新湘南電鐵 横濱工廠archive

shinshonan.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2012年 02月 29日

弘南鉄道6000系

c0207199_2040278.jpg

c0207199_20402796.jpg

弘南鉄道6000系を箱から出してみました。東北の鉄道らしくスノープロウ付きですが床下や台車が黒なのでディテールがよく解りません。相変わらず画像は悪いですね。
この電車のオリジナル、東急電鉄6000系4輌編成が東急車輌の電車市場から販売されるそうですが、シルバー一色で4輌5000円は微妙かなあ。

ちなみに鉄コレ流電52系はまた発売が延期されたようです。
[PR]

by nari-masa | 2012-02-29 20:40 | その他の車輛(N)
2012年 02月 27日

弘南鉄道6000系入廠

c0207199_2002445.jpg
鉄コレ弘南鉄道6000系が到着しました。この電車は元:東急6000系セミステンレスカーで1台車1モーターなど試作的要素が強い車輌でした。画像が悪くて申し訳ありませんが、おいおい走行可能にしていきます。
[PR]

by nari-masa | 2012-02-27 23:29 | その他の車輛(N)
2012年 02月 26日

鉄コレ 東武/野岩6050系N化施工中

1月に入廠した鉄道コレクション東武鉄道/野岩鉄道6050系のNゲージ化が進行中です。
c0207199_14293091.jpg
運転台側のカプラーは連結を考慮してボディマウントTNカプラー密着自連/<0375>にしました。スカートの一部が干渉するので切断してあります。先頭部屋根上のアンテナはφ1キリで穴あけして押し込んであります。
c0207199_14293737.jpg
右側の野岩車に動力ユニットを入れてありますが、こちらは動力台車と干渉するためボディマウントTNカプラーが装着できないのでSカプラー対応の<0393>をカプラーポケットに組み込んであります。
c0207199_14294533.jpg
パンタグラフはPT4811<0213>を付けましたが、東武100系用のPT8002<0221>のほうが良かったでしょうか。
c0207199_14295747.jpg
先頭車同士の連結状態。左のモハが動力車です。
c0207199_1430164.jpg
連結面側はKATOカプラー密連Aグレータイプ。モハ側のみGMの貫通幌を取り付けましたが、クハ側にも付けられそうです
c0207199_14301391.jpg
台車間一杯に並んだ自然通風式主抵抗器が壮観ですね。ここは6000系譲りです。東武車のミンデンドイツ台車もよく再現されています。いずれ塗装したいですね。まだ車番を入れていません。
c0207199_14302854.jpg
東武/野岩6050系4連が走行可能になりました。あとは細かい色入れと車番の貼り付けです。
[PR]

by nari-masa | 2012-02-26 14:59 | 鉄道コレクション
2012年 02月 18日

鉄コレ京急1000(Ⅰ)形整備中

鉄コレの京急1000(Ⅰ)形を少しずつNゲージ化しています。
c0207199_1794126.jpg
まずはアンテナの取り付けと金属車輪化、先頭車のカプラーをボディマウントTNカプラー化しました。非冷房ということで時代的にNCB-2密着自連ですのでTOMIX<0375>にしました。床下機器も2輌のみ左右入れ替えて向きをそろえてあります。ウェイトはまだ取り付けていませんが、GMの余剰品をジャーマングレーに塗装してゴム系接着剤で床下にぶら下げるつもりでいます。
c0207199_1795024.jpg
パンタグラフを手持ち品のTOMIX PT42F<0212>に交換しました。屋上配管とNFBにはまだ色入れしていません。暖かくなってからモニターと一緒に塗装する予定です。
c0207199_1795922.jpg
中間連結器はKATOカプラー密連A(グレー)にしました。カプラーポケットは手持ちのTOMYTEC TT03、TT04余剰品を使ったので場所により色違いになってしまいましたが、目立たないので良しとします。連結面間距離もだいぶ実感的になりました。
c0207199_1710611.jpg
パンタグラフはモニター高さの関係でPT4212S<0250>+PT42FN<0252>では台座がない分低くなってしまいますので、このPT42Fパンタの方が自然な感じがします。
c0207199_17101237.jpg
車番はまだ貼っていません。鉄コレのものはシールなので使わず、インレタにするつもりですが、1000形用は古いストックしかないので600形のものを流用するか新しく入手しようと思います。種別と行先もまだです。
c0207199_17101976.jpg
GMのエコノミーキットを組んだ東急車輌製の非冷房車と連結してみました。GMの方が車体が大きいですね。昔組んだキットなので塗装の粗が目立ちます(汗) と言っても今も塗装の腕と道具(缶スプレー)は変わりませんが。
c0207199_17102564.jpg
屋根上です。鉄コレは川車の幅狭モニターですが、GMキットは東急車輌のダブルルーフ(幅広モニター)にしたもので、当時のGM製阪急2800キットのモニターを使いました。

動力化は鉄コレ18m級でできますが、とりあえずは無動力でGMか有井の1000(Ⅰ)形にぶら下げて走らせようと思います。残工事はウェイト取り付けと車番の貼り付け、屋上機器・配管と床下機器の塗装とします。いずれも現在の大雪ではとてもできませんから、暖かくなってからです。

