人気ブログランキング |

新湘南電鐵 横濱工廠archive

shinshonan.exblog.jp
ブログトップ
2012年 12月 03日

EB10ごっこ(その1) ← 鉄道模型模型(?) から改題

c0207199_21333133.jpg
今回はちょっと変わったテーマです。

鉄道コレクション 流電52系2次車の発売が来年に繰り下げになったので今年中の入廠車輌がなくなってしまいました。そこで、ちょっとお遊びをしてみようと思います。それが表題の鉄道模型模型。

私のような世代になると子供の頃の鉄道模型はNゲージではなくOゲージやHOゲージ(16番)で、友達や親戚の子が持っていたカツミのフリーランスモデルの記憶が結構鮮明に残っています。自分は買ってもらえなかったんで木と紙でペーパーモデル作ってましたけどね。で、今回はお気楽な軽工作としてあの頃のフリーランス鉄道模型を9mmで模型化してやろうと。だから鉄道模型の模型、なんです。

題材はEB10。と言っても蓄電池機関車出自の凸型電気機関車国鉄EB10ではなくて、かつてカツミが販売していた2車体マンモス電関EH10の2軸化フリーランスモデルですが、バンダイからBトレイン・ショーティとして車体が販売されています。これの模型化にはカツミが協力したそうで、ある意味Bトレ唯一のスケールモデルです。但し実物の電関のスケールモデルではなくて16番フリーランスモデルの1/1.875(80/150)スケールモデル。Bトレの中でもその他の機関車は全て「EF」「ED]ですが、これだけは「EB」を名乗っています。パンタグラフも元になる模型の通り1基です。

まずは第1弾として動力ユニットを入手しました。
c0207199_21321154.jpg
KATOのチビ凸用動力ユニットと

c0207199_21321772.jpg
バンダイの機関車用動力ユニット。



c0207199_21323986.jpg
中身はこんな感じです。2軸でトラクションタイヤはありません。ノイズキラーのコンデンサが昔より小さくなっています(でもなくなっていません)。

c0207199_21324519.jpg
こちらはバンダイ。中国製でホイールベースはKATOより若干短めです。それ以外は大きな差はありません。さすがに台枠は塗装しないとプラ丸出しですね。

c0207199_21325021.jpg
走行させるとこんな感じです。最高速度は高いですが全体が軽く2軸なので若干ラビットスタート気味になります。

c0207199_21325578.jpg
バンダイ製も走行性能、走行音ともだいたいKATO製と同じです。トラクションタイヤもないのでメーカー違いの重連でも十分協調します。

c0207199_2133098.jpg
車体の到着前にカプラー交換作業。いずれもデフォルトはアーノルトカプラーでスプリングは入っていません。

c0207199_2133537.jpg
ばらしてみるとカプラーポケット構造は両社でかなり違います。

c0207199_2133913.jpg
とりあえずナックルカプラーに交換しました。バンダイ製にはEF66タイプ。ポケットについているピンを削り落としてカプラーを組み込んでありますが、まだ中心ピン位置は決めていません。車体が来てからそれに合わせてM1.0ナベネジの位置を決めます。

c0207199_21331480.jpg
KATO製にはナハフ11かもめナックルを使いましたが、少し開き気味なのでもう少しスプリングを調整します。

牽引力は1輌で20m級客車3輌を牽き出すのがやっと。重連で5輌といったところ。車体の方は明日か明後日に到着すると思います。あのEB10の模型なので前照灯くらいつけたいですね。

by nari-masa | 2012-12-03 21:58 | フリーランス | Comments(2)
Commented by トータン at 2012-12-03 23:07 x
EB10ですか~ 懐かしいですね~ 色は水色?のツートーンですか? これは楽しみですね~ こんな記事見てしまったら若返ってしまいそうです(^^V
Commented by nari-masa at 2012-12-03 23:23
トータンさんこんばんは。コメント有難うございます。
これをやろうと思い立ったのは例のEB81-300を見たからなんですよ。ツートンカラーのEB10、懐かしいですね~。グレーと赤、グレーとブルーなんてありましたよね。でも今回はそれらが入手困難なので、EH10色、つまり黒に黄帯と高速試験機EH10-15の茶色なんです。
まあ載せ替えは至って簡単ですから、いずれはツートーンも入手してフリーランスEB10を再現します。EF58-4試験塗装色なんてのもあるんですよ。


<< 調達品      新潟県上越・長野県北信は大雪 >>