新湘南電鐵 横濱工廠archive

shinshonan.exblog.jp
ブログトップ

タグ:EF58 ( 23 ) タグの人気記事


2014年 03月 31日

EF58とEF18重連で遊ぶ

c0207199_2149699.jpg
EF57-7ダイカストブロック自己崩壊の大惨事から一日、気を取り直して残りの有井製電関の集電シューを交換しようと思ったのですが、EF58-24旧型車体がR177を通過できたのでEF18-33と重連走行させて遊んでしまいました。
c0207199_21491733.jpg
先頭はEF58-24
c0207199_21492958.jpg
後続はEF18-33。奥はTOMIXのEF15ですが、有井の顔の方が柔和ですね。つらら切りのRの差でしょうか。
c0207199_21492399.jpg
この細いロングデッキが大好物です。手すりは柔軟性がなく壊れやすいのですが。
例によってぐるぐる動画ですが、旧型電関重連のジョイント音がなんとも癒されます。その方面がお好きな方だけどうぞ(笑)

[PR]

by nari-masa | 2014-03-31 22:02 | 旧型電関(N) | Comments(0)
2014年 03月 02日

Bトレ EF58-4「試験塗装機」

3月に入ったと言うのに、今日の関東は寒いですね~。
c0207199_16464016.jpg
先日からチラチラ登場していましたが、Bトレイン・ショーティのEF58-4「試験塗装機」が完成しました。左がBトレ、右はKATOのEF58-4試験塗装機です。微妙に色合いが違いますね。
c0207199_16464689.jpg
Bトレはカプラー解放テコの形状が何かおかしいです。安全柵か何かと勘違いしているみたいですね。
c0207199_16465123.jpg
側面です。ショーティ車体に2丁パンタはちょっとおかしいですかね。側面窓はGMエコノミーキットののセルロイド板を貼りましたが、かなり奥まっているので分かりにくいですね。乗務員ステップは銀河製です。
c0207199_16465789.jpg
車番はくろまやさんのインレタです。何度か貼り付けに失敗したので、これはEF584ではなくEF5847の7を削除したものです。メーカーズプレートは丸芝(東芝製で丸い銘板の中に「芝」の文字)なんですが、手持ちがなかったので適当に丸いインレタを貼り付けました。この辺はBトレなのでいい加減です。
c0207199_1647243.jpg
避雷器は銀河モデルの避雷器カバーを被せてあります。ホイッスルも手持ちパーツを取り付け。
c0207199_1647726.jpg
補重は50gでした。トラクションタイヤがないので牽引できる輌数は平坦線で9輌ほどでした。
これでBトレもほぼ終わりです。EF58があと1輌ありますが、もう動力ユニットがないので当分は店晒しにします。3月はKATO EF10と鉄コレ富山地鉄サントラムが入ってくる予定です。
[PR]

by nari-masa | 2014-03-02 17:03 | フリーランス | Comments(0)
2014年 02月 16日

BトレEF58を弄る & TOMIX EF15 R103カーブに突入

昨日の雪かきは疲れました。先週の筋肉痛が治っていないところに追い打ちでした。皆様のところはいかがでしたでしょうか?
c0207199_2102732.jpg
KATOのEF10発売が遅れたため、当座の作業がなくなってしまいました。そこでBトレイン・ショーティで作りかけのEF58を少し弄ることにしました。この機関車はカタチにしてみたものの、パンタグラフの間隔が近すぎてあまり食指が動かなかったのと、この機のために動力ユニットを購入する予算がなかったので放っておいたのですが、35年前に入手したKATOチビ客車(子供が小学校に入学した時のプレゼントでした)の動力ユニットを整備して動くようにしたり、京急Bトレに付けていた小型動力を流用したりして動力化することにしました。
c0207199_2104396.jpg
小窓特急色には下枠交差型パンタグラフを付けてみました。実機の124号機がどうだったのかは知りません(笑)。こちらは小型動力ユニットですが、両台車間の隙間をなにかで埋めないと恰好悪いですね。どこかからもう1個台車を持ってきてEFにするとか・・・
c0207199_2105850.jpg
4号機は試験塗装機です。こちらにはチビ客車のユニットを充てますので、EB58ですね。ナンバーはED584ですが、「B」のインレタがないのです。
c0207199_211752.jpg
これもまたEB10みたいに台枠を削り込んで車高を下げなくてはなりません。
動画はBトレとは全然違う話なのですが、スプリングウォーム騒音対策中のTOMIX EF15を冗談でスーパーミニカーブレールR103に通してみましたら、ぎりぎり通りました。第3動輪が脱線することが多いのですが、どこかで復元してしまいます。さすがTOMYは玩具メーカーだと感心してしまいました。