なお、J〇SHINから旧東急6000系の弘南鉄道6000系(青帯)が間もなく入荷とのアナウンスがありました。
[PR]

by nari-masa | 2012-02-18 17:51 | 京急の車輛(N)
2012年 02月 15日

昨日の記事別アクセス

最近、EXCITE BLOGアクセス解析の仕様が変わってどの記事にどれだけアクセスされたかが分かるようになりました。昨日のアクセスはこんな感じ。EF57やGMで検索してご来訪される方が多いようです。せっかくおいで戴いてもあまり役に立たない記事が多くて恐縮です。
c0207199_2224929.jpg

[PR]

by nari-masa | 2012-02-15 22:06 | 雑言
2012年 02月 15日

最近買ったもの

珍しくこんなものを買いまして、通勤の車の中で聴いています。発売からかなり経ちますし、オヤジが店で買うのはちょっとな~、というタイトルなのでAMAZONですけど(笑) 中身はWEBラジオ番組の総集編のようなものですね。名前はオールナイト○ッポンのパクリ? 声優さんが7人ほど出演されてます。
c0207199_21383865.jpg

[PR]

by nari-masa | 2012-02-15 21:48 | 買い物
2012年 02月 12日

東信・佐久へ

昨日から所用で東信州の佐久市に来ています。今回は車で、北陸から北陸道、上信越道経由で約300km、通常なら3時間ですが、妙高高原付近の積雪のため30分ほど時間が多目にかかりました。佐久には雪は殆どありませんが、半端なく寒いです。帰りも上越や妙高は雪のようです。北陸道に入ると富山平野に出るまではトンネルが多いので冬は楽です。浅間山の画像を載せようと思ったのですが今朝は雲に隠れて撮れませんでした。
[PR]

by nari-masa | 2012-02-12 08:44 | 旅行
2012年 02月 07日

鉄コレ 京急1000(Ⅰ)形非冷房車

先月に入廠していた鉄道コレクション 京急1000(Ⅰ)形非冷房車 4輌です。まだ走行可能にしていませんが、とりあえずデフォルトの姿を。この車輌はもともと正面2枚窓で登場した初期形でパンタグラフが中間車についているタイプで、これだと貫通では4輌編成しか組めないです。
c0207199_18585160.jpg
非冷房車のすっきりしたモニターが再現されています。前面の印象もなかなかです。そのうちGM、有井と並べてみます。
c0207199_1859273.jpg
OK18台車がいい感じ。軸梁がくっきりと表現されています。GMのOK18とはかなり印象が異なりますね。
c0207199_18591131.jpg
非冷房車の特徴である屋根先頭部のコの字形がきちんと表現されています。送受信アンテナはユーザー取り付けです。
c0207199_18592247.jpg
避雷器や屋上配管もきちんと再現されています。配管は墨入れするといいですね。パンタグラフはPT43になってないです。外付け雨樋がさりげなく表現されています。
c0207199_18592923.jpg
18m車なので(?)、連結面間が半端なく開いています。有井の1000(Ⅰ)形もこんな感じですが、取り敢えずカプラーとカプラーポケットを交換してみます。東武6050、京急1000、EF12と整備対象はたくさんあるのですが、暖かくなるまではなかなか作業にかかれません。ここ2~3日は暖かかったのですが、今夜からまた雪だそうです。
[PR]

by nari-masa | 2012-02-07 19:01 | 京急の車輛(N)
2012年 02月 04日

有井製 EF12

有井のEF12です。まだ何も手を付けていませんが、とりあえずオリジナルの姿を残しておきます。戦前型の旧型電関で側面窓形状や通風孔などがEF56の4次型やEF57によく似た車体ですが、旅客機と違ってSGがないためパンタグラフが本来あるべき位置にあり、戦前の電機の中では最も整った姿態をしていると思います。
c0207199_2340502.jpg
c0207199_23405921.jpg
高崎機関区ということでスノープロウ付です。足回りの隙間を埋めるにはいいアイテムですね。
c0207199_2341107.jpg
c0207199_23411820.jpg
大宮工場仕様を表現するためか屋根上のモニターやベンチレーターまわりが黒く塗られていますが、実際にはもっと広範囲に黒かったように思います。
c0207199_23412874.jpg

走らせてみると案の定ジージーと煩いです。やはり有井製電関に分解整備は必須ですね~。それもまた楽し、ですが。
[PR]

by nari-masa | 2012-02-04 23:41 | 旧型電関(N)
2012年 02月 02日

KATOのゴーナナリニューアル来ましたね~

ついに来ましたKATOのEF57リニューアル!速攻で予約しました。どれほど待ち焦がれたことか。EF15がリニュされてから、次はゴーナナだろうな~とは思っていたのですが、ようやくですね。既に当廠には異形の1号機を含めてゴーナナが4機あるのですが、それでもこのリニューアルゴーナナは入手しないわけにはいきません。発売は5~6月とのこと。楽しみです。画像は既に生産中止になって久しい現行の品番3003、KATO EF57です。
c0207199_1934487.jpg
左は有井製1号機、右はKATOの品番3003.電暖つながりで。
c0207199_2253229.jpg

[PR]

by nari-masa | 2012-02-02 19:32 | 旧型電関(N)