新湘南電鐵 横濱工廠archive

shinshonan.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 12月 ( 29 )   > この月の画像一覧


2014年 12月 31日

EF552 前面窓嵌め込み工事完了

早いもので、今年ももう大晦日になってしまいました。
なんかあっという間ですね。E5系くらいの速度で1年が過ぎていきます。
皆様、本年中はいろいろとありがとうございました。
来年もまた、弊Blogを宜しくお願い致します。
どうぞ、良いお年をお迎えください。
c0207199_8501462.jpg
ということで、本年最後の工事が完了しました。
手前EF552、向こう側EF551、前面窓嵌め込み工事完了です。
c0207199_8501962.jpg
EF552はこの機関車の戦前の姿を模しておりまして、前面カプラーはカバーがついています。
本当はぶどう色1号なんでしょうが、そこは手抜きで(^^)
c0207199_850256.jpg
EF552を操縦する中山美智機関士。
みっちゃんでもみっち~でも、好きに呼んでください。
って、こらこらみっちゃん、お菓子食べながら機関車運転するんじゃない!
実はみっちゃん、元は車掌さんか駅員さんでして、ホイッスル吹きながら「前方ヨーシ」と安全確認の指差呼称をしているポーズなんです。
決してものを食べながら運転しているわけではないので、本人の名誉のため(?)書き添えておきます(^^)
c0207199_8502953.jpg
では、左みっちゃん、右えっちゃんのツーショットで。高崎機関区(?)の一コマです。
c0207199_850354.jpg
もう1枚貼っておきます。
ということで、良いお年を~
[PR]

by nari-masa | 2014-12-31 09:03 | 旧型電関(N) | Comments(4)
2014年 12月 30日

EF551 前面窓嵌め込み工事完了

c0207199_9334697.jpg
今年も残すところ2日になってしまいましたね。
当廠は猛威を奮ったロッドウィルスED型もようやく終息に向かい、日常業務に復帰しました。
もちろん当廠の業務に休日はなく、むしろ世間様の休日が稼ぎ時となります(当たり前)。
さて、以前からの仕掛かり品、EF551の前面窓嵌め込み工事が完了しました。
c0207199_9341630.jpg
既出ですがマイクロエースオリジナルの前面窓。昔のGMエコノミーキットを彷彿とさせます。
c0207199_9342285.jpg
当廠でマイクロの前面窓パーツを切断して嵌め込んでいたもの。
周囲の隙間がどうにも気に入らず、機関士のえっちゃんからも透明度が鹿沼の先(つまり日光の手前)で、表面が湾曲しているので前方視認性が悪いと苦情が出ていました。
c0207199_9342731.jpg
そこで、このパーツが発売されたのを機に、前面窓の交換工事に着手しました。
平滑性が良くて接着可能な素材となると以前は透明プラバンでしたが、薄いのはコシがないので嵌め込んだ時に曲がってしまいそうで二の足を踏んでいたのです。
と言って塩ビでは接着性に難点があります。
裏からべったりならゴム系接着剤でいいのですが、これの場合は端面で接着しなければなりません。
c0207199_9343219.jpg
なんせ小さなパーツなので工事は困難を極めました。
カッターとニッパーであらかた形状を切り出して、最後は隙間なく嵌め込めるまで油目ヤスリで整形していきます。
窓が傾斜している上、左右2枚はひし形(平行四辺形)になるので余計面倒です。
でも実物ってひし形ではないんですね。
この方法が精神的に楽なのは気に入るまで何度でもやり直せることですね(削り過ぎで3枚ほどオシャカにしています)。
c0207199_9343791.jpg
こんどはえっちゃんもちゃんと見えますね。
c0207199_10495467.jpg
EF551のハンドルを握る水上越子機関士のりりしいお姿を(^^)
c0207199_10518100.jpg
少しだけ画像追加。
c0207199_11224868.jpg
ポリカ板にしたかったもう一つの理由がこれです。太陽光線キラリ。
c0207199_11225610.jpg
プラではこれが難しいです。屈折率とか反射率の関係?やはり平面度ですかね?
次はみっちゃん用の2号機を施工中です。
[PR]

