人気ブログランキング |

新湘南電鐵 横濱工廠archive

shinshonan.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2010年 10月 30日

名鉄運転会(笑

今日は関東地方に台風が接近していますが、北陸にはほとんど影響がありませんでした。

名鉄キハ8500が落成したので、当分廠にある唯一の名鉄車であるTOMIXの7000系パノラマカー白帯車と一緒に走行させました。ただ実際に7000系白帯車とキハ8500が同時期に存在したのかはよく知りません(笑
c0207199_19172489.jpg
どこの鉄橋でしょうね?鵜沼?それとも本線の笠松?
c0207199_19173372.jpg
7000系のライトを点灯させてみました。
c0207199_19174076.jpg
7000系はTOMIXの取説通りに室内灯ユニットを組み込むと展望室が暗くなりますが、ライトユニットを加工して展望室も点灯するようにしてあります。

走行速度は鉄コレ動力のほうが早いです。キハ8500は3連、7000系白帯車も4連なので、関東の私鉄に比べるとローカルなイメージですね。

by nari-masa | 2010-10-30 19:36 | その他の車輛(N) | Comments(0)
2010年 10月 24日

名鉄キハ8500走行化完了(暫定)

本日、北陸地方の天候は余り良くないとの予報だったのですが、何とか雨は降らず、水性塗料ならば塗れそうな塩梅でしたので、急いで名鉄キハ8500に車番インレタを貼付し、窓ガラスパーツを取り外してGSIクレオスの半光沢トップコートを吹きました。屋上は艶消しにしたかったのですが、時間がないため半光沢のままとしました。乾燥後、窓ガラスパーツを入れ、貫通ホロと屋上アンテナを装着しました。
c0207199_1155257.jpg
キハ8502の先頭部です。こちらは北アルプス編成では高山方になる車輌ですね。JRキハ85と併結するために前面貫通ホロが下端まで延びています。
※名鉄は全く詳しくないので、記述に誤りがある可能性がありますが御容赦願います。あくまで雰囲気重視で詳細調査はしておりません。
c0207199_11553379.jpg
こちらはキハ8503で、北アルプス編成の新名古屋方の車輌です。前面貫通ホロ下端が短くなっていますが、なぜそうなっているのかは良くわかりません。これが名鉄車の車輌規格なのでしょうか(調べる気力もありませんが・・笑)。
c0207199_1155422.jpg
キハ8503先頭部屋根上です。名鉄の無線アンテナはTOMIX製のモ7000用でも使ったほうがシャープになりそうです。
c0207199_11554846.jpg
キハ8503の車番インレタですが、真横から撮った画像が見つかりませんでしたので貼り付け位置はいい加減且つ目見当です。
c0207199_11555548.jpg
キハ8503とキハ8555の連結部です。中間貫通ホロはGM製新型電車用を使用しました。
c0207199_1156560.jpg
下周りをはめ込み、早速周回試験線を試走させました。鉄コレ20m動力の音がやや大きいですが、気動車なのでちょうどいい雰囲気です。
c0207199_11561490.jpg
いい加減な足周りですが走行には全く問題ありません。先頭車の床板には補重のためGMのウェイトをゴム系接着剤で貼り付けてあります。
c0207199_11562028.jpg
芯皿間距離が短いのでカーブでは先頭車が盛大にはみ出しますね。いずれ、20.5m動力入手時に先頭車両も鉄コレ20m級床板を追加工して長さを21m級に改善し、同時に室内装置の取り付けも行なうつもりですが、室内灯や前照灯は、車体がそこまでするようなクオリティではないので止めておきます。

