新湘南電鐵 横濱工廠archive

shinshonan.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:新型電機(N)( 35 )


2015年 07月 15日

TOMIXカプラーナックル化、旧客電飾

c0207199_21413522.jpg
TOMIX電機のカプラーをナックル化する工事ですが、JC61を購入しようと考えていたのですがぼち吉鉄道さんが教えて下さったこちらのBlog様の工法でやってみました。
c0207199_2141415.jpg
EF66ナックルのため柄の部分の高さが高く、機関車によってはスカートの切り欠きに干渉する場合があります。
ED62は引っ掛かってしまいましたが、こちらEF60は大丈夫でした。
最終的にはJC61の方が無難な気がしますが、切り欠きを少し切り拡げるなどすればこれも十分使えそうです。
ぼち吉鉄道さん、ご教示有難うございましたm(_ _)m

c0207199_21414729.jpg
さて旧客電飾、TOMIXのオハ61系3輌が電球色LEDで完工しました。
残りはマイクロの八甲田、スハ43系4輌を残すのみです。
TOMIXとマイクロの客車はどうしても室内灯のチラツキが出ますが、車軸のピボットを受ける軸受金具の凹部を先が尖った綿棒で清掃するとかなり改善されるようです。
清掃に使った綿棒は真っ黒になります。
昨日よりはマシ35ですが、やはり作業室は暑いです。
明日は台風が近づく由、皆様お気をつけください。
[PR]

by nari-masa | 2015-07-15 21:54 | 新型電機(N) | Comments(6)
2015年 07月 13日

TOMIX ED62入廠

c0207199_20433937.jpg
急に暑くなりましたね。
本日はこれが入廠しました。
TOMIX ED62、リニューアルの再生産品です。
先日整備させて戴いたH鉄道様のED61とは動力が違います。
ちょっと走らせましたが、さすがに静か&スムーズ。
c0207199_20434532.jpg
ED62ですから1軸中間台車があります。
c0207199_20435153.jpg
これが大きく左右に動くので、かなり小さなカーブも通過できます。
c0207199_2043568.jpg
なぜかライトはオレンジLEDのまま。
カプラーはアーノルトで、交換用のTN密自連が付属しています。
その密自連がホルダー一体式になってしまったため、KATOのナックルがポン付けできなくなりました。
c0207199_2044181.jpg
しかたがないのでとりあえずTN化。
今日は作業室が暑すぎるため、これで退散です。
c0207199_2044692.jpg
昨日は終日、旧客の室内部品を塗装しておりましたが、暑さとシンナーやエナメル溶剤の臭いでヘロヘロになってしまいました。
とりあえずTOMIXの旧客3輌、マイクロエース八甲田6輌(マニは除外)を塗り終わりました。
c0207199_20441173.jpg
マイクロのナハ11の電飾が終わりました。
これは白色LEDで、室内の床も灰色9号で塗ってあります。
c0207199_20441637.jpg
近代型は白色が似合いますね。

昨日、急行「津軽」の走行動画をUPしましたが、10系寝台車ができるといろいろな急行を再現できます。
細かいサボは無視の方向で(^^;;
当廠のC57四次形、やっと出番が来たようです。
今までは牽くものがなかったのですが、同じ10系寝台急行「日南3号」が概ね再現できます。
オロはスロで代用し、1輌はマイクロの八甲田から流用、ナハも八甲田から。
ナハフはないのでオハフ33で代用の7輌編成。

では、おまけ動画、急行「日南ちゃって3号」 走行動画です。


[PR]

by nari-masa | 2015-07-13 21:02 | 新型電機(N) | Comments(6)
2015年 06月 26日

ED61 走行音静粛化

c0207199_22464587.jpg
さて、ED61の走行音低減です。
この時期のTOMIX製品はあちこちに隙間があり、モーターが振動するとダイカストブロックにぶつかって音が出ます。
で、モーターをアセテートテープでぐるぐるまきに(^^)
ローターの冷却のために一部は開けておきます。
c0207199_22465188.jpg
ダイカストブロックにしっくり嵌るまで巻きました。
c0207199_22465813.jpg
機内色でテープを塗装。
Tさんの安全色とは少し色調が異なりますが、近似色ということで。
c0207199_2247327.jpg
ダイカストブロックにもアセテートテープを貼り付けてボディの共振を止めます。
スプリングウォームとしてはこんなところではないでしょうか?
あとはもう少し慣らし運転ですね。
とりあえず現在の到達点を動画で。
いつものぐるぐる回りですが。


