人気ブログランキング |

新湘南電鐵 横濱工廠archive

shinshonan.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧


2009年 12月 31日

今年も終わり


年末、大雪が予告されている北陸を早々に脱出し、長野県東部に来ています。ここは群馬県に近く、どちらかと言うと関東の気象です。しかし今日はこちらも雪空で、少し積もっています。でも気温は例年ほど寒くありません。明日の元旦は晴れの予報です。

c0207199_18562576.jpg
c0207199_1856461.jpg
c0207199_18565660.jpg

年末、鉄コレの70系(71系山スカと新潟色)が来ました。なかなかいい出来ですが、新潟色は成型色が山吹色のためか少し透けた感じがします。室内灯を組み込むと盛大に光もれするでしょう。冬の間、のんびりとパンタ交換やら動力ユニット組み込みやら、弄りまくるつもりです。旧型車は台車も床下も出来ていますし、そのうち鉄コレから80系も出るかも知れませんね。楽しみです。画像が横向きですね
では来年も宜しくお願い致します。

10.01.04訂正:画像を修正しました。

by nari-masa | 2009-12-31 19:45 | その他の車輛(N) | Comments(0)
2009年 12月 23日

富山市内環状線「セントラム」発進

本日は結局一日仕事になってしまい、富山市まで行くことができず、画像はNHKのローカルニュースのもので申し訳ありませんが、富山の路面電車環状線「セントラム」の開通式はすごい人だかりだったようです。本日は開通式と抽選で当たった人だけの試乗で、一般の人は乗車できませんでした。←訂正、待っていれば無料で乗車できたそうです。一般の運行は明日からです。
c0207199_2112293.jpg
c0207199_21121455.jpg
c0207199_21123527.jpg
この環状線は富山市が線路を敷設し、車輌と運行は富山地方鉄道が担当する上下分離方式となっています。←訂正、富山市が線路と車輌を準備し、地鉄が運行を担当する上下分離方式だそうです。地鉄市内軌道線の線路は富山駅から見ると∧字型をしており、その途中にAのように短絡線を設けたものです。
c0207199_21125743.jpg
車輌は富山ポートラムと同一タイプの新潟トランシス製で、色は黒、白、銀の3本。ポートラムは白地の車体に一部だけ7色のカラーリングがしてありますが、セントラムは窓枠周りを除き車体全体が同一色で塗装されているようです。いずれ鉄コレから発売されるのは間違いないでしょうが、とりあえず無塗装車体をグロスブラック一色で塗ればセントラムになりそうです。車内は、座席はポートラムより上等なようです。
c0207199_21132749.jpg
c0207199_21135951.jpg
ところでこのセントラム、環状線一周の走行距離は3kmもありません。歩いても30分ちょっとの距離です。そんなところになんで環状線を走らせたのかというと、富山は駅前繁華街と中心繁華街が微妙に離れていて歩いては行きにくく、かつ中心繁華街が横に長いため人の流れができにくいことと、将来の富山ポートラムとの直通運転の布石でもあります。ポートラムからJRの下を潜って市内線に乗り入れ、環状線をループしてポートラムに戻る構想です。市の北部の人たちが乗り換えなしで中心繁華街に出てこれるようになり、人出が増えるとのもくろみです。

ただポートラムとの直通運転は10年以上先になります。今の富山駅は地上駅ですが、平成26年に北陸新幹線が開業予定、更にそれ以降に在来線を高架化して、初めて路面電車の線路を敷くことができます。でも多分、そのころ私は北陸にいません。

