人気ブログランキング |

新湘南電鐵 横濱工廠archive

shinshonan.exblog.jp
ブログトップ
2014年 02月 16日

BトレEF58を弄る & TOMIX EF15 R103カーブに突入

昨日の雪かきは疲れました。先週の筋肉痛が治っていないところに追い打ちでした。皆様のところはいかがでしたでしょうか?
c0207199_2102732.jpg
KATOのEF10発売が遅れたため、当座の作業がなくなってしまいました。そこでBトレイン・ショーティで作りかけのEF58を少し弄ることにしました。この機関車はカタチにしてみたものの、パンタグラフの間隔が近すぎてあまり食指が動かなかったのと、この機のために動力ユニットを購入する予算がなかったので放っておいたのですが、35年前に入手したKATOチビ客車(子供が小学校に入学した時のプレゼントでした)の動力ユニットを整備して動くようにしたり、京急Bトレに付けていた小型動力を流用したりして動力化することにしました。
c0207199_2104396.jpg
小窓特急色には下枠交差型パンタグラフを付けてみました。実機の124号機がどうだったのかは知りません(笑)。こちらは小型動力ユニットですが、両台車間の隙間をなにかで埋めないと恰好悪いですね。どこかからもう1個台車を持ってきてEFにするとか・・・
c0207199_2105850.jpg
4号機は試験塗装機です。こちらにはチビ客車のユニットを充てますので、EB58ですね。ナンバーはED584ですが、「B」のインレタがないのです。
c0207199_211752.jpg
これもまたEB10みたいに台枠を削り込んで車高を下げなくてはなりません。
動画はBトレとは全然違う話なのですが、スプリングウォーム騒音対策中のTOMIX EF15を冗談でスーパーミニカーブレールR103に通してみましたら、ぎりぎり通りました。第3動輪が脱線することが多いのですが、どこかで復元してしまいます。さすがTOMYは玩具メーカーだと感心してしまいました。


by nari-masa | 2014-02-16 21:24 | フリーランス | Comments(0)


<< KATO スポーク車輪予約      有井EF10-24、R140を通過 >>