さて本日の入廠品です。
c0207199_22553973.jpg
そのうち作りますが、その前に仕掛かり品を片付けないと(^^;;
C12は7月3日か4日到着のようです。
[PR]

by nari-masa | 2015-06-26 22:57 | 新型電機(N) | Comments(6)
2015年 06月 25日

ED61 一次整備完了

c0207199_21372748.jpg
H鉄道様からお預かりしているED61の一次整備が完了しました。
c0207199_21373398.jpg
本日は台車を分解しましたが、これもグリスが多いです。
c0207199_21373883.jpg
で、さっぱりと清掃しました。
拭き取っただけなので油分は残っていますが、そのくらいがちょうど良いかと思います。
c0207199_21374378.jpg
グリスが付いてしまった集電コイルスプリングは念のために新品に交換しました。
c0207199_21375073.jpg
台車の再組立て完了です。
c0207199_21375580.jpg
当廠のTOMIX EF15と同じモーターなので、リジッドウォームが使えないかと試してみましたが、台車中心間距離が異なるためウォームの駆動機構が組み込めませんでした。
上がED61、下がEF15のダイカストブロックです。
これは断念。
c0207199_2138123.jpg
そのままスプリングウォームを使うことにして、低速で回してみると先端が振れています。
スプリングウォームの騒音の大きな原因の一つがこのスプリングウォームの振れです。
これがウォームホルダーの壁を叩いて音が大きくなります。
注意:この状態で高速で回すとスプリングウォームが大きく振れ回って曲がってしまいます。
c0207199_2138637.jpg
できるだけ真直になるように手で曲げ直しました。
c0207199_21381126.jpg
ダイカストブロックに組み付けて、ギア部にモリブデングリスを少量。
集電スプリングの先端には接点グリスを少量。
c0207199_2138168.jpg
スカートですが、ナックルカプラーの高さを上げたので開口部の角に引っ掛かる恐れが出ましたので・・・
c0207199_21382488.jpg
少し斜めに削ぎました。
c0207199_21383110.jpg
これで一旦組み上げました。
c0207199_2138377.jpg
ボディを取り付けて急行津軽を繋いでみました。
R177走行でもカプラーが外れることもなく、問題なく走行しました。
このあと、もう一度分解して要所に給油をしていきながら静音化のトライをします。
集電の妨げにならない程度に(^^)

現時点の走行動画です。


c0207199_21384456.jpg
話変わって本日の調達品です。
10系寝台車のモケットを表現するエヌ小屋製のシートです。
レーザーカッターで「もう切れてますよ」状態。
大量の寝台に恐れをなして、手抜きで市販品で済ませてしまいます。
[PR]

by nari-masa | 2015-06-25 22:25 | 新型電機(N) | Comments(4)
2015年 06月 24日

本日の入廠車輌(全検整備受託)

c0207199_22245539.jpg
本日の入廠車輌です。
と言っても自社購入車輌ではなく、久々にH鉄道様から全検整備を受託しました。
c0207199_22251736.jpg
TOMIX ED61旧製品。
好ましいED級新型電機です。
c0207199_22252380.jpg
似た顔同士で早速お友達に(^^)
c0207199_22255543.jpg
冗談は顔だけにして、早速分解してみます。
前照灯はH鉄道様のTさんが既に交換なさっているので配線を切らないように外して、ボディはケースにしまって保管します。
c0207199_2226934.jpg
カプラー交換でご苦労なさっておられたので、当廠仕様でKATOナックルにしておきました。
手持ちがなく、片方のドラムが色違いですが、ほとんど見えませんのでご容赦の程を。
外したカプラーは同梱でお返しします。
c0207199_22261589.jpg
高さもこんなもので宜しいかと。
c0207199_2226203.jpg
突出し量もそこそこ良さそうです。
これは最後に何か牽引して検証することにしましょう。
c0207199_22263353.jpg
この画像は時系列が前後しますが、台車を外してみるとグリスの量がかなり多いようです。
c0207199_22263980.jpg
通電スプリングにも付着した、このグリスが通電不良の原因?
c0207199_2226473.jpg
ダイカストブロックの中、スプリングが接触する面もかなりのグリスが。
接点グリスなど通電性のグリスならいいのですが・・・
c0207199_22265465.jpg
動力ユニットを全バラシ。
モーターは5極モーターM-4です。
スプリングウォームまわりが真っ黒ですが、これはモリブデングリスですかね?
c0207199_22265985.jpg
とりあえず徹底清掃、開始~
c0207199_2227443.jpg
完了~(^^)
本日はこれで時間切れ、台車は明日清掃します。
入廠直後に走行テストをしたのですが、試験線では特に止まることはありませんでした。
走行音は方向によって違うようですが、これはスプリングウォームの特性です。
[PR]