ともあれ、運賃200円で乗り放題の環状線セントラム、いずれ乗りにいこうと思います。

by nari-masa | 2009-12-23 20:36 | 北陸の車輌(実車) | Comments(0)
2009年 12月 20日

庄川清流温泉、越中庄川荘

今日の温泉は砺波市(旧庄川町)にある庄川清流温泉・越中庄川荘にしました。この施設は富山県全労済が建てた保養施設で、厚生年金のサンピアのようなものです。宿泊・宴会もでき、この季節は忘年会でにぎわいます。富山県西部では1,2を競う露天風呂があります。入浴料500円と安いのもいいですね。
c0207199_17274035.jpg
建物全景、まだ雪が降ってます。
c0207199_17275483.jpg
浴室の脱衣場からの景色。見えている川は庄川です。庄川は岐阜県の荘川村(高山市)から延々と山間を流れてきて、ここのすぐ上流で平野に出ます。ここから富山湾の河口まで約20km。
c0207199_1728319.jpg
ロビーの外です。積雪量は昼の時点で37cmでしたが、気温が上がって雪面が少し沈みました。

by nari-masa | 2009-12-20 18:01 | 北陸の温泉 | Comments(0)
2009年 12月 20日

KATO製京急800形の足回りメンテナンス

本日は大雪の中、温泉に行って暖まってきました。自宅付近、昼間はこんな状態でした。
c0207199_1214391.jpg
こんな寒い日は、車で10分のところに日帰り温泉があるのはありがたいです。で、

★今夜もお座敷大運転会続行です。その後、KATO製京急800形の下回りのメンテナンスをしました。(続き)

by nari-masa | 2009-12-20 01:25 | 小加工・改造(N) | Comments(0)
2009年 12月 19日

北陸冠雪3日目

c0207199_8363274.jpg

北陸地方の降雪も3日目に入りました。積雪量は約40センチ。まあ道は融雪装置のお陰で開いてます。この程度の雪では道路交通に何の支障もないのが北陸のすごいところ。とはいえ昨日は全県で150件近いスリップ事故があったそうです。先程、大雪警報が解除されました。でも雪は明日まで続くようです。
c0207199_8562796.jpg
車は案の定、雪だるま状態です。駐車場が雪で埋まってないのがせめてもの救いですね。

by nari-masa | 2009-12-19 08:36 | 旅行 | Comments(0)
2009年 12月 18日

え~い、塗れぬなら・・・

走らせてしまえ、というわけで、大雪警報発令の中、大お座敷運転会挙行中です。
c0207199_21412527.jpg
c0207199_21282043.jpg
まずは絶対ありえない並び、北総(公団)9100と京急500。鉄コレ動力のほうが速度が速いので、9100形のほうがしっとりと走ってます。というのは、エンドレスは2本ありますがパワーパックは1台しかないのです。で、1台のパックから両方の線路に逆向きにフィーダーをつないで反対方向に走らせているというわけです。ちなみに同一方向に走らせれば競走もできます(w
c0207199_2130947.jpg
闇を切り裂くLEDの光芒!照明を消して京急1000形6次車+2次車の12輌編成をカッ飛ばせました(走らせて撮影しても光の線にしかならないので、車輌を止めて写してます)。後ろは9100形。あ、McSの1488先頭で特急浦賀はありえないか(笑
この車輌の動力がウチにあるGM新動力の中でいちばん静かに走ります。二番目に静かなヤツは2100形に装着してあります。以下、N600形タイプ、1500形、400形、デワ40と順に騒々しくなっていきます。多少手を入れても台車を振り替えてもこの状態は変わりません。モーター単体で回してもそれほど違いはないのに、走行させると走行音に極端な差がでます。そうなるとウォームの違いとしか思えないのですが、はて・・・?

さて、明朝は車がどうなっているか、楽しみです。多分雪だるま状態・・・(泣

by nari-masa | 2009-12-18 21:55 | 京急の車輛(N) | Comments(0)
2009年 12月 17日

北陸冠雪

ついに始まりました、この季節が。
c0207199_20163896.jpg
c0207199_20165176.jpg
北陸冠雪。これから3月まで、雪か雨か霰か雹か、いつも何かしら降っています。到底吹き付け塗装などできるものではありません。
あきらめて塗装しなくて済むものか、水性塗料で塗装できるものでも進めます。

