新湘南電鐵 横濱工廠archive

shinshonan.exblog.jp
ブログトップ
2018年 12月 31日

新Blog移行のお知らせ

c0207199_231581.jpg

いつも弊Blogをご訪問戴き、まことにありがとうございます。
2009年9月に開設以来、約6年弱継続してきた弊Blogですが、このたび新Blogに移行することに致しました。
内容的には全く変わりませんが、今後は新Blogへのアクセスおよびブックマークをお願い致します。
新Blogはこちらです。

今ご覧のBlogは基本的にアーカイブとなります。
ここに戴いたコメントはレスポンスが遅くなることがありますのでご了承願います。
宜しくお願い致します。
移行日2015.7.20
ちなみに現時点までのアクセス数:約255,600
[PR]

# by nari-masa | 2018-12-31 23:59 | その他
2018年 04月 20日

保守24

392,507
[PR]

# by nari-masa | 2018-04-20 18:17 | その他
2018年 01月 27日

保守23

384868
[PR]

# by nari-masa | 2018-01-27 09:01 | その他
2017年 11月 17日

保守22

375643
[PR]

# by nari-masa | 2017-11-17 09:35 | その他
2017年 05月 05日

電気のお勉強その1 勾配試験線配線図と半固定抵抗

昨年、心ならずも中断してしまった下り勾配抑速制御、BBSで展開していたのですが、こちらに転載しておきます。
BBSからの転載なので話がこま切れになりますが、止むを得ません。
また、話がよく見えないかとも思いますが、あくまで当方の備忘録です。


注意:
こちらに記載する記事のうち技術的内容を含むものは、非技術系の読者の方々にできるだけ平易に理解して戴けるように公式等を簡易化して使用する場合があり、工学的見地からは不正確、あるいは厳密には正しくない記述も含まれます。

(1)この記事を参照して実施された結果に対し、当方は一切の責任を負いません。
※極端な場合、火災事故につながる危険性があります。あくまで「技術っぽい読み物」としてお読みください。

(2)上記の理由で工学的に不正確な記述に対し、高度に工学的な見地からのご意見のコメントはご遠慮願います。
そのような議論がなさりたい方はご自身のBlog上で展開されるか、そのような議論を受け入れる方のHPをお訪ねください。
そのようなコメントは無条件で削除させて戴きます。

(3)ただし、当方の誤認、過誤により記述内容が極端に誤っており、そのままでは非常に危険な場合は是非お知らせください。直ちに修正致します。

c0207199_1317614.jpg
c0207199_13174282.jpg
c0207199_1318289.jpg
こんなレイアウトで、下りで加速してしまうのを抵抗を追加して緩和したいわけです。

下り抑速制御用に購入した半固定抵抗(ポテンショメーター)ですが・・・
買ってから調べるのもアレですが、定格電力が0.5Wしかありませんでした。
仕方がないので固定抵抗とパラレルに配線して微調整用バイパス回路として使うことにしました。
c0207199_1123041.jpg
c0207199_1131328.jpg
c0207199_1132264.jpg
本当はこの固定抵抗を置き換えようと思ったのですが、定格電力0.5Wということは5Vで0.1Aが限界。
上げ過ぎると焼けてしまいます。
c0207199_1161876.jpg

まずは半固定抵抗(ポテンショメーター)です。
表面のダイヤルをドライバーなどで回すと抵抗値が変化します。
その意味では可変抵抗なのですが、運転時の電圧制御に使うレオスタットとは異なり、本来はしょっちゅう回すものではなく、調整が完了したらそのままにしておくものなので半固定抵抗と呼ばれます。
また、主に制御回路の調整に使われるもので、動力用ではないので定格電力がかなり小さいものが多いのです。
今回使用したものも定格電力0.5Wしかありませんので、動力用の12Vをフルにかけた状態で脱線・ショートでもしたら多分焼けてしまいますからバイパス回路として使いました。
これでも状況によってはどうなるか分かりませんが。

c0207199_1162424.jpg

そして現在の配線図です。
コントローラーは1台ですが、P1とP3を分岐側に切り替えると本線を留置線として使えますので、本線列車をR177本線上に止めておいて別の車輌を機関庫からデッキガーダーまで移動させる入れ替え作業とか、P2を渡り側にして下半分だけ周回運転もできます。
抵抗は下り勾配の抑速用ですが、車輌(使用モーター)によって抑速の効果がかなり違いますのでポテンショメーターで適宜複合抵抗を変えてやります。
逆方向に走行させる(55‰を上る)場合はポテンショメーターを0Ωにすると上り下りが同電圧になります。


0.5Wのポテンショメーターを抑速回路に使って本当に大丈夫なのか、電気のお勉強がてら検証しようと思います。

今回は準備編ということで、中学か高校の理科で習った電気の公式を復習しておきましょう。
使うのは2つだけ。

その1
電圧(V)=電流(A)×抵抗(Ω)

その2
電力(W)=電圧(V)×電流(A)

これだけです。
カッコ内は単位です。
その1はオームの法則というやつですね。

技術屋さんはV=IRとかP=IVとか書きますが、慣れないとこんがらかるのでこれ以降は全て上のような漢字表現にします。

また交流(AC)だと色々面倒な計算があるので、全て直流(DC)の話にします。

あと、後々便利なので、小学校の算数で上の公式をちょっと書き換えておきましょう。

その1
電圧(V)=電流(A)×抵抗(Ω)
だから

電流(A)=電圧(V)/抵抗(Ω)
抵抗(Ω)=電圧(V)/電流(A)
/は割り算です。

これら式でその2
電力(W)=電圧(V)×電流(A)
を書き直すと

電力(W)=電流(A)×抵抗(Ω)×電流(A)

電力(W)=電圧(V)×電圧(V)/抵抗(Ω)

と書けます。
というところで、次回からは実際の回路を見ていきましょう。
続きはこちら
[PR]

# by nari-masa | 2017-05-05 23:07 | 電気制御