新湘南電鐵 横濱工廠archive

shinshonan.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 10月 ( 22 )   > この月の画像一覧


2013年 10月 31日

有井ED46を弄る(その8)スカート加工

c0207199_832365.jpg

携帯電話を変えたのでカメラテストです。接写は10cmくらいまでで、やはりコンデジほど解像度は良くないです(あたりまえか)。

さて、ED46ですがスカートの加工を始めました。まずはモールドされたジャンパーケーブル、ブレーキホース、解放てこを削り落として別パーツに交換する準備です。右が加工中ですが、ここまでは新規に購入したデザインナイフで切除しました。切れ味良いですね。NTカッターとはかなり違うのが実感できます。このあとは穴明けとペーパーがけ、塗装です。本当に遅々として進みませんね。
[PR]

by nari-masa | 2013-10-31 08:03 | 旧型電関(N) | Comments(0)
2013年 10月 28日

有井ED46を弄る(その7)台車整備完了

c0207199_2251034.jpg
いつもご覧戴き有難うございます。手が遅いものでなかなか進捗せず、申し訳ありません。いよいよ有井の次回作EF13凸型の塗装済サンプル品が出てきましたね。よもや床板が反り返ったあの姿のまま発売されることはないと信じたいですが・・・有井さんなので・・・(^^A;
昨日は気持ちの良い秋晴れでしたが、運転免許証の更新などに行っていたもので、あまり模型弄りができませんでした。ED46は少しずつ匍匐前進をしておりまして、今回は台車廻りの整備とパンタグラフの塗り直しが終わりました。
c0207199_224253.jpg
ED46の車輪は一応黒染めなんですが、動輪の輪心が台車の隙間から光って見えるので田宮の艶消し黒エナメルで塗り潰しました。
c0207199_2243312.jpg
ギヤケースは結局洗浄まではせず、先細の模型用綿棒を購入して中華製グリスを清掃し、田宮のセラミックグリスを充填しました。
c0207199_2244148.jpg
片側の台車を組み上げました。台車枠はメタルプライマーをかけてからジャーマングレーで塗装してあります。もう一方は組み付け手順上、後から組み込みます。
c0207199_2244766.jpg
パンタグラフもライトガンメタルで再塗装。今回はダマになりませんでした。シューのカッパーは暇をみて挿します。交流用なので碍子も白くすべきですかね。
c0207199_2245853.jpg
で、あと下回りはこれだけなんですが、レリーフ状のエアータンクや抵抗器を何とかしたいのです。
c0207199_2245337.jpg
これは中に前照灯ON-OFFのスイッチが入っているため箱状になっているのですが、この機関車を重連で使うことは考えられないので、そもそもスイッチ自体不要です。で、箱の部分を切除してGM床下機器から適当なエアータンクや抵抗器を移植しようと目論んでおります。ジャンクボックスを捜しても大きなエアータンクは無さそうなので、一度秋葉原まで行かなければなりませんね。黄色いお店横浜店が閉店してから不便で困ります。この工事が完了しないと動力ユニットが組み上げられません。それまではスカートでも弄っていることにします。それではまた。
[PR]

by nari-masa | 2013-10-28 22:32 | 旧型電関(N) | Comments(0)
2013年 10月 26日

有井ED46を弄る(その6)モーター交換2

今回の台風27号は関東地方からは比較的離れて通過したようですが、皆様のところは如何でしたでしょうか?災害等ないと良いのですが。
さて、有井ED46のモーター国産化作業の続きですが、フライホイール付きモーターの換装は初めてなので、慎重な作業になります。作業の勘がつかめるまでは無理をすると取り返しがつかないことになりますので。
c0207199_162493.jpg
まずは寸法の確認です。前回画像ですが、交換前のフライホイール外のり寸法は37.2mm。フライホイールの中にユニバーサルジョイントが組み込まれていますので、この寸法をキープしないとプロペラシャフトが外れたり干渉したり、というトラブルの元になります。
c0207199_162914.jpg
フライホイールを外した後のモーター軸全長は28mm。これも長すぎるとユニバーサルジョイントの中でプロペラシャフトと干渉してしまう恐れがあります。
c0207199_1621599.jpg
国産M-5モーターの軸長は38.5mm。

で、ここからモーター軸の切断と長さ切り詰めに入ります。方法は従来と同様、ラジオペンチで軸を保持して中目の組みヤスリで削り込み、先端を折り取ります。
c0207199_1622811.jpg
片側の軸を規定寸法まで削ります。38.5-(38.5-28)/2=33.25mm狙いです。まだ0.1mmほど長めですね。ケースに巻いた粘着テープは切粉がマグネットに付着しないようにするためです。
c0207199_162349.jpg
先端が屈曲したラジオペンチで軸を掴み、ヤスリで削って所定寸法にしていきます。
c0207199_1624656.jpg
反対側も同じ加工をして28mmにします。あと0.1mmのところで止めます。
c0207199_1624095.jpg
モーターをパワーパックに繋いで回しながらヤスリを当ててC面取りをします。昔、TMSで紹介されたドリルレースの動力版。モーターレース、ですかね。この時、端面も仕上げるので全長が28mm丁度になります。
c0207199_1625217.jpg
フライホイールを両側に打ち込みましたが、37.1mmまで入ってしまいました。まあ、多分許容範囲内だと思います。
これでモーターの加工は完了です。
フライホイールの打ち込み方ですが、一応、参考画像を追加しておきます。モーター下の銀色のものはピンバイスの先端部です。フライホイールの端面にユニバーサルジョイントのプラスチックが飛び出しているので、そのままハンマーで打ち込むと破損すると思います。
c0207199_18513996.jpg
上からハンマーで叩きますが、フライホイールを直接叩けないのでモーター軸より細い時計ドライバーを上から入れてモーター軸を叩くようにします。これで左右の打ち込み深さを調整できます。
[PR]

by nari-masa | 2013-10-26 16:26 | 旧型電関(N) | Comments(0)
2013年 10月 23日

クモハ169ー6

c0207199_1385775.jpg

こんなの撮ってしまいました。保存車輛です。金網が邪魔でDT32台車がうまく写らないのが残念です。

画像追加しました。携帯カメラで画質が悪く、かなりしつこいダブり画像もありますが、まあ気持ちの問題で(笑)EF63とかEC40とか189系とかしな鉄115系とか、あります。

