場でトラブルがなければ(笑)
しかし、一言で言うと高いです。
ライト、動力も無く、パンタや車輪さえ軟質プラ製のドンガラの箱が1個定価2、400円(税別)、発表された形状から見るとフライホイールすら付いてなさそうな動力ユニットが定価3,400円(税別)、パンタグラフ500円(税別)、動力化してパンタグラフ付けたら定価6,300円+税504円=6804円ですよ。正規のNゲージEF級電関が買えそうな価格です。もちろん万年金欠の当廠はそんな値段では購入しませんが(笑)。
もはや鉄コレの「そこそこの品質の割には安い」というアドバンテージはほぼ完全になくなりましたね。今回は動力ユニットの検証をしたいので購入しますが、もともと私鉄機関車にはあまり興味がないので、よほどお気に入りの車輌でなければ鉄コレ機関車はこれが最後になるかと思います。国鉄ED級箱型電関(ED15、17、21とか)でも出してくれるならまた考えますが・・・。

by nari-masa | 2014-05-24 16:59 | 鉄道コレクション | Comments(0)
2014年 05月 23日

C57四次形まであと1週間

KATO HPの生産予定表でC57四次形の工場出荷が29日と確定したようです。ようやく、ですね。実際に手にできるのは6月1日でしょうか?KATO最新のライトパシフィック、楽しみです。当廠では急客機としてつばめと津軽を牽引させます。
つばめの電飾はあと1輌になりましたが、走行中のスハ44のライトのちらつきが激しいので対策検討中です。単純に車重を増やしてもだめなようで、多分接触不良と思われます。スロ60のほうはサスペンション機構付きのためか、かなりマシ35なのですが・・・

by nari-masa | 2014-05-23 22:52 | 蒸気機関車(N) | Comments(2)
2014年 05月 21日

スハ44系「特急つばめ」電飾その6、スハ44 3号車

c0207199_2210242.jpg
一日一善ならぬ一日一輌。本日は3号車です。何の変哲もありません。
c0207199_2210849.jpg
2号車と3号車の連結部ですが、なんか高さが違いますね。
c0207199_22101533.jpg
1,2,3号車の電飾が終わりました。あと2輌です。早く座席の塗装を考えなければ(^^;;

by nari-masa | 2014-05-21 22:13 | 小加工・改造(N) | Comments(0)
2014年 05月 20日

スハ44系「特急つばめ」電飾その5、スハ44 2号車 & 電飾の重量

c0207199_20591824.jpg
1日1輌のペースでスハ44系特急「つばめ」の電飾をしておりますが、本日はスハ44 2号車を電飾しました。
c0207199_20592651.jpg
やり方は同じなのですが、走らせるとスロ60に較べてちらつきがあります。やはりサスペンション機構の有無の差なのでしょうか?仕方がないので通電方式を少し工夫してみようと思います。
さて、今日は少し違うテーマですが、先日Locomotoraさんに「坂を上がらなくなるので室内灯を入れない」というコメントを戴きました。確かにKATO純正室内灯は導光用の透明部品が重いな~と感じておりましたので、今回のφ3プラ棒+LED+CRDとKATO純正室内灯ではどの位重さが違うのか測定してみました。
c0207199_20593244.jpg
φ3プラ棒+LED 4輌分です。6g。
c0207199_20593767.jpg
同じくKATO純正室内灯 4輌分。17gですから3倍くらいあります。「つばめ」の13両編成に換算すると、φ3プラ棒+LEDはトータル19.5g、KATO純正室内灯はトータル55gで、差は35gにもなります。
c0207199_2059445.jpg
ついでに有井のCタイプも測定してみました。39g。Bトレ機関車を補重しないで動力化すると20gくらいなので、それなりに重量はありますが、それにしては牽引力が小さいですね。まあ、これはこれで良しとします。癒し系ですから(笑)
で、KATOの純正室内灯を組み込むと、これ1輌以上引っ張って走ることになるんですね。

by nari-masa | 2014-05-20 21:16 | 小加工・改造(N) | Comments(2)
2014年 05月 19日

スハ44系「特急つばめ」電飾その4、スハニ35

c0207199_22383445.jpg
本日はあまり時間がないので電飾はスハニ35の1輌のみでした。
c0207199_22384345.jpg
荷物室。中に壁があるので暗いですが、もともと荷物室は明るくないのでOKでしょう。
c0207199_22385050.jpg
客室です。やはり椅子はグリーンで塗りたいです。
c0207199_22385776.jpg
デッキ部。この車輌はLEDがデッキ側に付くので配線が少し見えています。
c0207199_2239466.jpg
機関車側の車端部です。さて、これで残るはスハ44のみ4輌です。ちまちまとやっても今週中には完了しそうです。

by nari-masa | 2014-05-19 22:44 | 小加工・改造(N) | Comments(2)