by nari-masa | 2010-10-24 12:19 | その他の車輛(N) | Comments(0)
2010年 10月 24日

名鉄キハ8500走行化改造中

遅々として進みませんが、先日入廠したAN-RAILの名鉄キハ8500「北アルプス」の走行化改造を実施中です。やはり出来が今一つで、KATOのキハ85と併結はあまり美しくなさそうですので、鉄コレテイストでさくっと改造することにしました。
c0207199_1014634.jpg
信号炎管は手持ちの銀河製をつけてあります。まだ前面貫通ホロは未装着です。床下のエンジンと台車枠はGSIクレオスのニュートラルグレーを吹きました。
c0207199_1015943.jpg
トレーラー台車は製品のものの軸受テーパーをドリルでさらって使用しました。そのままでは金属車輪の車軸で台車枠を押し拡げる格好となり、うまく転がりません。中間連結器はKATOのNカプラー密連形を使用。本当は密着自連でしょうが、どうせ固定編成なので先頭に出ることもありませんし、ジャンパーホースが付いていたほうが引き締まって良さそうです。中間の貫通ホロはいずれGM製の余り物でもつけます。
c0207199_1021575.jpg
とりあえず動力は70系用に使用していた20m級Bの台車を14mmのものに振り替えて組み込みました。台車枠レリーフは製品に付属していますが、そのままでは固定できないのでゴム系接着剤で貼り付けてあります。20m級の動力ユニットでは芯皿間距離が短すぎますので、12月発売予定の20.5m級に交換予定です。
c0207199_1022828.jpg
両端のトレーラーは低すぎて車輪が転がらなかったので0.5mm+0.3mmのプラバンで製作したスペーサーをかましてありますが、この位置から見るとちょっと高すぎですね。
このあと、車体の艶を落ち着かせる&ぼろ隠しのために半光沢のトップコートを吹き、屋根は艶消しのライトグレーでも塗ります。あとは貫通ホロ、車番、アンテナ装着ですが、しばらく天気が今イチのようです。また薄暗い季節が目前に迫っています。

by nari-masa | 2010-10-24 00:06 | その他の車輛(N) | Comments(0)
2010年 10月 16日

京急600形

京急600形リニューアルモデル、ディテールがだいぶ明らかになってきましたが、今から発売が楽しみです。画像は在来の塗装済キット組立品で以前に掲載したものですが、前面ワイパーカバーがイロンデルグレーの初期製品で、窓回りもアイボリー塗装でなく白色印刷のものです。
c0207199_22395643.jpg
c0207199_22422518.jpg

ついでに実車です。
c0207199_23154869.jpg

c0207199_23243494.jpg

やはり、この4次車4連がまとまりがいいですね。

ところで、今回のリニューアル品、どういう商品構成になるのでしょうか?2・3次車のオリジナル塗装、同ブルスカ、4次車8連と4連それぞれ完成品と塗装済キットとなるらしいですが、最近の傾向は4輌単位のセットが主流のようですから、
(1)2・3次車オリジナル塗装4輌基本セット完成品
(2)2・3次車オリジナル塗装4輌増結セット完成品
(3)6061Fブルスカ塗装4輌基本セット完成品
(4)6061Fブルスカ塗装4輌増結セット完成品
(5)4次車(6081F)4輌基本セット完成品
(6)4次車(6081F)4輌増結セット完成品
(7)4次車4連セット完成品
(8)2・3次車オリジナル塗装4輌基本塗装済キット
(9)2・3次車オリジナル塗装4輌増結塗装済キット
(10)6061Fブルスカ塗装4輌基本塗装済キット
(11)6061Fブルスカ塗装4輌増結塗装済キット
(12)4次車(6081F)4輌基本塗装済キット
(13)4次車(6081F)4輌増結塗装済キット
(14)4次車4連塗装済キット

塗装済キットの場合は車番がインレタ式なので4次車8連4輌基本と4連を共用化出来るかも知れませんが、それでも13種にはなりそうです。それとも2100形ブルスカの新規販売時のように一部は8輌セットでの販売になるのでしょうか。それでも相当複雑になりそうですね。

集電機能付きTH600新規開発は驚きですが、前照灯・室内灯が組み込めるので大歓迎です。前照灯は多分黄色LEDなので、今から高輝度白色LEDのバルクパーツを捜しておくことにします。シングルアームパンタグラフもTOMIXのPT7113Dを準備しなくてはなりませんね。