以下、画像ばかりです
[PR]

by nari-masa | 2013-10-23 13:08 | その他の車輛(実車) | Comments(0)
2013年 10月 23日

スーパービュー踊り子

c0207199_11234268.jpg

移動の途中、東京駅でスーパービュー踊り子の発車シーンを見ておりました。アテンダントさんが扉の前で出迎えてくれるんですね。坊やとお母さんもお見送り。
[PR]

by nari-masa | 2013-10-23 11:23 | 旅行 | Comments(0)
2013年 10月 21日

有井ED46を弄る(その5)モーター交換

c0207199_13572110.jpg
前回の画像ですが、フライホイール付きの中国製モーターです。今回はこれをTOMIX M-5モーターに交換します。今まで有井製電関のフラホ無しのモーターはほとんどM-5に交換していますが、フラホ付きのモーターを交換するのは今回が初めてです。走行性能や走行音を見る限り、フラホ付きならばそれほど交換の必要性を感じなかったからなのですが、ED46は試作電機ですので、いろいろ新しい試みも加えてみます。
c0207199_13572732.jpg
フライホイールを抜きました。片側は簡単に外れましたが、反対側(ブラシ側)は少し苦労しました。フライホイール外周がキズだらけになってしまいました。
c0207199_13573328.jpg
交換用のM-5モーターですが、軸の長さが全く違います。
c0207199_13573971.jpg
元のモーターは軸長28mm
c0207199_1357444.jpg
M-5は38.5mmなので、両側で10.5mm短縮することになります。38.5mm→33.25mm→28mmという感じですね。
c0207199_13574932.jpg
これも前回画像ですが、最終的にはフライホイールの外のりで37.2mmにします。軸長さ28mm→片側装着で32.6mm→両側装着で37.2mm です。このあとはM-5モーターの軸を切断します。
[PR]

by nari-masa | 2013-10-21 18:54 | 旧型電関(N) | Comments(0)
2013年 10月 20日

有井ED46を弄る(その4) 台車の分解整備

c0207199_10154979.jpg
有井のED46続きです。前回、動力ユニットを分解しましたが台車のギヤまわりに中華グリスがべっとりと付着していましたので、台車の分解清掃を実施しました。
c0207199_1016153.jpg
特にウォームギヤケースまわりの付着がひどいです。EF級は液体のマシンオイルなので除去も楽なのですが、これは粘度の高いグリースです。
c0207199_1016720.jpg
動力台車を分解しました。あちこちギラギラしています。
c0207199_10161391.jpg
綿棒で一次清掃を行いましたが、綿棒がまっ茶色に。もう少し清掃するなら中性洗剤と歯ブラシで洗う方法があるのですが、アイドルギヤを止めている鉄のピンは抜かないと錆びてしまいますね。でも、そこまでやっておきたいです。
※動力台車はあちこち爪で止まっていて手で分解できますが、爪を折ってしまうと代品がありません。分解実施時は全て自己責任でお願いします。古い製品なので多分メーカーにも補修部品はないと思われます。
[PR]

by nari-masa | 2013-10-20 10:24 | 旧型電関(N) | Comments(0)
2013年 10月 18日

有井ED46を弄る(その3) 分解記録画像

これからマイクロエースのED46を分解していきますので、後で復元できるように画像を残しておきます。単なる記録なので最後まで画像ばかりです。
c0207199_20204789.jpg
公式側側面
c0207199_20205641.jpg
第1エンド側前面

以下、全て記録画像です。
[PR]

by nari-masa | 2013-10-18 20:32 | 旧型電関(N) | Comments(0)
2013年 10月 18日

有井ED46を弄る(その2) 屋根上をEF30と比較

c0207199_2215186.jpg
有井ED46とKATO最新EF30の屋根上を比較してみました。
c0207199_2215785.jpg
細密感、立体感がまるで違います。
c0207199_222223.jpg
実機は似たような時期の機関車なのでEF30の車体を入手して屋上部品を交換しようかとも思ったのですが、共通部品は思ったより少ない様です。他を当たらないとダメですね。TOMIX交直流電車の屋根パーツから流用という情報もあったのでちょっと当たってみます。
c0207199_222949.jpg
パンタグラフをIPAに漬けこんで失敗した塗装を剥がしました。また塗り直しです。このパンタグラフも腰が弱いです。上半分TOMIXのPS16とかにできないものですかね?それとも関節に木工ボンドでも塗ってみましょうか?
[PR]

by nari-masa | 2013-10-18 07:48 | 旧型電関(N) | Comments(0)
2013年 10月 17日

ミニミニ一人運転会(2)

c0207199_19315656.jpg
本日は電車編です。やはり14日の画像です。まずは鉄コレ富山地方鉄道14760形。

本日も画像ばかりです。こちらから。
[PR]

by nari-masa | 2013-10-17 19:54 | 京急の車輛(N) | Comments(0)