新湘南電鐵 横濱工廠archive

shinshonan.exblog.jp
ブログトップ

タグ:KATO ( 50 ) タグの人気記事


2015年 07月 04日

KATO C12 前側カプラーのナックル化

2016.1.4追記:
KATO蒸機(C12,C56)にGM製のナックルカプラーを取り付けた記事はこちらからどうぞ。
C57はこちら

c0207199_18495156.jpg
KATO C12の前側カプラーをナックル化しました。
これでC12得意のバック運転が楽しめます。
c0207199_1849564.jpg
改造前です。
左C56は2012年にナックル化してあります。
右C12はオリジナルのダミーカプラーです。
c0207199_18511687.jpg
このくらい大きさが違います。
やろうと思えばダミーカプラーを削りこんで連結可能にもできそうです。
c0207199_18512393.jpg
左ダミーカプラー、右はC56から外したナックルカプラーです。
c0207199_18513088.jpg
今回使うのは一番左のナックル長(品番Z01-0239)です。
中央が普段使うことが多いナックル短、右がダミーカプラーです。
たまたま当廠にナックル長があったのでそれを使いますが、ナックル短でもやれないことはなさそうです。
ただ、ナハフ11かもめナックルはカプラー取り付け高さが高くなってしまうので難しいです。
c0207199_18513796.jpg
では施工開始です。
まずは根元を切断します。
c0207199_18514273.jpg
ナックルヘッドの下側になる部分、シャンクを切り取ります。
当廠ではデザインナイフを使いました。
c0207199_1851483.jpg
こんな風になります。
c0207199_18515949.jpg
ここにナックルをゴム系接着剤等で固定します。
ちなみに、この方法では自動連結はできません。
c0207199_1852462.jpg
排障器部品にカプラーを軽く接着します。
c0207199_18521333.jpg
透明な板が見えますが、スペーサー代わりの0.1mmポリカ板です。
これを入れることでカプラーが傾くのを防止しています。
なんで傾くのかというと、機関車の前端梁に開いている取付穴が左右対称でないのです。
ここはC56と異なります。
c0207199_1852202.jpg
ほんのわずかなゴム系接着剤をつけて機関車に組み込みました。
カプラー高さも何とか許容範囲内です。
c0207199_18522660.jpg
両方ともナックルカプラーになったC56とC12。
2機ともバック運転が得意技です(^^)。
c0207199_18523379.jpg
全く首を振りませんが、R177で旧客を問題なく牽引できます。
但し、2軸貨車のようにオーバーハングが大きく、カーブでカプラーが大きく外に振れるものはR177を通過できませんでした。
実施時は牽引する車輌や線路条件を考慮して決定してください。
[PR]

by nari-masa | 2015-07-04 19:15 | 蒸気機関車(N) | Comments(8)
2015年 07月 01日

本日は新湘南"蒸気"鉄道 KATO C12入廠

c0207199_2244929.jpg
KATO C12、早速一次整備しました。
カプラー、スノープロウ、ナンバー取付など。
c0207199_2245597.jpg
当廠在籍の蒸機による歓迎会。
さすがに電気鉄道なので蒸機は少ないです。
奥は大御所D51旧製品。
約40年前の製品です。
ここまでなら「信州のどこか」なんですが、右のC57四次形でぶちこわしです(^^;;
c0207199_2251048.jpg
ナンバーは茅野の67号機を付けたのですが、後で調べたら67号機は日立製でした。
メーカーズプレート通りの川崎製だと46号機とか51号機ですね。
c0207199_2252442.jpg
乗務員を乗せるのでキャブを外しました。
わりと簡単。
キャブのすそを少し開くと上に抜けます。
もちろん実施時は自己責宜しくです。
c0207199_2253817.jpg
機関士と罐焚きの機関助士を接着。
例によって下半身や右腕を切断する大手術をしています(^^)
c0207199_2254454.jpg
やっぱり乗務員が乗ると雰囲気が出ます。

本日は新湘南"蒸気"鉄道の動画です。

[PR]

