新湘南電鐵 横濱工廠archive

shinshonan.exblog.jp
ブログトップ
2014年 10月 20日

遠鉄ED28(1) 製作開始

c0207199_2056333.jpg
いよいよネコ・パブリッシングの遠州鉄道ED28の製作に着手しました。まずはこの屋根部品です。この青いモールドのパーツはだいたい青色なのですが、この屋根だけは上面を灰色で塗る必要があります。
c0207199_20564062.jpg
実車はこんな感じで、組立説明書の指定はガルグレーですが、もう少し暗めなタミヤのニュートラルグレーとしました。
c0207199_20564744.jpg
パンタグラフは在庫のKATO PS16Bを当てるため、枕木方向に穴を2ヶ所明けて取り付けました。
c0207199_20565336.jpg
実車の歩み板の足はかなり細いものですが、強度的に制約があるのでそのままとしました。
c0207199_205727.jpg
下廻りは明るい灰色のモールドですが、やや透き通っているので全体にタミヤのニュートラルグレーを吹きました。
c0207199_20571060.jpg
ディスプレイモデルなので車輪はプラ製のものが付属していますが、一応走行可能にするためにNゲージ用車輪に交換します。KATO 中空軸車輪を分解して・・・
c0207199_20571636.jpg
φ1.2のキリでさらい、長さを約1mm切り詰めて・・・
c0207199_20572338.jpg
KATOのスポーク車輪の車軸を交換して組み込みました。
c0207199_20572978.jpg
こんな感じになるのですが・・・
c0207199_20573547.jpg
台車枠を取り付けるとスポークが全く見えません。
c0207199_20574183.jpg
ほぼ、ダメですね。これでは「抜けた」スポークを使う意味がありません。
c0207199_20575252.jpg
で、反対側は中空軸車輪をそのまま取り付けました。うち1軸は将来の動力化を想定してギヤ付き軸とトラクションタイヤ付き車輪にしてみました。
c0207199_2058049.jpg
こうなるのですが、やはりピボット軸は邪魔になるようですので、再交換です。
c0207199_20581031.jpg
実車の足回りはこんな感じです。
c0207199_20581851.jpg
仮にステップと床板を載せてみました。床板はまだ塗装前です。ブレーキシューも未装着。
c0207199_20582615.jpg
車体をポンと置いてみました。このモデルは基本的にプラモデルなんですが、多くのプラモデルやGM製エコノミー板キットにあるような合わせ目のダボやガイドが一切ありません。GMキットなどは精度の悪いガイドのせいで車体の接着がずれてしまうのでわざわざガイドを切除するのですが、このモデルはその必要がありません。但し位置決めは正確に行なう必要があります。
c0207199_20583382.jpg
車体の組み立ては基本的に塗装後になります。今週末に塗装できるといいのですが。
c0207199_20584269.jpg
イメージは近そうです。あとカプラーをどうするか、考えなくてはなりません。動力化はかなり難しそうです。少なくともBトレ用動力などは全く車体に納まりそうにありません。小型のモーターに直接ウォームギアを付けて台車に装架するしかなさそうです。
[PR]

by nari-masa | 2014-10-20 21:31 | 私鉄電機


<< 遠鉄ED28(2) 台車廻り仮完成      重箱の隅の隅の更に隅をつつく ... >>