人気ブログランキング |

新湘南電鐵 横濱工廠archive

shinshonan.exblog.jp
ブログトップ
2009年 10月 20日

GM製パンタグラフ・リニューアル品導入・京急菱形パンタグラフ考

GMからパンタグラフがリニューアル発売されたので、さっそく品番5805、PT43Nを購入しました。

京急の菱形パンタグラフには大別して2種類あります。
1995年に実施された120km/h運転に対応するための高速仕様であるPT4323S-A-M、および在来形を高速化改造したPT43E-Kと、120km/h運転をしない800(Ⅱ)形、1000(Ⅰ)形等の車輌に搭載されている在来形のPT43E系です。外観上の相違点は、高速仕様は1本ホーンであるのに対し、在来形はY形ホーンとなっています。

これらをNゲージ模型で再現するために、手持ちの車輌のパンタグラフを以下のように交換しています。
c0207199_221997.jpg
600(Ⅲ)形、1500形、2000(2400)形、都営5300形などの高速形はTOMIXの品番0250、PT4212-S(小田急7000形LSE旧塗装用)をベースに品番0251、WPS27DNのシュー部分を移植して使用しています。WPS27DNは下枠交差形なので幅が狭く、そのままでは付きませんので、カッターで多少切り広げて使いますが、シューが水平になりにくい欠点があります。
c0207199_2304287.jpg
在来形は歴史的な理由で2種類使用しており、KATO製800形やGM製各種キット組立品などの古い模型はTOMIXの品番0212、PT42F(名鉄7000形パノラマカー旧製品、名鉄8800形パノラマDX用)を取り付けています。古い製品ですが当時のKATOのPS16AやGMのPT43に較べれば、幅も実感的でY型ホーンもすっきりしているし、形態もなかなかです。今でも入手できるのもいいです。ただ、取付構造が幅広い爪を引っ掛ける形式で、屋根に大きな穴を開けなければならないのが欠点です。鉄コレのパンタを交換するために屋根に開けられた各種の穴のうち、屋根中央部に2ヶ所開けられたI形の穴がそれです。
c0207199_2220292.jpg
クロスポイントの700形、マイクロの1000形、2000形2扉車等、最近の車輌には、上述のTOMIX品番0250、PT4212-S(小田急7000形LSE旧塗装用)の下枠に品番0252、PT42FN(名鉄パノラマカー・HGリニューアル用)の上枠とシューを移植して使用しています。折り畳み姿勢、立ち姿とも、文句のつけようがないほど端正な形態です。やっぱり菱形(正確には五角形ですが・・・w)パンタグラフはこうでないと。取り付けはφ0.7mmの四つ穴ですが、富士川車輌製のパンタグラフ取付穴用ステッカーかGMのPT71Aに付属の穴明け治具にこのパンタ用の穴を追加して穴明けをします。このパンタグラフには取付台座がモールドされていないので、台座表現があるGMの塗装済みキットは問題ありませんが、KATOの800形やGMの未塗装キットなど屋根に取付台座の表現がない車輌の場合は富士川車輌製の台座を使用します。
c0207199_2311117.jpg
そして今回のGM製、品番5805、PT43Nですが、早速KATO 800形に装着してみました。今回の製品はフリーストップで板バネがないため、屋根にしっくりと付けられますし、モールド表現も旧製品に較べれば向上しています。取付穴はKATO旧型やGM製などと同じ前後方向2穴で、旧製品と互換性があるのも便利です。旧製品同様、台座表現もありますので、GMの未塗装キットなどにいいです。ただ、ほんのわずかな問題なのですが、旧製品の悪弊を引きずってしまっています。上枠が下枠よりほんのわずか(多分0.2~0.3mmでしょう)短いのです。そのため、立ち姿があまり端正に見えません。上枠と下枠の角度が同一でなければならないのです。私はパンタフェチですから、この辺が非常に気になります。(←コダワリ程度の意味ですが、キレイなパンタは大好きですw)
c0207199_2313236.jpg
左のデハ8215はTOMIXの0212:PT42F、右の車輌デハ8252の左側パンタがGM製5805:PT43N、右側のパンタはTOMIXの0250:PT4212-S+0252:PT42FNです。PT42Fはやや小ぶり、また古いPT42FとGM製PT43Nは下枠を取り付ける∩形の部分が目立ちますが、TOMIXの新型、PT4212Sはこの部分が目立たず、細密感を高めています。シューの造形もTOMIXの新型が上でしょうか。(もちろん、これは私の個人的感想です。見方、感じ方は人それぞれですから、異なるご意見を持つ方も当然いらっしゃると思いますが、ご理解願います)。

そのうちGM製にも銀色塗装とシュー色入れをしてみようと思います。

by nari-masa | 2009-10-20 23:05 | 小加工・改造(N) | Comments(2)
Commented by ar-2 at 2009-10-24 22:40
こんばんは。
いや~、この拘りは脱帽です。私なぞはポン付けで満足してしまうんですが(笑
でもやっぱ、きちんとした上昇姿勢を保ったパンタはキレイですよね。
そういえばGMのパンタもリニューアル品がいよいよ流通しているようで、ちょっと気になります。
Commented by nari-masa at 2009-10-24 23:30
ar-2さん、こんばんは。
文中にも書いたように、私はパンタフェチでして(決してパンツフェチではありませんw)
立ち姿の悪いパンタや幅の広すぎるPS16は許せんのです。幅広でいいのは東武の旧型とイタリア車だけです。
GMのリニューアル品、使いましたよ。トラモフレートの通販で入手しました。文中の800形に付けてます。
今日はこのパンタの塗装と色入れをしました。


<< 公団9100形整備完了      都市基盤整備公団9100形2次... >>