新湘南電鐵 横濱工廠archive

shinshonan.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:鉄道コレクション( 35 )


2015年 05月 02日

鉄コレ 東武ヨ101の初期整備

c0207199_1926404.jpg
気を取り直して、本日は鉄コレ 東武ヨ101の初期整備(入線整備)を行ないました。
発売から1ヶ月も経ちますから、インプレはあちこちのBlog様で語られていますので割愛します。
c0207199_1926731.jpg
パッケージを開封したところですが、鉄コレにしては別付けパーツが多いです。
気合が入っているのか手抜きなのか・・・前者と信じたい。
c0207199_19261254.jpg
カプラーはちょっと悩みましたが、KATO車間短縮ナックルに。
他のカプラーでは取り付け高さが低くなってしまいました。
真ん中のように加工して鉄コレのポケットにはめ込みます。
c0207199_19261948.jpg
こんなふうになりますが、このポケットは短すぎたので鉄コレ余剰品の長いポケットに交換しました。
c0207199_19262477.jpg
車輪は「抜けた」スポークに交換しましたが、電飾時には集電のために中空車輪に再交換します。
スポークは全然見えません。
手摺りの取り付けは結構たいへん。
最後は接着しないと外れてしまいます。
c0207199_19263073.jpg
印刷はかなりのレベルです。
小さな文字も破綻がありません。
c0207199_19263562.jpg
早速東武ED5060に牽かせてみました。
真ん中にトムフが挟まっているのは、車体が軽いうえカプラーの首振りが小さいので機関車で直接牽くとR177で脱線するからです(^^;;
c0207199_19264536.jpg
屋根上にはベンチレーターだか煙突カバーだかがあるそうなので、いずれ手持ちの京急1000形/2100形用ベンチレーターを取り付けます。
c0207199_19265088.jpg
なかなか好ましい造形ですね。
c0207199_19265672.jpg
これも暇をみて少しずつ弄っていきましょう。
[PR]

by nari-masa | 2015-05-02 20:17 | 鉄道コレクション | Comments(2)
2015年 01月 26日

鉄コレ電飾通電改良の横展開 東武6000、国鉄52系

c0207199_2117412.jpg
先日、鉄コレ電飾時の通電方法改良記事を載せましたが、他の車輌にも横展開をしました。
c0207199_2117472.jpg
1輌は東武6000系です。
通電金具を外して・・・
c0207199_21175424.jpg
先日と同じアルミテープ接触による上下分離型通電方式に改造しました。
c0207199_21175972.jpg
点灯OKです。
c0207199_21181665.jpg
クモハ52も同様の改造を行ないました。
c0207199_21182031.jpg
これも点灯OK。
この工法もほぼ安定したようです。
これで鉄コレ電飾の通電改良は終わりです。

あとはマイクロ旧型EF貨物機の前照灯交換とC形機関車の窓ハメコミですね。
当分変わり映えのしない工事が続きますが、これをやってしまわないと仕掛かりばかり増えますので、粛々と進めます。
[PR]

by nari-masa | 2015-01-26 21:28 | 鉄道コレクション | Comments(4)
2015年 01月 20日

鉄コレ 電飾用通電方式改善(上下分離式)東武5700 1話完結

c0207199_22205751.jpg
鉄道コレクションの電飾用通電方式を改善しました。
本日は1話完結です。
c0207199_19352060.jpg
今まで、当廠では鉄コレの電飾は動力車のみで、動力ユニットにこんな金具を付けて・・・
c0207199_2221892.jpg
きらめきライトの銅線を接触、または巻き付けて通電していました。
しかし、この方法ではメンテナンス等で車体と動力ユニットを分離するときに誤って銅線を引っ張ってしまい、切断する恐れがありました。
そんな折、きらめきライトの製造販売元である美軌模型店店主さんのBlog「美軌模型店の待合室」にこんな記事が掲載されました。
これにヒントを得て、通電方式を改善して車体上下分離を可能にすることにしました。
c0207199_22211410.jpg
まずは一度金具類を外し・・・
c0207199_22214477.jpg
動力ユニットの隙間に銅線を入れて通電板に接触させ、電極を引きだします。
c0207199_22215052.jpg
通電に使うのはアルミテープですが、糊面は基本的に通電しないと考えて、アルミテープの端を1mmほど折り返します。
これが今回のキモです。
両側折り返してもいいかもです。
c0207199_22215630.jpg
動力ユニットの両側面中央部に長いアルミテープを貼りつけ、その表面に動力ユニットから引き出した銅線を更にアルミテープで固定します。
この固定用テープに先ほどの折り返しテープを使うと、全面が通電に使えるようになります。
つまり、どこに接触してもOK。
これは動力ユニットですが、トレーラー用床板でも同じことができます。これも重要。テストに出ます(^^;;
c0207199_2222752.jpg
車体側のきらめきライトの銅線は窓ガラスパーツの隙間を通してPPテープで抑え、・・・
c0207199_22221275.jpg
同様に折り返しテープで窓ガラスパーツの中央に貼り付けます。
これだとアルミテープが接触しているのか銅線が接触しているのか良く分かりませんが、とにかくどこかで通電していればOKなんです。
c0207199_22205751.jpg
これで車体上下の分離を可能としたまま通電が可能となりました。
残る2台の鉄コレ(東武6000系、クモハ52流電)もいずれ同様に施工します。
これで本稿は完結ですが、いずれ鉄コレトレーラーの電飾へと話がつながっていくわけです。
そしてここから通電カプラーにまで思いが至れば100点満点。
世に改造のネタは尽きまじ、ですかね(^^)
[PR]