by nari-masa | 2015-07-01 22:17 | 蒸気機関車(N) | Comments(0)
2015年 06月 08日

本日の調達品と入廠車輌

c0207199_2124126.jpg
本日の調達品、その1は車輌ケースの中敷きシート。
キャスコ製で6枚入りです。
c0207199_2124256.jpg
そのキャスコの車輌ケース、20~21m12輌用です。
そろそろ収納がやばくなってきました。
c0207199_21243315.jpg
そして入廠車輌、これ。
c0207199_21244296.jpg
中央東線の低屋根荷物電車、KATOのクモニ83-800。
モーター付いてません。T車ですが、それでも2.5kくらいします。
パンタグラフが片側PS13、片側PS16なのが面白いところ。
何で今、クモニなのか?
赤い車輌に飽きたので青とかクリームの車輌を見たくなったから?それもあります(^^;;
実は、既に失われているのですが、昔HOサイズのクモニ83と115系をペーパーで製作したのです。
東武6000とかオシ16と同じ流れで旧湘南電鐵の車輌の再現なんです。
なので、改造対象ではありません。
c0207199_21244917.jpg
行先は松本が印刷済。
ヘッドライトは明るい電球色で両側点灯します。
微妙な張上げ屋根をうまく表現しています。
c0207199_2124573.jpg
テールライトも両側点灯。
方向幕もちゃんと白色で点灯します。
c0207199_2125539.jpg
この電車は115系800番台と連結するのが一般的ですが、うちには115系がないので鉄コレの山スカ70系と。
c0207199_21251144.jpg
青色はKATOの方が明るいですが、まあ違和感なしです。
ただ鉄コレの走行性が悪く、R177をうまく走りません。
クモニ83はちゃんと通過できます。
c0207199_21251657.jpg
車内の保護棒が透明プラの凸モールド表現ですね。
いずれコクピット色で塗っておくことにします。
[PR]

by nari-masa | 2015-06-08 21:43 | その他の車輛(N) | Comments(4)
2015年 02月 17日

KATO ED19+タキ 走行

c0207199_2126891.jpg
KATO ED19はパンタグラフの関節に赤、標識灯にクリアレッド、ブレーキホースのコックに白の色入れをしました。
c0207199_21261569.jpg
続いてタキとワフのカプラー交換。
c0207199_21262036.jpg
ED19のカプラー短縮はこんな感じです。
この黒いヘッドライト、分売してくれないかな~(^^)
c0207199_21262518.jpg
貨車には車間短縮カプラーを使おうかと思ったのですが、やはり連結がしにくいです。
結局、タキの中間カプラーはカトカプNにしました。
しかし車間短縮カプラーは機関車のナックルカプラーとは「押し付け連結」ができます。
そこでタキの両端は車間短縮カプラーにしてみました。
さて、整備も完了したので走行動画など。
KATO ED19はこれでお仕舞い。
常設線をコトコト走らせながら、またマイクロ旧型機の前照灯交換工事に戻ります。
[PR]

by nari-masa | 2015-02-17 21:37 | 旧型電関(N) | Comments(12)
2015年 02月 16日

KATO ED19 整備完了

c0207199_2201910.jpg
な~んか、あっと言う間に整備完了です。
KATO機は手を入れるところがほとんどないですね(^^)
動力ユニットはモーターの給油(メーカー禁止事項)だけ、行なって組み上げました。
c0207199_220256.jpg
見にくいですが、資料本と首っぴきでブレーキホースを取り付け。
機番は定石通り2号機で。
c0207199_2203130.jpg
パンタグラフは以前に塗ってあった手持ち品に交換しました。
今回発生したパンタグラフは次の機関車のためにいずれ塗っておきます。
c0207199_2285999.jpg
カプラーシャンク短縮も行ないました。約1mm強、引っ込めています。
ミズさん、在来工法で行けましたよ。
あとはパンタ関節にワンポイントの赤を入れるのと標識灯にクリアレッドをかけておしまいです。
この辺と貨車の整備は明日にでも。
完了したら常設試験線で動画でも撮りましょう。
[PR]

by nari-masa | 2015-02-16 22:07 | 旧型電関(N) | Comments(8)
2015年 02月 16日

ED19 各部寸法と内部構造

c0207199_2081575.jpg
さて、早速KATO ED19です。
本当に小さいですが、上信デキ1とか東武ED5060を見慣れているので、外観は驚くほどではありません。
c0207199_2082011.jpg
驚くのはこちら。静かでスムーズな走行です。
ただ、よく聞くとKATO製品の購入直後にありがちな微妙なモーター音はあります。
c0207199_2082827.jpg
で、早速分解。車体が小さいのではめ合いが硬いです。
車体内部にはあちこち段差があり、単純に四角い箱ではありません。
c0207199_2083390.jpg
動力ユニット側面から。
c0207199_2083870.jpg
同・上面。
c0207199_2084398.jpg
同じく底面。
c0207199_2084873.jpg
前面。少しでもダイカストブロックの質量を稼ごうとしてかなり複雑な形状をしています。
c0207199_2085393.jpg
さくっと総ばらししました。
c0207199_2085858.jpg
モーターは今までに見たことがないタイプ。
かなり強いスキューのついた3極モーターです。
c0207199_20936.jpg
こちらが下側です。
もしかしたら発売が遅れた原因はこれか?
フライホイールが大きくできず、従来のモーターではコギングが強く出てスムーズに走らないので急遽このモーターを開発したのかな?
などと、メーカー設計者の心のうちと対話しながら分解するのが楽しいです。
もちろん本当のところは分かりませんが(^^)
さて、ノブえもんさんからご依頼のあった各部寸法、下からどうぞ。

