人気ブログランキング |

新湘南電鐵 横濱工廠archive

shinshonan.exblog.jp
ブログトップ
2009年 10月 24日

公団9100形整備完了

公団9100形の整備が完了しました。

有井製はほとんど手をかけるところがないので、簡単に終わります。これが楽しいかどうかは疑問ですが・・・
c0207199_1938091.jpg
c0207199_19382562.jpg
c0207199_19383992.jpg
とりあえず、中間連結器をKATO Nカプラー密連Aに交換、白色LED室内灯組み込み、パンタグラフ塗装・シューに色入れ、行先ステッカー貼り付け(普通・印旛日本医大行きにしましたが、有井のステッカーは選択肢がないですね)。

相変わらず、前照灯ユニットの取り外しは知恵の輪ですね。下手をすると壊します。
c0207199_1940739.jpg
最初はこうなっています。まず、ピンセット等でライトユニットが引っ掛けてある屋根裏中央の突起からライトユニットを浮かせて外します。
c0207199_19413036.jpg
次にライトユニット全体をピンセットで車体後方にスライドさせます。このとき、まっすぐ後方に引くのがポイントです。発光部と導光材との間で分割して発光部のみ外すこともできますが、その状態では絶対に再組み付けできません。一度導光材も抜いて、車体の外で全体を組まないとダメです。
c0207199_19424088.jpg
分解した状態です。ここで行先ステッカーを貼ってしまいます。しかし、上の部品(導光ユニット)の中段にある行先表示器への導光材、斜めのところが粗っぽく切断されていて、一瞬、割ってしまったかと思いましたよ。もう一輌の先頭車を分解したら同じだったのでほっとしましたが、人騒がせな(笑
c0207199_19432668.jpg
ライトユニットを組み上げた状態。この状態のまま、抜いたときと反対に車体の前方にまっすぐスライドさせてそっと押し込み、最後に屋根裏にある突起にライトユニットを引っ掛けます。

もちろん、分解される方は自己責任下で臨機応変かつ的確なご判断よろしくお願いします。
あとは、気が向いたら屋上機器、屋上配管とドア緩衝ゴムの色入れくらいはやろうかと思います。
いまいち京急車でないとトーンがおちまする(笑

by nari-masa | 2009-10-24 20:03 | その他の車輛(N) | Comments(0)


<< 何とかなるのかGM(≠Gene...      GM製パンタグラフ・リニューア... >>