人気ブログランキング |

新湘南電鐵 横濱工廠archive

shinshonan.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:その他の車輛(N)( 36 )


2011年 12月 13日

東武6050系&野岩鉄道60100系購入

東武商事から発売された事業者限定の鉄道コレクション「東武6050系&野岩鉄道60100系(6050系と表記されています)」を各1セット、計4輌購入しました。昔、16番で6000系のペーパーモデルを製作したことがあるので、本当は6000系のほうが良かったな、とは思うのですが、6050系は6000系の車体更新車ですし、栗橋~栃木間など仕事で乗ることがあり、馴染みのある電車です。16番では日光モデルのFS345台車を使いましたが、鉄コレのミンデンドイツ台車の出来も楽しみです。いずれは動力化もしてやらなければなりませんね。
ところで、昨日はかなりアクセスが多かったのですが、なぜでしょう?レイルウェイズの記事をUPしたからでしょうか?大したこと書いてなくて申し訳ありません。

by nari-masa | 2011-12-13 18:49 | その他の車輛(N) | Comments(0)
2011年 11月 03日

鉄コレ弘南鉄道6000系、予約しました。

来年2月~3月発売の鉄道コレクション弘南鉄道大鰐線6000系を予約しました。同車は元:東急6000系ステンレス車で、BUDD社提携の7000系ステンレス量産車が登場する以前の試作要素の強い形式でした。中でも1台車1電動機の動力装置はEF80とともに大変珍しい機構でしたが、その複雑さから整備の煩雑さも半端でなかったと思われます。この電車には末期に大井町線で上野毛から自由が丘まで乗車した記憶があります。
弘南の6000系は青帯入りの姿ですが、東急車輛の電車市場から東急時代の6000系が発売されるようです。しかし電車市場は取扱量の関係からかすぐに売り切れてしまうことが多い(最近では富士急1000系が取扱数500セットですぐ完売しました)ので、バックアップとして弘南を予約しておきました。

by nari-masa | 2011-11-03 09:56 | その他の車輛(N) | Comments(0)
2011年 10月 18日

52系予約しました

TOMYTECの鉄道コレクション、流電52系スカ色を予約しました。20m級B2動力とPS11も同時購入しました。試作品を見ると塗装に一抹の不安が残りますが、運を天に任せましょう。しかし鉄コレも1輌約1000円の世界に突入したんですね。キハ20やオハ31などKATOのNゲージ旧製品の方が安いです。こうなると鉄コレと言えど相応のクオリティが求められるようになるでしょうね。

by nari-masa | 2011-10-18 21:24 | その他の車輛(N) | Comments(0)
2011年 10月 14日

鉄コレ流電52系、きましたね

TOMYTECから鉄道コレクション流電モハ52系が発表されましたね。これは入手しないわけにはいかないでしょう
。飯田線快速色は馴染みがないのでスカ色にします。でも、どうして52系は狭窓の一次車が先に模型化されるんでしょうね。

by nari-masa | 2011-10-14 23:06 | その他の車輛(N) | Comments(0)
2011年 09月 27日

GMから都営5000形製品化予告

グリーンマックスから都営5000形原形と更新の製品化が発表されましたね。
まあ、懐かしい電車ではあります。都営1号線(浅草線)が開通したときはまだ就学前でしたが、開通初日に従兄たちと浅草橋から浅草までこの電車に乗車して浅草寺の裏にある花やしき遊園地に遊びに行った記憶があります。購入するかどうかはかなり微妙ですね。最低でも6連にはしたいところですが、GM完成品は半端なく高価です。

by nari-masa | 2011-09-27 19:14 | その他の車輛(N) | Comments(0)
2011年 09月 02日

続キハ20の整備

2017.3.22追記
鉄次郎様よりご質問を戴きましたので追記しておきます。
c0207199_21513712.jpg
ご質問は、この金属線(真鍮線のようです)の役割は何でしょうか、という内容です。
c0207199_1753238.jpg
動力ユニットの全体です。
金属線はこちら側だけにあります。
c0207199_17531194.jpg
ダイカストブロックを固定している皿ビスは金属線側が絶縁ワッシャ付きです。
c0207199_21514543.jpg
ダイカストブロックを外すと、この金属線は両方の台車を結んでいます。
c0207199_17532977.jpg
台車の取付兼集電金具のところまで延びています。
c0207199_21515376.jpg


この金属線は集電用(モーターへの通電用)です。
c0207199_1754375.jpg
モーターの端子ですが、こちらはダイカストブロックにもぐり込む側です。
c0207199_17545076.jpg
こちらが金属線に接触する側。
c0207199_2152614.jpg
ダイカストブロックにモーターを組み込む時、外に出る側のモーター端子がダイカストブロックの絶縁ワッシャが付く(皿ビスの穴が深い)側にします。
c0207199_21521364.jpg
そのモーター端子が金属線に接するように組み込めば通電できます。
モーターへの通電は、片側はダイカストブロックを通じて行ない、もう一方はこの金属線を通じて行なっています。
そのダイカストブロックと、金属線がつながる側の集電板がショートしないように絶縁ワッシャを使っているわけです。
分かりにくいようでしたら、またご質問ください。