by nari-masa | 2014-12-30 09:58 | 旧型電関(N) | Comments(10)
2014年 12月 29日

マイクロED41 前照灯交換 完工

c0207199_12334232.jpg
マイクロエース ED41 前照灯の交換等が完了しました。
c0207199_12332437.jpg
有井オリジナル カマボコ前照灯。両脇のエアータンクは外してあります。
c0207199_12333026.jpg
KATO クモハ53のヘッドライトに交換しました。工法は以前と同じですので割愛
こちらは横川方(デッキのある方)です。
今回はミッチャクロンを塗布したので、少しは剥げにくいでしょうか?
c0207199_12333654.jpg
デザインナイフで施工中にランボードの端をちょっと削ってしまいました。タッチアップで誤魔化し(^^)
c0207199_12334930.jpg
横川方。乗務員はこちら側のみ搭乗します。
c0207199_12335521.jpg
ブレーキホースやらジャンパーホースみたいなものは良く分からないので適当に取り付けました。
枯れ木も山の賑い。
c0207199_1234420.jpg
軽井沢方。
EF55の後部運転台みたいで至って地味ですね。
一応、標識灯にはクリアレッドを挿していますが、銀で下塗りをしなかったので目立ちません。
気を付けて施工しましたが、幸い庇の下に穴は明きませんでした。
c0207199_12341086.jpg
横川方のほうがデッキもあって恰好良いのですが、1輌しかないので軽井沢方にしか使えません。
横川方にはエアED42が3輌連結してあります(^^)
では完工動画です。スローは実物を見ている分には癒し系でいいのですが、動画にすると無駄に長くてつまらないかも知れませんね。



[PR]

by nari-masa | 2014-12-29 12:49 | 旧型電関(N) | Comments(2)
2014年 12月 28日

マイクロED41 静粛化と集電強化(下廻り工事詳細)

c0207199_12195346.jpg
昨日のマイクロエース製ED41です。これは軽井沢側です。
前面窓はありますが運転台はありません。運転台は横川側のみ。
では下廻り工事の詳細を。例によって長いので、続きは下からどうぞ。
ほんとに長いです。すみません。

続きはこちらから
[PR]

by nari-masa | 2014-12-28 16:38 | 旧型電関(N) | Comments(4)
2014年 12月 27日

マイクロED41入廠 集電強化&静粛化工事

c0207199_22591768.jpg
マイクロのED41が中古で入廠しました。
ED42の原形となったスイス・ブラウンボベリィ製の輸入機です。
2輌だけ輸入されたそうです。
c0207199_230325.jpg
このロッドにやられてしまいました。伝染性ロッドウィルスED型です。
c0207199_22593932.jpg
で、走行音静粛化工事と
c0207199_22595757.jpg
集電強化工事を実施しました。工事過程は後日掲載するとして、本日は結果のみ動画で。
KATOのD51にスローで負けてたまるか~!
なかなか難しいです(^^)

う~ん、みっちゃんに操縦させたかった(^^;;スペースなくて乗務員乗せられません。
c0207199_234342.jpg
あ、そうそう、トータンさん、接着されたパンタグラフを外すのは、裏から爪楊枝で押し出して下さいね~。
[PR]

