人気ブログランキング |

新湘南電鐵 横濱工廠archive

shinshonan.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:京急の車輛(N)( 41 )


2012年 01月 19日

鉄コレ 京急1000(Ⅰ)形非冷房車到着

電車市場から通販で発売された鉄コレ 京急1000(Ⅰ)形非冷房車2セット4輌が到着しました。幸いに大きな塗装の乱れもないようです。せっかく京急のモデルなので、床下機器や台車は塗装しようと思いますが、なにしろ今は寒くて塗装どころではありません。いずれまた日を改めて掲載することにします。

by nari-masa | 2012-01-19 19:15 | 京急の車輛(N) | Comments(0)
2012年 01月 14日

鉄コレ京急1000(Ⅰ)形非冷房車入廠決定

本日の電車市場で鉄コレ京急1000(Ⅰ)形を4輌購入できました。OK-18装備の川車製なので1005Fということにします。車輪、ウェイト、TNカプラー、パンタグラフ交換、貫通幌取り付けくらいでN化しようと思いますが、すぐには工事できないので春を待つことになりそうです。

by nari-masa | 2012-01-14 23:20 | 京急の車輛(N) | Comments(0)
2011年 07月 23日

おまけ工作_京急600形4次車4連の動力化

無動力の増結用として竣工した京急600形4次車4連ですが、当廠にはこの車輌にポン付け可能な2モーターのGM製18m級新動力がごろごろしていますので、種別幕を普通としたこともあり、4連でも走行可能なように動力化の追加工作を行ないました。(この在庫があるので無動力を購入したとも言えます。これ以上GMの動力ユニットを増やしたくないので)。
c0207199_12201340.jpg
先日、1500形から取り外したGM製18m級新動力です。台車がTHタイプなので、黄色いお店横浜店で調達してきたTH600動力台車枠をニュートラルグレーに塗装して交換します。
c0207199_12202142.jpg
走らせてみると走行が多少ギクシャクするので、一度動力ユニットを分解してモーターの給油や集電板の清掃などを行ない、再度組み上げました。
c0207199_12202971.jpg
走行テストです。モーターはあまり静粛とは言えないですが、通電が回復したので起動と走行はスムースです。
c0207199_12203945.jpg
Tp2を分解して足回りを交換します。相変わらず動力ユニット用台車枠のほうがカプラーポケットが長いです。
c0207199_12205121.jpg
動力を組み込みました。全くの嵌め込みポン付けです。屋上配管に塗り残しを発見したのであとでタッチアップしておきます。
c0207199_12211069.jpg

他車と連結すると黒染め車輪と銀車輪の差がくっきり分かりますね。この後、動力ユニットを外して無動力の床板に戻しておきました。普段は増結車として運用します。

今まで掲載していなかったアングルも少し。
c0207199_12212720.jpg
妻板です。貫通扉にガラスが入っていませんが、いずれボナファイデからパーツが出るでしょうから、入手して追加します。こうしてみると貫通幌が少し狭いですね。あと本当は上辺がRを描いているのが正しいです。600(Ⅲ)形の貫通幌は佐藤良介さんの「京急クロスシート車の系譜」P137に掲載されていますが、幌枠も白なんですね。
c0207199_12213699.jpg
c0207199_12321013.jpg

MSCとTp2のクーラーです。上から見たらメッシュやルーバーの墨入れ具合が分かるでしょうか?

