新湘南電鐵 横濱工廠archive

shinshonan.exblog.jp
ブログトップ
2009年 11月 29日

京急500形(8)デハ2輌試走

中国地方やら東京やら、あちこち動き回っており、模型のほうがなかなか進捗しませんが、京急500形のデハ2輌の下回りが完成したので、上回りと組み合わせてみました。

動力は鉄コレ17m級Bですが、トレーラーになる方は鉄コレの室内部品を流用してクロスシートを作りこんでみました。実車のクロスシートは車輌の中央部に6ボックス24人分しかなかったそうです。
c0207199_23564956.jpg


上回りを乗せると車内はこんな感じになります。窓枠が太いのであまりよく見えません。
c0207199_046100.jpg
c0207199_0420100.jpg


連結部はTNカプラーの密連型(黒)をボディマウントしました。実車も当初は中間連結器は密連でした(佐藤良介氏著、JTB Can Books刊:京急クロスシート車の系譜P50の写真より)。但し、この4連化改造後では棒連結器になっていると思いますが。
c0207199_012455.jpg


いちおう動力も入り、2連ですが編成になったので、いつもの多摩川(六郷川)橋梁上を試走させてみました。
主電動機を150kWに換装した後であり、吊り掛け車の轟音が響き渡る筈なのですが、鉄コレ動力のお陰で静かすぎます(笑)。
c0207199_05248.jpg


前照灯はキット付属の大型ではなく、屋根板ランナーに付属のシールドビームを取り付けてあります。
このシールドビーム、レンズ部のモールドがちょっとずれていますが、いずれトレジャータウンのパーツに交換します。
c0207199_0105192.jpg


先日、秋葉原の黄色いお店へ行く機会があったので、角型で背の低いベンチレーターを捜したのですが、ちょうどいいものがありませんでした。キット付属のものはサイドにも切り欠きがあり、実車とは異なります。1mmプラバンから切り出せばいいのでしょうが、きれいな長方形に切り出せる自信がありませんし、4輌分42個はちょっとうんざりします。あとは標識灯(尾灯)ですね。バルクパーツで京急400形更新後の前面を入手してありますから、切り出して接着します。

クハ550改のサハ550も側板のドア抜きと下回りは完成しており、ハコにするのみですが、運転台撤去部の接合方法を思案中です。キット説明書の指示通りにするとサッシ部が歪んでしまうのです。まあ、それほど難しい問題ではないので、なんとかなるでしょう。
[PR]

by nari-masa | 2009-11-29 00:25 | 京急500形(N・実車)


<< 京急500形(9) 4輌編成粗...      京急500形4輌 ドア抜き完了... >>