[PR]

by nari-masa | 2014-02-16 21:24 | フリーランス | Comments(0)
2012年 10月 30日

KATO EF58 動力ユニット分解整備

c0207199_19423534.jpg

最近KATO製旧型電気機関車の動力ユニットをあれこれ分解していますが、今回はもはや旧動力とでも呼ぶべきEF58です。ダイカストブロックが大きいため、車体がスケールより大きくなっていますが、フライホィールが効きすぎるくらい効くので踏破性は抜群です。

動力ユニットの分解は当方の趣味で行なっており、この記事は後日の為の備忘録として残しているものです。分解をお奨めするものではありませんし、その結果に対し一切の責任は負えません。

あ、このEF58は以前に前照灯をLEDに交換していますので、純正ライトユニットが取り付けてありません。

続きはこちらから
[PR]

by nari-masa | 2012-10-30 18:41 | 旧型電関(N) | Comments(1)
2011年 09月 18日

ローフランジの走行性改善その1

EF58小窓特急色を使ってローフランジ車輪の線路追従性を上げる策を試してみることにします。
c0207199_19594649.jpg
まずは車重の掛かりにくい第3動軸を線路に押しつける策ですが、このような部品を使います。M2皿ビスとTOMIXのJS18新集電動力車用スプリング。
c0207199_19595365.jpg
まず台車枠下面にポンチを打ってピンバイスでφ1の穴をあけ、更にφ1.5まで拡げます。下側は皿ビスの頭が入るのでさらっておきます。
c0207199_200198.jpg
その直線上、内台枠にφ2の穴をあけ、
c0207199_200827.jpg
その穴をφ3まで拡げます。
c0207199_200164.jpg
M2皿ビスを台車枠にセルフタッピングで捻じ込んでいきます。
c0207199_2002358.jpg
内側に高さ調整用のナットを入れ、台車を組み上げます。
c0207199_2002952.jpg
上から集電バネ(今回は集電に使うわけではないですが)を嵌め込みます。バネは自由に伸縮するようにしておきます。
c0207199_2003836.jpg
これを動力ユニットに組み込みます。コイルバネがダイカストブロックに接し、第3動輪が浮き上がっているのが分かります。あまり強すぎると第1動軸のトラクションタイヤの効きが悪くなりますので、バネが適当な張力になるようにナットで高さを調整します。
c0207199_2004781.jpg
ボディを被せました。今回は片方の台車だけに施工しました。
c0207199_2005498.jpg
片渡り左右を連続させて線路を組み、走行させました。
c0207199_201118.jpg
このように蛇行して走行します。特に脱線は起きませんが、逆走行でも脱線しないので、このような平坦線ではローフランジでも問題なさそうです。
c0207199_20183.jpg
走行中トラクションタイヤが外れてしまいました。KATOのトラクションは細い上、車輪の溝が浅いので外れやすいですね。TOMIXのトラクションを取り付けてみようとしましたが幅が広すぎてそのままでは取り付けられませんでした。交換部品を手配しないといけませんね。
次は両台車枠を結ぶ復元バネを取り付けたいと思いますが、丁度いい引張バネがありません。HOサイズのパンタグラフ上昇用バネあたりがいいのですが、買えば高額ですし、他に代用できるものがないかちょっと探してみます。
[PR]

by nari-masa | 2011-09-18 20:36 | 旧型電関(N) | Comments(0)
2011年 09月 16日

EF58 小窓特急色によるローフランジ動輪テスト(予告編)