by nari-masa | 2011-07-23 10:28 | 京急の車輛(N) | Comments(0)
2011年 07月 21日

京急600(Ⅲ)形4次車4連 竣工

京急600(Ⅲ)形4次車4連、6511Fが竣工しました。
c0207199_20285773.jpg
MSCの6514です。乗務員ステップは銀河モデルのN-028BK(黒色)をニュートラルグレーで塗装して取り付けました。車輪はTOMIXの0652旧集電用黒染車輪、1輌分315円でした。
c0207199_2029496.jpg
Tp2の6513です。床下機器は2100形=1000(Ⅱ)形2次車の流用ですね。そのうち宝町製を調達しましょうか。パンタグラフはTOMIXのcPS27とPT7113Dにしています。GMのPT71Aも以前よりは良くなったと思いますが、やはり立ち姿はこちらのほうがいいです。
c0207199_20291137.jpg
T車の6512です。これも床下機器は2100形のTからの流用ですね。車体にはなんの特徴もありません。貫通幌はGMのバルクパーツで、先日黄色いお店横浜店で購入したものです。
c0207199_20291939.jpg
MUCの6511です。
c0207199_20292656.jpg
富士川車輌工業の仕切りステッカーはこんなふうに見えます。やはり、ちょっと浅いですね。
これで京急600(Ⅲ)形4次車4連、6511F、竣工とします。

さて、富士川車輌工業の乗務員室仕切りステッカーには2100形、1000(Ⅱ)形2次車、6次車用なども収録されていますので、それらの車輌にも貼り付けてみました。
c0207199_20391043.jpg
左から2100形、1000(Ⅱ)形6次車、600(Ⅲ)形4次車、1000(Ⅱ)形2次車です。1000形6次車だけがライトユニットの奥行が深くなっています。
c0207199_20391780.jpg
1000形2次車と600形のスカート幅の違い、分かりますか?確かに600形が広く作ってあります。
c0207199_20392620.jpg
斜めから見ると1000形6次車だけ、乗務員扉の窓が見えます。ライトユニットの奥の壁面が実際の仕切り板の位置と一致しているのですね。
c0207199_20393363.jpg

これで京急のカルダン駆動車(TDを含む)が600(Ⅱ)、600(Ⅲ)4次、700(Ⅱ)、800(Ⅱ)、1000(Ⅰ)、1000(Ⅱ)2次、1000(Ⅱ)6次、1500、2000(2扉)、2000(3扉)、2100とスケールモデルで一通り揃いました。あとは600(Ⅲ)のBSTと更新後ですが、正直GM完成車8連は高額すぎます。
ここいら辺で京急はキット組立の吊掛駆動車に戻りたいと思っています(思ってるだけです。実際に着手するのは何時になることか・・・)。ま、のんびりやることにします。
次の入廠はKATOのED16ですが、もう少し先ですね。内燃機関車用のきらめきライトでも入手しましょうか。

by nari-masa | 2011-07-21 21:15 | 京急の車輛(N) | Comments(0)
2011年 07月 19日

京急600(Ⅲ)形4次車 乗務員室仕切ステッカー

台風が接近している地方にお住まいの皆様、どうぞお気をつけて。

富士川車輌工業からこれが届きました。富士川車輌工業って横浜市金沢区の六浦にあるんですね。六浦は京急逗子線の駅ですが、郵便は本線側の横須賀市追浜郵便局から発送されています。ふ~ん。
c0207199_18501182.jpg
京急用の乗務員室仕切ステッカーです。600(Ⅲ)形の他に1000(Ⅱ)形2次車、6次車、2100形用などもあります。GM製完成品または塗装済キットのライトユニットに貼り付けるためのものです。
c0207199_18501971.jpg
で、早速600形(Ⅲ)4次車に貼ってみました。が・・・う~ん、ちょっと微妙かも。ライトユニットの奥行きが浅いのですね。前面窓がもう少しスモークっぽければ良いのかも知れません。ま、真っ黒よりはマシでしょうか。いずれ2100形や1000(Ⅱ)形6次車などにも貼ってみることにします。