各部寸法はこちら
[PR]

by nari-masa | 2015-02-16 20:29 | 旧型電関(N) | Comments(6)
2014年 11月 03日

解放ピン付きCSナックルのスプリング調整

c0207199_1724612.jpg
本日は他のマグネティックナックル装備の機関車も解放状態を調整しました。画像のEF56はやはりそのままでは解放しませんでしたが、EF57-1と同じ短いスプリングに交換してOKになりました。
c0207199_172525.jpg
それ以降は手持ちの丁度良いスプリングがなくなったので、製品のスプリングをカットして使うことにしました。あまり短くし過ぎると走行中自然解放の恐れが出てきますので、アンカプラー線路上でぎりぎり解放するくらいがいいです。
c0207199_1725829.jpg
これで2巻分ほどカットしています。2軸先輪の旅客用旧型電関は概ねこれくらいで良いようです。もちろん機関車ごとに少しずつ違いがあります。
c0207199_173497.jpg
EF57量産型に組み込んだ状態です。この機関車も製品付属のスプリングのままではアウトでした。
c0207199_1731687.jpg
これでEF57量産型もOKになりました。
c0207199_17395.jpg
試しに鉄道コレクションのNゲージ走行化パーツに付いているスプリングを組み込んでみましたが、これはNGでした。加圧力が強すぎます。
c0207199_1732674.jpg
C57は2巻カットでは足らず、この記事の上から2番目左のバネくらいの長さでOKになりました。
c0207199_1733272.jpg
C56も同じくらいでOKになりました。当廠在籍機でCSタイプのマグネティックナックル装備機はこれだけです。
c0207199_1733864.jpg
試しに板バネ仕様の機関車もテストしてみました。当然マグネティックナックルS短を無加工でポン付けしてあります。EF30はOK。きれいに解放します。
c0207199_1734392.jpg
新動力のEF65もOK。
c0207199_1735265.jpg
旧動力のEF60もOKでした。S短は国内販売されているので、板バネは丁度良い硬さに作られているのですね。
コイルスプリングはマグネティックナックルの設定がないので自然解放防止にやや強めのバネを使っているのかも知れません。あるいは、今までの製品にこのバネをつけてしまったのでCSタイプのマグネティックナックルを国内販売しないとか。交換用スプリングも付属しないと解放不良でクレーム多発しますから(笑)
さて、次回からはちょっと面倒な加工に入ります。まあ、一点物ではないので気は楽ですが(謎)
ところで、来年1月のKATO ED19ですが、結局ED19-2が欲しいのでセットの方を予約しました。
[PR]

by nari-masa | 2014-11-03 17:49 | 旧型電関(N) | Comments(2)
2014年 11月 02日

KATO EF57-1にマグネティックナックルカプラー取り付け

c0207199_2212357.jpg
細かい加工を行なっています。今日はKATO EF57-1の第2エンドだけKATO マグネティックナックルカプラーS短に再交換しました。
c0207199_21542870.jpg
本来、この機関車のナックルカプラーはCSナックル(左)ですが、マグネティックナックルにCSタイプはないので、右のS短を使用します。
c0207199_21591955.jpg
S短をそのまま取り付けてもコイルスプリングではうまく作動しないので、CSナックルとS短のナックルヘッドを分解して・・・
c0207199_21592510.jpg
マグネティックナックルのシャンク部分とCSナックルのナックルヘッドを組み合わせます。
c0207199_21593112.jpg
ところが、ナックルヘッドの付け根の形状が違うため、そのままではうまく閉じません。
c0207199_21593757.jpg
赤丸のリブに干渉するようですので・・・
c0207199_21594341.jpg
リブを切断しました。剛性上の問題はなさそうです。
c0207199_21594998.jpg
ついでに後ろ回りの突起もカットしました。必要かどうかは良く分かりませんが(^^)
c0207199_21595596.jpg
今度はナックルヘッドが軽く動きます。
c0207199_220132.jpg
これを台車に組み込んでみましたが、オリジナルのコイルスプリングでは張力が強すぎてうまく解放しません。
c0207199_220781.jpg
そこで手持ちの短くて弱いバネに交換しました。オリジナルのバネを切断してもいいと思いますが、できるだけ軟らかい(バネ定数の低い)ものがいいので。
c0207199_2201586.jpg
改めて台車に組み込みました。
c0207199_2202116.jpg
マグネティックナックルの場合、調整はシビアなのでシャンクを元の長さまで突き出さないとうまく作動しません。シャンクはこちら側だけ元の長さに戻しました。台車はスペアパーツとして購入しておいた前回のEF57量産機のアッシー品を使いました。
c0207199_2202870.jpg
動作テストです。マグネティックナックルカプラー0S付きの客車を牽いてきて・・・
c0207199_2203576.jpg
アンカプラー線路上で一旦停止するとカプラーが解放します。
c0207199_2204396.jpg
そのまま機関車は客車を置いて引き上げ。
ではアンカップリングを動画で。DUはもう少し調整が必要そうです。