by nari-masa | 2015-06-24 22:46 | 新型電機(N) | Comments(6)
2015年 05月 20日

一話完結 マイクロEF61緊急工事?スカート肉厚改善

c0207199_22423199.jpg
本日は一話完結の工事です。
マイクロエースEF61のスカート肉厚改善工事。
c0207199_2231141.jpg
画像はTOMIX EF60-0ですが、スカートのこの部分、KATOやTOMIXは薄く見えるように作られています。
c0207199_22312044.jpg
ところがマイクロエースの機関車はここが分厚く見えるのです。
以前、ED46の整備ではきちんと加工したのですが、先日のEF61整備工事の際、ここを見落としてしまいました。
c0207199_2231269.jpg
で、緊急工事を実施しました。
なにも緊急性はないのですが、健忘症が進んでいるため放っておくと忘れてしまいますので、思い立ったが吉日。
この部分をナイフとやすりで薄くそいでいきます。
c0207199_22313239.jpg
左が加工前、右が加工後です。
c0207199_22313897.jpg
斜めにみるとこうなります。左加工前、右加工後。
c0207199_22314567.jpg
加工が完了しましたので機関車に取り付けました。
こんどは肉厚が見えなくなりました。
これで本当にEF61整備完工です。
何回目の完工でしょう?(^^;;
この作業、交流電機4輌分8個、全部やるんです。ははは。
[PR]

by nari-masa | 2015-05-20 22:40 | 新型電機(N) | Comments(2)
2015年 05月 06日

TOMIX EF60とマイクロEF61

c0207199_1495916.jpg
マイクロEF61が完工しましたので、TOMIX EF60と並べてみました。
EF61という機関車はせいぜい「EF60にSGを付けた機関車」くらいの認識だったのですが、並べてみるとかなり長さが違います。
手前TOMIX EF60二次車、向こう側マイクロエースEF61-8です。
c0207199_1493891.jpg
上から見ると、左側(第2エンド)は屋根上を含めてあまり変わりませんが、右側(第1エンド)がいろいろ長くなっているようです。
c0207199_149494.jpg
第2エンドを揃えると・・・
c0207199_1495463.jpg
第1エンドはこのくらい長さが違います。
c0207199_1494432.jpg
この2機は塗色を含めてほとんど違和感がありませんね。

ではEF61の最後、EF60との走行と、スロー運転を動画で。

[PR]

by nari-masa | 2015-05-06 14:20 | 新型電機(N) | Comments(4)
2015年 05月 05日

マイクロエースEF61 整備完工

c0207199_2074522.jpg
マイクロエースEF61、電飾が終わり、整備完工しました。
電飾はいつものきらめきライト水平型ですが、やっぱり一つ目大目玉はいいですね~。
c0207199_2081287.jpg
パンタグラフはライトガンメタルにワンポイントで関節に赤を。
EF60、61独特のカバーのない避雷器は碍子を白で塗りました。
c0207199_2081821.jpg
誘導員手摺りはもともと付いていたもの。
カプラー解放テコは太過ぎたので撤去し、TOMIXのED76補修パーツを車体に付け直しました。
c0207199_2012530.jpg
スカートはGSIクレオスのニュートラルグレーで吹き直しました。
その上でもう一度通風口に水性グレーで墨入れしました。
この手の機関車はブレーキホースが1本なので楽ですね。
c0207199_2082234.jpg
この弓形集電バネの腰が弱くて時として走行不良の原因になるので・・・
c0207199_2083188.jpg
TOMIXのコイルスプリングに交換しました。
目立たないように黒で塗り潰してあります。
これでEF61は完工となります。
次は交流電機ですかね。
[PR]