by nari-masa | 2014-12-27 23:11 | 旧型電関(N) | Comments(7)
2014年 12月 26日

本日はよもやま話

寒いですね。本日で年内のお仕事を終了された方、まだ年末までお仕事される方、お疲れ様です。
EF55の前面窓嵌め込み作業を継続しておりますが、作業途中は記事にしてもあまり面白くないので、本日はよもやま話です。
c0207199_2155161.jpg
まずは先日のEF55改造時に新機構として採用した集電用コイルスプリング張力調整機構をご紹介します。
集電用第1主台車ですが、バネの下に小ネジの頭が見えますね。
集電用コイルバネはこの頭に乗っています。
で、ネジを回して頭を上下させればバネの張力を調整できるわけです。な~んだ、ですよね。
c0207199_2154275.jpg
次は当電鐵のEF552電気機関車(2号機)の機関士をご紹介。ホントど~でもいいけど(^^)
1号機のえっちゃん(水上越子機関士)の後輩、中山美智機関士、みっちゃんです。
c0207199_2154713.jpg
えっちゃんは上越線担当ですが、みっちゃんは信越本線を担当しています。
名前の由来は信越本線と並走する国道18号線。
中山道 → 中山みち(^^;;寒っ
c0207199_216549.jpg
前面窓の嵌め込みに使っているのはこのポリカ板です。
美軌模型店さんのオリジナル製品。0,1mm、0,2mm、0,3mmがあります。
0.1mmでは薄すぎて嵌め込んだ時に歪んでしまって平面度が維持できませんでしたし、0.3mmだと車体側の斜めの面にあたる端面の処理が難しくなるので0.2mmにしました。
窓以外にも薄いスペーサーとしても利用できます。
実際0.1mmのスペーサーって結構入手が難しいです。
塩化ビニルとかセルロイド板に似ていますが、プラスチック用接着剤で接着可能なスグレモノ。
c0207199_2161233.jpg
切り出すとこのくらいの大きさの透明部品。
一応ブルーのビニールが貼ってありますが、ヤスリ作業の邪魔になるので剥がしてしまいます。
c0207199_2161858.jpg
そうすると、飛ばしたが最後発見は困難を極めますので、1mm幅のマスキングテープを貼り付けて作業しています。
これなら落ちても発見が容易です。
c0207199_217813.jpg
本日の入廠機。ロッド伝動~~トータンさんとSSEちょうだいさんに伝染性内台枠ロッドウィルスED型をうつされてしまい、気が付いたらポチっておりました。詳細は後日また。やっぱり集電は悪いです(^^)
[PR]

by nari-masa | 2014-12-26 22:01 | 旧型電関(N) | Comments(9)
2014年 12月 25日

苦しみの始まり・・・EF55前面窓嵌め込み

c0207199_224455.jpg
EF55の前面窓嵌め込み、始めました。0.2mmのポリカーボネート板を使い、1時間半で1枚だけ・・・
c0207199_2245183.jpg
これが有井オリジナルの前面窓です。
c0207199_2245720.jpg
当廠のEF55はその窓パーツを切り離して嵌め込んでいましたが・・・
c0207199_225375.jpg
回りが隙間だらけで、近くで見るとどうにも・・・
c0207199_225823.jpg
で、一旦全部外しまして、
c0207199_2251258.jpg
これが(施工前)・・・
c0207199_2251791.jpg
この程度になりました(施工後・中央のみ)。
あと5枚あります。結構大変です。
あまり仕掛かりを増やしたくないのでEF55だけでも始末してしまおうと考えたのですが、かなりかかりそうな気配です。
東武6000は年末休みに入ってからでしょうか?
[PR]

by nari-masa | 2014-12-25 22:11 | 旧型電関(N) | Comments(4)
2014年 12月 24日

鉄コレ東武6000系(3)ベンチレータ塗装とか、あれこれ

c0207199_20344283.jpg
昨日午前中、鉄コレ東武6000系をバラしてベンチレータ塗装とか、面倒な数物を施工しておりました。
この辺が記事としても一番ツマラナイ部分ですね~。
まあ、これをやらないと完成しませんので(^^;;
c0207199_2035669.jpg
まずはベンチレーターを両面テープで板に貼っておいて、タミヤのニュートラルグレーでスプレー。
やはり気温が低いので、スプレー缶をオユ10(←Locomotoraさんのパクリ)で温めてから吹きました。
c0207199_20344794.jpg
次はモハの屋上配管に色挿し。
学生時代の烏口を使います。最近電車を作っていないので、久しぶりです。
塗料はGMの灰色9号。溶剤が揮発してどろどろになったものにリターダーを加えたくらいが使いやすいです。
c0207199_2034532.jpg
息を止めて引くので身体と心臓によくありませんね。
c0207199_20345813.jpg