[PR]

by nari-masa | 2014-11-02 22:21 | 旧型電関(N) | Comments(0)
2014年 10月 14日

KATO EF60-500 整備完了(いまごろ・・・)

c0207199_2124139.jpg
EF13、東武ED5060、KATO EF57-1の入廠と整備が続いていたため、7月下旬から工事が停止していたKATO EF60-500特急色ですが、ようやく整備完了に持ち込みました。
ずいぶん前の話ですので当方も経過を忘れています。とりあえずおさらいを。
本日の調達品 EF18資料本と半世紀前の新型電機
EF60-500整備(1)とりあえずカプラー交換
EF60-500整備(2)動力機構の確認とスカート加工
EF60-500整備(3)下廻り完成
EF60-500整備(4)車体弄りとKATO EF571試作品画像
EF60-500整備(5)車体弄り、あと少し & 本日の調達品
ナンバープレートひとつにいつまでかかるのか?EF60苦闘中
c0207199_2131227.jpg
問題はナンバープレートと前面手摺りだったのですが、ナンバープレートはKATO製を使い、裏を薄く削ってはめこみ前面0.2mm、側面0.1mmポリカ板で隙間を埋めました。
c0207199_213041.jpg
屋根上は前回と同じです。
c0207199_2132580.jpg
手すりは銀河モデル製です。線材で完成品レベルの施工をするウデがないので、使えるものは使います。
c0207199_21231587.jpg
509号機は川崎製ですので、川崎のメーカーズプレートを「くろまや」さんのインレタで。
c0207199_2133793.jpg
折角なのであさかぜのHMを付けてみました。
そのうちロングランをしますが、いよいよ20系を何とかしなければ(^^)
[PR]

by nari-masa | 2014-10-14 21:23 | 新型電機(N) | Comments(2)
2014年 10月 11日

KATO EF57-1 動力整備と運転台の色挿し~完工

c0207199_12111694.jpg
ここまでの歩み。
KATO EF57-1 入廠式 & 初期整備(一部手抜きあり)
KATO EF57-1 真面目に?初期整備
3回目で最終回です。KATO EF57-1の動力整備と運転台の色挿しを行ないました。
c0207199_1294171.jpg
動力台車は前回のEF57量産型と同じものでした。左2個が今回のEF57-1、右2個が前回品です。
c0207199_1294733.jpg
動力ユニットも同じものです。左がEF57-1。台車を振り替えて走らせてみましたが、EF57-1の方がうるさかったのでモーターの問題と判断しました。
c0207199_1295247.jpg
モーター回転テスト。やはり今回のEF57-1の方がうるさいです。この辺は下の動画に入れてあります。
c0207199_1295896.jpg
車体から動力ユニットを抜き出します。
c0207199_1210437.jpg
EF15からずっと同じダイカストブロックですね。
c0207199_12101074.jpg
あっさり分解。
c0207199_12101539.jpg
モーターテスト&給油(※モーター給油はメーカー禁止事項です)。
c0207199_12102131.jpg
組み上げました。
c0207199_12102616.jpg
ボディですが、前照灯が少し上向きです。
c0207199_12103125.jpg
手で修正できました。接着はされていません(マイクロ機じゃあるまいし)。
c0207199_12103894.jpg
運転席を青のエナメルで適当に。
c0207199_12104429.jpg
薄いピンクの標識灯(尾灯)は油性アクリルのクリアレッドを被せました。
c0207199_1210515.jpg
乗務員は適当です。多分、駅長か何か(^^)
c0207199_1210573.jpg
まあ、乗ってれば良し。右手上げてますけどすれ違ったカマに同僚でも乗ってたんですかね?
c0207199_1211351.jpg
全体を組み上げて完成。
c0207199_1211919.jpg
あとはギヤ音なのでロングランで馴染ませます。これでEF57-1整備は完工です。
動力の静粛化工事は動画にしました。工事と言っても油を差しただけですけど(^^)

[PR]

by nari-masa | 2014-10-11 12:25 | 旧型電関(N) | Comments(6)