by nari-masa | 2011-07-19 19:03 | 京急の車輛(N) | Comments(0)
2011年 07月 15日

京急600(Ⅲ)形整備中・・・完成間近

昨日到着したTOMIXの黒染め車輪を京急600(Ⅲ)形4次車に取り付けました。
c0207199_2043971.jpg
GMの銀車輪の輪芯をグレーに塗ろうと思っていたのですが、この黒染め車輪が入手できたので手抜きしてしまいました。これは旧集電システム用の車輪で、新集電システムのものは使えません。
c0207199_20431842.jpg
側面からみるとこんな感じになります。銀ピカの車輪よりは落ち着いてみえます。
c0207199_2043263.jpg
クーラーにも墨入れをしました。排気ファンのメッシュにも塗ったのですが、あまりよく分かりませんね。
あとは後ろに見える乗務員ステップをグレーに塗って取り付け、富士川車輌に注文した乗務員仕切り板が到着したら貼り付けます。これで600形の整備も一段落となります。

by nari-masa | 2011-07-15 20:54 | 京急の車輛(N) | Comments(0)
2011年 07月 14日

パーツ手配中

京急600形で使用する部品を手配しています。TOMIXの黒染め車輪、乗務員仕切りシール、運転室ステップなどです。工事再開は週明けになりそうです。屋上クーラーには墨入れをしました。

by nari-masa | 2011-07-14 05:24 | 京急の車輛(N) | Comments(0)
2011年 07月 10日

京急600(Ⅲ)形4次車整備中

引き続き、京急600(Ⅲ)形をあれこれ弄くってます。本日は屋上配管や手すりを烏口で色挿ししたのと室内灯の集電バネを目立たないようにタイヤブラックで塗りました。一遍にやればいいのに毎回ばらしては組み、をしています。ま、遊びですから・・・・
c0207199_11221623.jpg
屋上配管の色には諸説(というか色々な種類が)あるのですが、佐藤良介さんの「京急クロスシート車の系譜」に拠れば、600(Ⅲ)形4次車のパイピングは屋根板より明度が高い(白っぽい)ようです。今回は手元にあったGM鉄道カラーの灰色9号にしました。烏口で塗るのにこれが一番粘度が程好くなっていたのです。実際にはもう少し暗い色のようですが、屋根板と同色ではメリハリがつきません。
c0207199_11222332.jpg
配管止めのあるパイピングを烏口でシャープに塗るのはなかなか難しいです。一本のパイプなら結構綺麗に塗れるんですけどね。←単なる言い訳です。最近は烏口なんて仕事でも使いませんし、ウデは鈍る一方です。
c0207199_11222950.jpg
室内に見える室内灯集電バネの銅色をタイヤブラックで塗って落ち着かせました。このタイヤブラック、結構好みの色で、真っ黒でもないし、完全なつや消しでもないし、自然の暗部を表現するには便利な色なのです。もともとは黒ゴムを表現する色で、この電車の窓枠にも使っていますが、カーボンと言っても通用しそうな色です。今度京急電車用パンタグラフのカーボンスライダーにでも使ってみましょうか。
c0207199_11223652.jpg
屋上配管はガンダムグレーのアルコール塗料の上にそのままアクリルラッカーを塗ったのは多少問題があったかも知れません。分かってましたけど面倒だったので。そのうち屋根全体を塗装し直すかも知れません。もちろん気が向いたらで、しないかも知れません。走らせてりゃ分かりませんから(笑