床板部品は全体が座席の色で塗られていたので、乗務員室と通路をタミヤのスカイで塗装。
海軍機機内色より少し薄い緑です。まだ完成ではなく、客室内の通路も塗ります。
鉄コレの室内電飾はしないので、あまり見えることはないのですが、まあ気持ちです。
c0207199_20351156.jpg
先日、EF55の納品時にこれ戴きました。KATOカプラーNやナックル、TOMIX密自連とも連結可能なスグレモノ。
ここぞ、というところで使わせて戴きます。Tさん有難うございました。
[PR]

by nari-masa | 2014-12-24 20:55 | 鉄道コレクション | Comments(4)
2014年 12月 23日

緊急検証 マイクロED級「内台枠台車」集電強化

c0207199_16331585.jpg
テスト走行中の「内台枠台車」装備のED17です。
先日のEF55改造でお馴染みH鉄道様(バレバレですね、Tさん)で、マイクロエース製ED42電気機関車が碓氷線めがね橋を走れるように集電強化したい、との記事が掲載されていました。
ED42形はご承知の通りロッド伝動(マイクロの模型はギア駆動のなんちゃってロッド伝動ですが)であるため、「内台枠台車」です。
つまり蒸気機関車の動輪と同じような構造ですね。
c0207199_16332075.jpg
実はマイクロ旧型電機の主台車は全て内台枠台車構造で、外台枠はただの飾りなんですが、当廠仕様ではその裏側を利用してコイルバネを隠していたわけです(有井最新の全軸駆動動力のEF13は外台枠台車です)。
ところが内台枠台車となるとコイルバネの隠し所がなく、丸見え状態になってしまいます。
これはちょっと都合が悪い。
しかし当廠には内台枠台車装備の旧型電機が1輌もないためテストが出来ず、どうしたものかと思案しておりました。
c0207199_16332598.jpg
要するに飾りの外台枠を外し、集電機構が見えずに内台枠だけで走れればいいわけですよね。
ということでED17の外台枠とコイルスプリングを外しました。
集電板丸見え。当然これでは走りません。
(通電金具がダイカストブロックに接しているように見えますが、実際には離れています)。
c0207199_16333068.jpg
使うのは裸銅線です。
これはφ0,3の銅線ですが、もう少し細いものを数本使ったほうが軟らかくて良さそうです。
ビニル被覆電線を剥いたものでもいいと思います。
ただ、モーター電流がそれなりに大きいのであまりに細い銅線だと熱を持ちます。
c0207199_16333541.jpg
これを台車の集電金具に巻き付けて・・・
(当廠にはハンダゴテがないので巻きつけていますが、半田付けしてしまってもかまいません)。
c0207199_16334074.jpg
台車を動力ユニットに組み込みます。
c0207199_16334514.jpg
粘着力が強くて薄手のテープ(画像はアセテート絶縁テープです。ただし今回は絶縁の意味はありません)で銅線をダイカストブロックに貼り付けます。
台車が旋回した時に銅線の長さが極力変わらないようにするため、台車の旋回中心ピンの真横がいいです。
c0207199_17111360.jpg
台車の旋回分くらいは銅線に余裕を持たせておきます。
テープを上端で折り込んであるのは動力を車体に組み込むときに車体裏に貼り付かないようにするためです。
c0207199_163355100.jpg
はい走行~!
この画像の時点では銅線をダイカストの下面に貼っていましたが、動いてしまうのでダイカスト側面貼付に変えました。
c0207199_1634083.jpg
実はED17の車体裏には静粛化のためにアセテートテープが貼ってあったのですが、動力ユニット側に貼ったのでこれは剥がします。
c0207199_1634550.jpg
動力を車体に組み込みました。
裏から見たところです。
銅線が目立つようなら見えるところだけ黒く塗ってもいいです。
c0207199_1634925.jpg
はい走ったね。前照灯もOKです。
c0207199_16341556.jpg
そのまま外台枠台車を飾りとして取り付けました。
良く見れば銅線を巻き付けたところが見えますね。いずれ黒く塗ります。
結局このED17はコイルバネなし、銅線直接通電式の試作機となりました。
ところで、この構想を更に進めると、EF55の集電機構がもう一段進化するように思います。