by nari-masa | 2015-05-05 20:23 | 新型電機(N) | Comments(2)
2015年 05月 04日

EF61動力整備

c0207199_2116346.jpg
本日はEF61の動力整備です。
動力ユニットはマイクロ名物弓形集電板を使用する旧型ユニットのようです。
c0207199_2116863.jpg
その前にスカートにブレーキホースを取り付け、オーバースケールのカプラー解放テコを外しました。
テコの取付穴は簡単に埋めておきました。
c0207199_2116121.jpg
カプラー解放テコは実車どおり車体下部に取り付けました。
c0207199_21161894.jpg
さて動力ユニットです。
旧型ながらフライホイール付きですので、EF80と同型でした。
c0207199_21162668.jpg
ゴム製のモーターホルダーに切込みを入れて外します。
c0207199_21163260.jpg
いつもの如く、コンパウンドで軸をラップ
c0207199_21163692.jpg
その後にモリブデングリスを給油(どちらもメーカー禁止事項です)。
c0207199_21281473.jpg
組み上げて回転試験した時に気が付いたのですが、モーターを回して時計ドライバーをこのウォーム軸受に当てた時、振動しているようだと走行音が大きくなります。
原因はゴムチューブの芯が出ていないためのようで、再調整したらずいぶん良くなりました。
旧型動力全般に言えることですので、台車取付前に確認すると良さそうです。
例の弓形集電板は当廠標準のコイルバネに交換しました。

では施工前後の走行音を動画で。
施工前はノイズが大きいので音量にご注意ください。
さて、残るは電飾だけです。
[PR]

by nari-masa | 2015-05-04 21:34 | 新型電機(N) | Comments(4)
2015年 04月 27日

マイクロエースEF61入廠

c0207199_21312371.jpg
久し振りにED2911以外の話題、かつ久し振りの入廠報告です。
マイクロエースEF61-8茶色・ベストリニューアル仕様!
2006年6月に旧製品のリニューアルで発売された製品ですが、それから早くも9年が経っています。
c0207199_21312860.jpg
リニューアル品なので誘導員手摺りやカプラー解放テコが最初から付いています。
少し太いですが、この時代としては精一杯頑張ったと言えるでしょう。
この時期の製品の常で、ヘッドライトはオレンジ色LED。
電球式でないのがせめてもの救い?です。
c0207199_21382383.jpg
この製品の特徴はテールライトも赤色LEDで点灯することですが、牽引中に点灯しても・・・
まあ、いいか(^^)
c0207199_21313423.jpg
良く似た機関車を並べてみました。TOMIX EF60二次車・茶色です。
前面窓の角Rの大きさと中桟の太さが少し違いますが、どちらかと言えばTOMIXの方が似ていますかね~?
それともEF61はこんな顔なのか?
c0207199_21314132.jpg
大目玉一つ目小僧集団がお出迎え。
EF70はブタ鼻を外して無理矢理一つ目化しました。
良く見るとEF70のライト上下に凹みがあります。
ブタ鼻の向きを決めるための溝ですが、そのうち溶きパテで埋めます。
c0207199_21314712.jpg
機番EF61-8とメーカーズプレート「川崎」は印刷済み。
車体は塗装の肌理が細かくて綺麗なぶどう色2号です。
この通風ルーバー、昔のカツミ・HOフリーランスED100のプロトタイプです。懐かしい。
c0207199_21315254.jpg
早速動力ユニットを外しました。
最初の走行音はやはり煩いです。
また静粛化工事ですね。
ダイカストブロックは旧型の2つ割タイプ+フラホ付きでEF80と同じでした。
2006年製なので大丈夫とは思いましたがダイカストの自己崩壊もなく、一安心です。
c0207199_21315824.jpg
集電板は例の弓形です。
ここはコイルスプリング化しましょう。
ということで、明日からあちこち弄っていきます。

c0207199_2132483.jpg
ED2911の方は窓入れ1日1枚運動絶賛実施中です。
今日の施工は1枚だけ。
2枚目をやったのですが、集中が切れてことごとく失敗(^^;;

c0207199_21321146.jpg
記念撮影でEF70を引っ張り出したので、ついでにこの短か過ぎるカプラーを修正します。
c0207199_2132174.jpg
どういう訳か、この機関車だけカプラーホルダー位置がかなり奥に引っ込んでいるのです。
c0207199_21322255.jpg
KATOのロングシャンクに再交換しましたが、今度は少し飛び出し気味になりました。
まあ、連結できないよりはいいので、そのうちにまた修正しましょう。
[PR]

by nari-masa | 2015-04-27 22:08 | 新型電機(N) | Comments(8)