人気ブログランキング |

新湘南電鐵 横濱工廠archive

shinshonan.exblog.jp
ブログトップ
2013年 03月 10日

EB10 1次量産車仮竣工

c0207199_10525886.jpg
EB10の先行試作に続き、1次量産車が仮竣工しました。と言っても2輌ですけど(笑)。まだ機番を貼っていません。
c0207199_2057870.jpg
今回はKATOのチビ凸動力を使用しましたが、チビ凸動力は台枠の幅が18mmあり、そのまま内のり17.3mmほどのBトレイン機関車に組み込むと車体が台枠上に乗ってしまいます。上の画像は昨年ストレート組みしたときのものです。
c0207199_20583953.jpg

そこで、KATO動力の台枠幅を狭めます。ニッパーで切断して最後はヤスリとカッターで幅を揃え、ステップは上端を斜めにカットしましたが、車体に組み込めば見えないので仕上げはいい加減です。カプラーはKATOのかもめナックルをM1ナベネジで取り付けてあります。
同時に先日購入した鉛板でウェイトを作ります。幅15×長さ33mm、厚さ1mmを5枚、全部で2.5立方cm、鉛の比重11.34なので全部で28gです。車体側のストッパーをかわすために長さを33mmにしたのですが、車体一杯に詰めれば50mmまで入るので43gくらいまで補重できます。
車体は青濃淡と緑濃淡を組みましたが、動力ユニットは現状1個だけなので着せ替え人形です(^^)
c0207199_2171532.jpg
青濃淡・パンタ後。機関車の肩Rが後続の客車の肩の高さと大体合ってきました。
c0207199_2172872.jpg
青濃淡・パンタ前
c0207199_2172767.jpg
青濃淡・側面
c0207199_2174314.jpg
緑濃淡・パンタ前
c0207199_2175398.jpg
緑濃淡・側面
c0207199_21104848.jpg
上から。
c0207199_21131169.jpg
先行試作車36号機と青濃淡同士の重連。
c0207199_21131825.jpg
青濃淡と緑濃淡の重連。この2輌で客車11輌を十分牽引できます。そのうち特急つばめを牽引させましょうか(笑)

by nari-masa | 2013-03-10 19:35 | フリーランス | Comments(0)


<< 早春の北陸行      本日は・・・ >>