by nari-masa | 2011-07-10 11:46 | 京急の車輛(N) | Comments(0)
2011年 07月 09日

京急600(Ⅲ)形の色挿し中

一旦仮竣工した京急600(Ⅲ)形4次車ですが、続いて色挿しを行なっています。ばらしたりまた組んだりで、そのうち壊れそうです(笑)。
c0207199_13563893.jpg
方向幕や種別幕シールを貼りましたが、現在の京急の運行体系がよく分かっていないので無難に普通・京急川崎行きにしました・・・が、今でも普通川崎行きはあるんでしょうか?乗務員室扉手すりに銀を挿しましたが、例によって1ヶ所失敗(汗)
c0207199_13564520.jpg
前面窓下のワイパーカバー端面が車体色のままだったのでタイヤブラックで塗りました。富士川車輌の仕切りシールでも入手して貼りたいですね。
c0207199_13565189.jpg
台車はGSIクレオスのニュートラルグレーで塗装。結局下塗りはメタルプライマーにしました。貫通扉を白で塗ってからGM製バルクパーツの貫通幌を接着。ドアの緩衝ゴムにはスミ入れペンで色挿し。室内灯の集電スプリングがやはり目立ちますね。黒塗りかな。あとTH600台車は短軸梁式のため車輪が目立つので、次回輪芯をグレーで塗りましょうか。
でも、この車端部の客室窓の位置と大きさ、いいですね~これぞまさに600形!以前のタイプキットが一番似ていない所でしたから。この部分もクロスシートを仕込もうかな。実はこの右側の車輌(6511)の貫通扉塗装中、指に付いた水性アクリル白がボディについてしまい、あわてて水で流しても落ちず・・・結局コンパウンドで磨いて取りました。目立たなくて一安心。しかしミスが増えましたね。歳のせいか(笑)
c0207199_1356572.jpg
窓の断面がやはり赤のままだったのでタイヤブラックで黒塗り。
c0207199_1357530.jpg
座席パーツは整形色のまま未塗装ですが、ヘッドレストに銀を入れました。TP2の屋上配管はそのうち塗りなおします。やはりみっともないw

結局、残工事は
(1)富士川車輌の仕切りシール貼付け
(2)室内灯の集電スプリング黒塗り
(3)車輪輪芯グレー塗装
(4)TP2の屋上配管塗りなおし
くらいが残ってます。

by nari-masa | 2011-07-09 14:12 | 京急の車輛(N) | Comments(0)
2011年 07月 07日

京急600(Ⅲ)形4次車仮竣工

GM製の京急600(Ⅲ)形4次車キットを組みました。ほとんどストレート組みです。
c0207199_18294395.jpg
ヘッドライトユニットは光源を高輝度白色LEDに交換してあります。実は車番インレタの貼付けをミスりまして、この車輌は本当はMSCではなくMUCなのです。車体の違いは貫通幌の吊金具だけなので、屋根板と床板を組み替えて車番はこのままにしてしまいます。床下機器と台車の色が異なるので、いずれ台車も塗りますが、剥がれやすいので下塗りにポリカ用塗料を吹いてみようかと思っています。
c0207199_1829505.jpg
なぜかスカートの取付部に隙間があります。反対側の車輌にはないので、床板の反りだと思います。さすがにみっともないので、いずれ少し手直しします。
c0207199_18295665.jpg
優先席や車椅子マークもインレタ表現ですが、優先席のインレタがなくなってしまいました。屋根も色を変えていません。窓断面の赤が目立ちますので、ここもいずれタイヤブラックで塗ることにします。
c0207199_1830281.jpg
パンタグラフはさすがにGM製を使いたくないので、TOMIXのPT7113Dに銀で吹いて取り付けてあります。
c0207199_1830964.jpg
屋根上の配線は手抜きをしてガンダムグレーのアルコール塗料マーカーで色入れしたのであまり美しくありません。やはり烏口と濃い目のアクリル塗料に勝るものはありませんね。そのうち塗り直します。
c0207199_18301570.jpg
MSC(車番は6511ですが)はスカート取付部に隙間がありません。
c0207199_18302146.jpg
この4連は増結セットで無動力なのですが、古い600(Ⅲ)形タイプキットにGM新動力を組み込んで使っているので、動力車を移植すれば簡単に動力化できます。
c0207199_1830289.jpg
とりあえず軽快な4次車4連が仮竣工しました。あとは貫通扉をアイボリーで塗装してから貫通幌を取り付けます。トップコートは例によって割愛です。

by nari-masa | 2011-07-07 18:49 | 京急の車輛(N) | Comments(0)