by nari-masa | 2010-10-16 23:48 | 京急の車輛(N) | Comments(0)
2010年 10月 15日

名鉄キハ8500入廠

当分廠で初めての気動車が入廠してきました。もっとも、正確には約35年前にキハ20、キハ25、キハユニ26などがあった(それしか売ってなかったとも言う)のですが、老朽化により既に廃車しています。
c0207199_22205380.jpg
アンレイル(赤い電車)製の名鉄キハ8500「北アルプス」です。発売元は中日本航空、輸入元はアライヴ・・・ってことは○国製ですね。実車は10年以上前に高山駅に停車しているのを見たことがありますが、JRの気動車と比較して窓隅のRが大きいのが印象的でした。このRはパノラマスーパーの流れだったのですね。貫通ホロは別パーツ・未取り付けです。
c0207199_222111.jpg
3輌編成で定価4200円と鉄コレより割高ですが、堂々たる21m級3輌編成はなかなか見応えがあります。
c0207199_2221685.jpg
室内装置は取り付けられていません。窓が大きいので少し残念ですね。塗装はややぼってりした印象。トレーンや錦の子供向けダイカストモデルのような感じがします。
c0207199_22211125.jpg
屋根上です。一応作り込んでありますが、あっさりした印象です。屋根上は水タンク、信号炎管、無線アンテナなど別付けパーツがあります。取説は一応ありますが、パーツの取り付け位置や車番の貼り付け位置などが明記されておらず、あまり親切ではありません。
c0207199_22211845.jpg
台車・カプラー(アーノルト)や床下機器は鉄コレとよく似た構成になっています。いずれKATOのキハ85のアッシーパーツを少しずつ入手して走行可能にしていきます。できれば室内灯と前照灯も何か考えましょう。

by nari-masa | 2010-10-15 22:25 | その他の車輛(N) | Comments(0)
2010年 10月 14日

600形、きましたね

詳細は「一番館」さんのBLOGにありますが、GMから京急600形スケールモデルの予告がでましたね。来年の発売、最近の傾向で完成品とキットの両形態での発売だそうです。シングルアームパンタの4次車がラインナップされておりますね。動力はいらないので、4次車の4輌編成がキットで欲しいです。

by nari-masa | 2010-10-14 21:57 | 京急の車輛(N) | Comments(0)
2010年 10月 11日

大牧温泉

c0207199_2321828.jpg
10月10日の朝、富山県砺波市ではバルーンフェスティバルが開催されていました。
c0207199_22381398.jpg
この日、越中庄川峡、船でしか行けない温泉として有名な、その立地ゆえに何度かドラマで密室殺人事件の現場となった(笑)大牧温泉に日帰りで行ってきました。朝から天気が微妙だったのですが、一日中晴れたり降ったりでした。
c0207199_22381385.jpg
c0207199_2255457.jpg
旅館は庄川の人造湖の右岸にへばりつくように建っています。お湯は富山県西部の温泉には珍しく硫黄の匂いがします。高温泉のため加水していますが100%掛け流しだそうです。

携帯のSDからの転送がうまくいかないので、詳細はまた後日纏めます。

by nari-masa | 2010-10-11 22:38 | 北陸の温泉 | Comments(0)
2010年 10月 09日

さて、どうなりますやら

アンレールの名鉄キハ8500、なかなかの人気のようですが、衝動的に1セット注文してみました。果たしてこちらまで回って来るかどうか疑問ですが。でもこれ、なぜ中○本航空の扱いなんでしょうね?

来たとして、当分廠で静態保存はあり得ませんから、当然動力化・走行化、ライト点灯を考えなければなりません。最も簡単なのはKATOのキハ85の下廻りに換装でしょうね。でもアッシーパーツでは付随車用しかなさそうです。

by nari-masa | 2010-10-09 21:26 | その他の車輛(N) | Comments(0)
2010年 10月 04日

はや10月

今年も残すところあと3ヶ月。早いものですね。ちょっと所用(仕事+私用)で本州中央部を車で一周してきました。ルートは東海北陸道~東海環状道~東名高速~首都高~関越道~上信越道~北陸道。半分仕事だったのでろくに写真も撮っていません。
c0207199_2262168.jpg
ひるがの高原SAにて。向こうの山はひるがのスキー場です。
c0207199_2263149.jpg
中央に止まっている黄色いバスはいるか交通のきときとライナー、高岡発名古屋行きです。このバスだと高岡から名古屋駅前まで3時間半ほどで行けます。片道3500円。今回は乗用車でしたが。
c0207199_226411.jpg

浜松の『遠鉄』ですが高架化工事の橋脚に被ってしまいました。浜松では久々にうなぎを食してきました。

by nari-masa | 2010-10-04 23:14 | 旅行 | Comments(0)