当廠で最も影の薄い機関車、関水のEF58小窓特急色です。そのうち20系でも入手したら寝台特急あさかぜを仕立てて牽引させようと思っておりますが、今はめったに走ることはありません。今回はこの機関車を使ってローフランジ車輪の線路追従性を向上させるテストをしてみようと思います。
c0207199_2148164.jpg
当廠の看板機関車である特別急行牽引機EF584が当初ローフランジ動輪で不調だったため、ハイフランジ動輪を装備していたこの機関車をヤフオクで入手して動輪をEF584に譲り、現在この機関車はローフランジ動輪を履いています。ちなみになぜこの機にしたのかというと、この機がグレーの台車を履いており、動輪の輪心(スポーク)の成形色がEF584と同じグレーなので交換しやすかったからです。別に輪心をはめ換えてもよかったのですけど。
c0207199_2148695.jpg
KATOの旧型電気機関車は主台車枠の下面、ブレーキロッドがかなり低い位置にあります。この辺も線路に引っかかる原因の一つでしょうか。ただ、ローフランジの脱線のしかたは走行中に突然何かにガツンと衝突したような音がして車輪が外れるか、転覆してしまうのですが、原因が良く分かっていません。
c0207199_21481239.jpg
先輪はAssyパーツで先台車を調達したのでハイフランジ車輪のままです。
c0207199_21481792.jpg
本機のローフランジ動輪です。トラクションタイヤは第1動輪に集中しています。
c0207199_21482540.jpg
いま考えているのは引張コイルバネで両台枠を結び、復元性を上げる方法と、圧縮コイルバネで第3動輪を線路に押しつける方法の2つです。線路を組まなくてはならないのでなかなかテストできませんが、おいおい進めていこうと思います。
[PR]

by nari-masa | 2011-09-16 22:38 | 旧型電関(N) | Comments(0)
2011年 09月 12日

仮設勾配試験線

当廠の走行試験線には勾配区間がないため、当廠で整備した機関車が勾配線でどれほどの牽引力を持っているのか不明でした。で、勾配区間を仮設してみました。昔、16番でよく使った手ですがw。これで概ね55‰になります。
c0207199_2065920.jpg
古いグンゼの塗料瓶の高さが55mm、水性塗料が42mmです。曲線はKATOのR315ですから、315×2π=1979mmとなり1周約2m、つまり半周約1mになります。半周で55mm登れば55‰ということになるわけです。ここをEF584に旧客10輌を牽かせて登らせてみました。旧客は全て室内灯を組み込んでいますので、それなりに重いです。
c0207199_207579.jpg
結果として旧客10輌は問題なく牽き上げることができました。全くスリップしませんので、まだ牽けるでしょう。それにしても高架導床がないので不安定で、いまにも転落しそうです。
c0207199_2071283.jpg
当廠のKATO機標準整備仕様で、トラクションタイヤは同一軸集中として第1軸に取り付けています。勾配ではトラクションタイヤを下側にします。
c0207199_2071928.jpg
ついでに有井のEF551も試してみました。これもトラクションタイヤは第1軸集中です・・・・が
c0207199_2072636.jpg
10輌は無理で7輌が限界でした。
勾配線も面白いですね。そのうち66.7‰の常設お座敷(←??)勾配試験線を作ろうかと思います。
[PR]

by nari-masa | 2011-09-12 20:31 | 旧型電関(N) | Comments(3)
2011年 08月 12日

あれやこれやと

本日午後は到着したパーツを使ってあれやこれやと鉄道模型を弄り廻しておりました。
c0207199_17351823.jpg
まずはTOMIXのPT7113Dの避雷器とベースを撤去し、シルバーで塗装して京急600形4次車Tp2のcPS27と交換しました。これで両方ともPT7113Dになりました。ま、見た目にはあまり分からないのですが。
c0207199_17352480.jpg
次に、思い立ってEF58の未塗装パンタを塗装しました。対象機はEF584とEF58148小窓特急色。いずれも黒ではないので今まで未塗装のままにしていました。
c0207199_17353114.jpg
いつもの如く割り箸に明けたφ1.2に取り付け、塗装します。今回はGSIクレオスの軍艦色(Ⅱ)にしました。
c0207199_17353753.jpg
EF584です。この機はメタリックグレーのほうが良かったかもしれません。
c0207199_17354347.jpg
EF58148小窓特急色、パンタはPS15です。これはEF15最終型と同じなので、この色でいいでしょう。
c0207199_17354991.jpg
更に、内燃機関車の前照灯をオレンジLEDからきらめきライト(高輝度白色LED)に交換。この頃の機関車の前照灯は黄色味が強い印象があるので、多少黄色っぽくしました。