by nari-masa | 2009-12-17 20:35 | 旅行 | Comments(0)
2009年 12月 15日

日の目を見ないキットたち(涙

ウチには鉄道模型の仕掛かり品はあまり多くなく、塗装待ちの京急500形と700形くらいのものなのですが、飛行機モデルの作りかけ(そこまでもいかない、ハコを開けただけのもの)がいくつか、数年間眠っています。
c0207199_22513654.jpg
いずれも、今までに各メーカーのものを何機かずつ作ったことがある、好みの機種ですが、
c0207199_22514449.jpg
川西N1K1-J 紫電11型です。いわゆるJ改というやつですね。水上戦闘機の強風をお手軽に陸上戦闘機にしたために、いろいろと不具合に悩まされた飛行機ですが、グラマンF6F似のずんぐりした胴体がなかなかいいです。これはハセガワの1/48キットです。以前にタミヤのものは作ったので、今回はメーカー違いです。タミヤのものは・・・引越しの時に捨てられてしまいました(号泣
c0207199_2251577.jpg
中島のKi-84、四式戦ですが、ハセガワの1/32モデルです。ハセガワの1/48と童友社の1/32は作りましたが、童友社キットの出来が悪かったので、リベンジのために購入しました。
c0207199_2252455.jpg
その童友社の1/32、川西N1K2-J紫電21型「紫電改」です。このキットも古いキットで、パーツの精度も悪く、ちょっと作る気を失っています。
さて、これらのキットがカタチになる日は来るのでしょうか?京急キットよりもはるかに遠いような気がします。コクピットの細部塗装を気にせず、接着剤でペタペタくっつけてしまえば簡単にカタチにはなるのですけどね。

by nari-masa | 2009-12-15 23:10 | ヨンパチ航空機 | Comments(0)
2009年 12月 13日

富山ライトレール(ポートラムTLR600)と万葉線アイトラムMLRV1000

Tomytecから鉄道コレクションで万葉線MLRV1000アイトラムが発売予告されました。
もともとアイトラムと富山ライトレールのTLR600ポートラムとは同じ新潟トランシス製で、ほとんど同じコンセプトの車輌ですから、バリエーション展開で万葉線も発売されるかな、と思っていたので、やはり、といったところですね。この2車種は大変よく似ていますが、前面の造作がやや異なります。ちょっと前の画像ですが、
c0207199_221232100.jpg
c0207199_22124534.jpg
c0207199_22134276.jpg
ほとんどヘッドライト周りだけの差異ですね。鉄コレのライトレール用車輌ケースに付属の未塗装車輌を赤く塗っただけでもそれらしくなりそうですが、鉄コレはこれを作り分けるのでしょうね。
こちらの鉄道模型を扱う数少ない量販店では、地元だけに鉄コレのポートラム各色もKATOのTLR601もたくさん売られています。MLRV1000も多分山積みで売られることでしょう。なかなか綺麗な深みのある赤ですから、購入するつもりです。動力はどうしたものか?別に市内レイアウトをやろうとは思っていないので、特に動力化はしなくてもいいかと。

ところで、万葉線MLRV1000といえば、2004年の導入直後にはポイントで脱線が多発しました。万葉線というのは旧加越能鉄道ですが、高岡市内の併用軌道の軌道線区間と六渡寺から越ノ潟までの専用線の鉄道線区間で構成されており、通常は直通運転されています。MLRV1000の車輪は当初路面電車用のバックゲージで納入されたために鉄道線のポイントのバックゲージと合わなかったのが脱線の原因のようです。こちらの新聞でも何回か取り上げられていました。結局車輪を交換したと聞いています。

by nari-masa | 2009-12-13 22:40 | 北陸の車輌(実車) | Comments(0)
2009年 12月 13日

五箇山の酒、三笑楽 原酒

富山の秘境、五箇山(旧:平村、現:南砺市)の上梨にある三笑楽酒造さんの三笑楽 原酒です。
c0207199_16543931.jpg

原酒なのでアルコール度数が高く、18~19度あります。
さっぱり辛口系で日本酒にありがちな甘ったるさがありません。なりまさ、満寿泉、勝駒などの大吟醸に較べるとふくらみが少なく、ストレートな感じです。
四合瓶が1200円ほどと安いのと、近くのスーパーで売っているので常備しています。
三笑楽に限っては、大吟醸より原酒のほうが私の口には合います。

by nari-masa | 2009-12-13 16:55 | 北陸の地酒 | Comments(0)