本日は東武6000系のベンチレータ塗装などしておりましたが、その記事は明日にでも。
[PR]

by nari-masa | 2014-12-23 17:20 | 旧型電関(N) | Comments(6)
2014年 12月 22日

鉄コレ東武6000系(2)カプラー交換とベンチレータ塗装準備

c0207199_22313756.jpg

この記事、非常にアクセスが多いのですが、カプラー交換の話でしたらこちらもどうぞ。
こちらが現在の最終的な形です。

以下に記載しているTOMIXのSカプラー対応TNカプラーは連結が面倒であまり使いやすくありませんでした。
それでもよろしければどうぞ。
以上は2017.1.23に追記しました。

鉄コレ東武6000系、本日はカプラー交換です。
これはデフォルトのアーノルトカプラーで連結した状態。
18m級ほどには連結面間は拡がりませんが、やはり少し広いです。
アーノルトも形態的に下今市~次は~東武日光~なので、やはり何とかしたいところです。
c0207199_22314336.jpg
で、本日の購入品。TomixのSカプラー対応密自連形TNカプラーです。
ボディマウントではなく、台車マウントのカプラーポケットに取り付けてつかうものです。
ストック品が残り少なくなったので購入してきました。
c0207199_22314878.jpg
この6000系に使われているミンデンドイツ台車、住友のFS356、FS357は板バネのホルダーが前後に大きく張り出しているため、ボディマウントのTNカプラーとは干渉してしまいます。
R315くらいは通れますが、当廠のR177は全く通過できません。
それでなくても全部ボディマウントTNカプラーに交換したらとんでもなく高いです。
c0207199_22315370.jpg
で、今までは動力ユニットに付いてくるカプラーポケットにカトカプN密連型Aを組み込んで使っていたのですが、トレーラーにはカトカプが取り付けられるカプラーポケットがついていないので、TT04などの走行セットを購入していました。
しかし走行セットって要するに車輪とウェイトとカプラーポケットなんですが、長くNゲージをやっていれば車輪など売るほどありますし、ウェイトはGMのものでも鉛板でもOKなので結局はカプラーポケットの為に高い金を出しているようなものです。
c0207199_22315812.jpg
で、トレーラー台車に付いているアーノルト用のカプラーホルダーを活用することにしました。
アーノルトカプラーは引っ張れば抜けます。
c0207199_2232436.jpg
密自連型TNカプラーです。24組515円でした。
c0207199_2232944.jpg
2個の部品を組み合わせて使いますが、組んだあと右側のように付け根の両サイドをニッパーでカットします。
c0207199_22321417.jpg
これをカプラーホルダーに斜めに入れて・・・
c0207199_22321949.jpg
ちょいと捻るとこの位置になります。きつすぎてもガタすぎてもうまくないのですが、幅は何回かやってみると呑み込めます。
c0207199_22322545.jpg
台車マウントはボディマウントに較べて剛性がなく、強く押し付けると逃げてしまうので、連結しやすくするためにこの部分を少しカットします。
切り過ぎると全く連結しなくなるので要注意です。
c0207199_2232303.jpg
スペーサー無しでは狭くなりすぎるので、一番薄いスペーサーを片側だけ入れた状態です。
これでもR177は通れないので、結局両側にスペーサーを入れてR177通過可能になりました。
c0207199_22323650.jpg
これで8輌が連結できるようになりました。実はカトカプとTNカプラーの混成です。
c0207199_22324381.jpg
さて、明日の休日も塗装ができそうなので、ベンチレーター全部外してバリを切除して、両面テープで板に貼り付けました。
明日が好天でありますように。
[PR]

by nari-masa | 2014-12-22 23:04 | 鉄道コレクション | Comments(4)