あとはDD511のカプラー高さを調整しておりましたが、まだ完了しておりません。この他にもいくつかすることがあるのですが、今度はいつ取り掛かれるか未定です。まあ来週初めにはなんとかできると思いますが、さて?
[PR]

by nari-masa | 2011-08-12 17:51 | 旧型電関(N) | Comments(0)
2010年 12月 25日

雪の降る日はお座敷運転会

昨晩から北陸地方は本格的な降雪に見舞われています。
c0207199_13433799.jpg

こんな日は外に出るのも億劫なので、終日9mmゲージお座敷運転会三昧です。今日は久し振りに在籍する旧型電気機関車を全部引っ張り出し、旧客15輌分の負荷をかけて走行させ、潤滑油を循環させましたが、取り敢えず全機好調に走行しました。

以下、画像です。

こちら
[PR]

by nari-masa | 2010-12-25 14:02 | 旧型電関(N) | Comments(0)
2010年 09月 23日

TOMIX製EF15整備完了

今日は午前中休みが取れたので、ちょっとお座敷運転会を挙行しました。
c0207199_20383034.jpg
前照灯を煌めかせ、旧客を牽引して走行しているのは有井のEF58旧型です。ジャンク品を入手してモーター国産化など足回りを中心にレストアした機関車ですが、この機も前照灯を高輝度白色LED化してあります。
c0207199_20385781.jpg
仕事から戻ってTOMIX製EF15のナックルカプラー取り付けと前照灯LED化改造を実施しました。今回は横浜のきらめき工房さんの「きらめきライト垂直照射型」を使用しました。このライトは取り付け方によってはリード線をクロスさせる必要があります。輝度は水平照射型の方がやや明るいかも知れませんが、導光材の構造によってはこちらのほうが使い勝手がいい場合がありそうです。
c0207199_20395294.jpg
けっこう明るいですね。この機関車のデフォルトは電球式でたいへん暗いのです。
c0207199_2039438.jpg
この高輝度白色LEDも黄色とオレンジのマーカーで電球色を表現しました。まず発光部に黄色のマーカーを濃い目に塗り、点灯させて色味をみながら適当な赤味になるまでオレンジを回りから少しづつ塗り重ねていきます。遮光はアルミテープ貼りまくりで徹底的に行ないました。
c0207199_20395914.jpg
ナックルカプラーはいろいろ悩んだ末、ゴム系接着剤でくっつけるという最も安易な方法にしてしまいました。といってもデッキで引っ掛けてあるので、走行中に引き抜けることはありません。Mカプラーを外した跡に高さ合わせとして鉄コレカプラーの黒色間座部品を成形して接着し、その上にナックルカプラーを接着しました。ナックルカプラーのピンは真鍮パイプを入れてあります。
c0207199_2040637.jpg
ダイカストブロックは日本海軍機コクピット色で塗装しましたが、左右のブロックを固定するボルトを塗らなかったので窓から見えて目立ちますね。
c0207199_20401231.jpg
先輪は銀色で目立つので交換したいのですが、いいものがありません。いっそジャーマングレーで塗装するのもいいかも知れません。
c0207199_20401960.jpg
パンタグラフは前回塗装した集電シューが今一つだったので、一度剥がして塗りなおしました。
c0207199_20402526.jpg
駆動系はタミヤセラミックグリスでグリスアップしましたが、走行音は結局元のまま、盛大な騒音を撒き散らしながら走行します。この機関車に旧客8輌を牽かせてみましたが、特にカプラーにも問題なく、普通に走行しました。これで旧型電気機関車も一段落。KATOからEF57リニュが出るまでは今の陣容でいきます。


ワールド工芸のEF50が欲しいですが、完成品は手が届きませんね。これは尾久をウォッチすることにします。
[PR]

by nari-masa | 2010-09-23 21:11 | 旧型電関(N) | Comments(0)