実家から搬送してきた関水金属製キハ20とキハ25の3輌です。トレーラーは台車がありません。これを入手したのは多分、1975年頃で、16番から9mmに転向して最初に購入したのがこのキハ20系とD51でした。ユニトラックはまだ発売前で、線路はPECOのものをベニヤ板に止めて使っていました。
c0207199_21425468.jpg
ボディはだいぶ疲れてはいますが、それほど非道い状態ではありません。サッシやHゴムはその昔、烏口で色挿ししたものです。Hゴムが銀色というのもいかがなものか、ですけどね。そのうちグレーにでもしましょうか。
c0207199_2143150.jpg
動力台車です。関水の比較的初期の動力でトラクションタイヤはありません。台車枠に比べて車輪が巨大ですね。さすがに15年以上も動かしていないので電圧をかけるとギーギー異音がします。
c0207199_2143820.jpg
とりあえず車体と動力を分解しました。この製品は屋根から外すタイプですが、窓のプラ材が劣化しており、強引に屋根を外すとプラが割れてしまいました。ダイカストブロックを床板の集電板に止めている皿ビスの十字がつぶれていて外すのに苦労しました。
c0207199_21431546.jpg
更に動力を分解し、中性洗剤と歯ブラシでパーツを洗浄した上、通電部を#2000紙やすりで磨きました。動力台車のアイドラギアが1個失われており、4軸中3軸しか駆動しません。画像では不鮮明ですが、モーターケースが変形しています。しかしこれでも電圧をかけるとスムースに回るので、オイルレスメタルにユニクリーンオイルを射して復活させました。よくモーターにオイルは厳禁、なんて言いますが、実用上はあまり影響ないです。特にKATOのモーターはオイル一滴で復活することがよくあります。あとはタミヤのセラミックグリスを給油しながら組み上げました。
c0207199_21432297.jpg
トレーラーも分解洗浄しました。
c0207199_21432857.jpg
全体を組み上げ、台車は手持ちのDT22を取り付けましたが、どこから発生したDT22なのか分かりません(笑)カプラーはカトカプNに交換しました。走行させると最初はギクシャクしていましたが、馴染ませるとそこそこスムースに走るようになりました。さすが関水製品と言うべきでしょうか。
c0207199_21433517.jpg
両運転台のキハ20です。画像では見えませんが乗降用ステップが一部欠けてしまっています。
c0207199_21434259.jpg
非冷房のキハ20系ですが、昔、北海道の炭鉱鉄道に似たようなのが走っていましたね。油切れしないように時々走らせてやろうと思います。

by nari-masa | 2011-09-02 22:16 | その他の車輛(N) | Comments(2)
2011年 09月 01日

キハ20の整備

KATOの初代キハ20を実家から持ち帰り、とりあえず分解洗浄しました。
c0207199_231016.jpg
さすがKATO製、と言うより関水金属製ですね。35年以上前の製品を15年ぶりくらいに走行させましたが、モーターフレームなんか変形しているのにまだなんとか走ります。詳細はまた後日に

by nari-masa | 2011-09-01 23:11 | その他の車輛(N) | Comments(0)
2011年 08月 27日

30年前の残照

c0207199_1445626.jpg
c0207199_210126.jpg
たまたま実家の納戸を整理していたら、30年前のNゲージ車輌が発掘されました。グリーンマックスの未塗装キットを組んだ国鉄80系300番台4連(文字通り国鉄時代の製作)、KATOの初代D51とセキ数輌、同じく初代チビロコセット(長男の小学校入学祝でしたか?)です。他に貨車が数輌と廃車したと思っていたKATOキハ20、25が3輌ありました。幼年時代の息子たちから度重なる洗礼を受け、更には長い年月仕舞い込まれていたためにあちこち破損や錆が見られますが、いずれも子供たちと良く遊んでくれた懐かしい車輌たちです。キハ20系は何とか修理出来そうなので北陸へ持ち帰ることにしますが、他は修復不能なれど棄てるには忍びないのでこうして画像のみ残し、再び眠りにつかせます。ありがとう。

by nari-masa | 2011-08-27 14:45 | その他の車輛(N) | Comments(0)
2011年 08月 25日

琴電1100形

琴電自体は全く詳しくありません。京急の廃車車両の最大譲渡先で、600(Ⅱ)形、700(Ⅱ)形、1000(Ⅰ)形、過去には120形や230形も瀬戸内海を渡った・・・程度の認識しかありません。が、この車両ゆえに購入しました。元:京王5000系です。(すみません、系なのか形なのかよく分りません。Tcがあるので系なのだろうと・・・いい加減ですね)
c0207199_2001321.jpg
う~ん、美人顔。パノラミックウィンドウと細い貫通扉の窓。同じ低運転台でも、ここが国鉄153系や401系の低運転台車と異なります。
c0207199_200224.jpg
パンタなしの1106です。MM'の全電動車だったのですね。知りませんでした。
c0207199_2004156.jpg
連結面です。広幅貫通路ですね。まだ車輪やカプラー、パンタグラフは交換していません。背の高い分散クーラーもいい感じです。かなり濃いグレーなので屋根板と塗り分けたいですね。
c0207199_2004838.jpg
側面です。1200mm片開き客室扉に扉間3枚の窓と基本的な窓割りは京急1000形や京成3000形と同じですが、戸袋窓にも窓桟があり、整ったサイドビューを見せています。
c0207199_2005564.jpg
そしてTS310。京急の廃車発生品ですが、京王は軌道線の1372mm軌間ですから、そのままのTS804やNA321、KH55では琴電を走れません。そこで1435mm軌間の京急出自の台車に振り替えたわけですね。電動機も京急1000(Ⅰ)形発生品の75kWだそうです。

ちょっと実車の情報なども学習しながら、Nゲージ化をしようと思います。

by nari-masa | 2011-08-25 20:22 | その他の車輛(N) | Comments(0)
2011年 08月 24日

元・京王5000、来ました。

元・京王5000到着しました。お~TS310じゃ~ごさいませんか。お久しゅうございます♪
(これで分かる人には分かりますね。画像は明日。)

by nari-masa | 2011-08-24 23:23 | その他の車輛(N) | Comments(0)