by nari-masa | 2015-01-20 22:53 | 鉄道コレクション | Comments(8)
2015年 01月 12日

鉄コレ 東武6000系 電飾、ジャンパーホース、シール(一応完工)※経歴あり

c0207199_13433254.jpg
ここまで正月を挟んであれこれ弄ってきた鉄コレ 東武6000系ですが、電飾まで完了しました。
一応、最後なのでここまでの経過をまとめておきます。
ついにミッシングリング入廠!鉄コレ東武6000系
ようやくこの画像が・・・東武6000系
鉄コレ東武6000系(1)弄り初め
鉄コレ東武6000系(2)カプラー交換とベンチレータ塗装準備
※結局、TOMIXのTNカプラーは連結しにくいのでほとんど使用しませんでした。
鉄コレ東武6000系(3)ベンチレータ塗装とか、あれこれ
本日の調達品とロッド電機の通電ジャンパー線当廠素案
※購入品情報のみ
細かい作業が続きますⅡ スハ44系電飾の遮光改善と鉄コレ東武6000系弄り
※床板塗装のみ
細かい作業が(ry Ⅲ 接点グリス&SF356台車ゴムべローズ塗装
※台車空気バネ塗装のみ
細かい(ry Ⅳ 東武6000系6輌がやっとカタチに
鉄コレ 東武6000系”冷房改造車”(USO800形電車)
鉄コレ 東武6000系 カプラー交換&走行

散漫に作業していたのでかなり時間がかかってしまいました。
まあ仕事ではないので、それはそれで長く楽しめるので構わないのですが(^^)
だいたい、こういう数モノは苦手です。だから編成モノをあまり買いません(本当は予算がないから買えない、が正答ですが)。
さて、ラストスパートです。
c0207199_13591331.jpg
まずは電飾、動力車の前照灯のみです。
φ1.0mmの光ファイバーをアルミテープで遮光しましたが、結果から言うと窓からアルミの銀が目立ってダメでした(^^;;
後からあらかた黒で塗り潰し、更にアセテートテープで隠しましたが、それなら最初からアセテートテープで良かったです。
c0207199_13591894.jpg
前面窓部品を上下に切断し、前照灯部分にφ1.0mmで穴明けをします。
一応、前面窓に光が漏れないように透明プラの断面を黒で塗ってあります。
c0207199_13592479.jpg
光ファイバーを穴に差し込み、車内に引き通しますが、時々動力ユニットを入れて干渉をチェックしています。
c0207199_13593065.jpg
2本の光ファイバーの端面を揃えてきらめきライト水平型で照射します。
ファイバー側は黄色、LED側はオレンジで電球色にするのはいつもの工法です。
通電も動力ユニットに端子を取り付ける方法です。
c0207199_13593596.jpg
走行テストです。
まだ前面幕を入れていません。
c0207199_13594621.jpg
非冷房6連は快速浅草行きにしました。
このモハ6100一輌だけ電飾しているので、これが先頭に出るとどうしても浅草行きになってしまいます。
特徴的な腰板部分の3本のジャンパーホース(ホース?ケーブル?)もKATOのパーツを取り付けました。
c0207199_1359416.jpg
なんちゃって冷改2連は快速急行 東武日光/鬼怒川公園行きを貼りました。通常は6050系の動力車にぶら下げて走らせます。

まだ車番などシール貼りが少し残っているのですが、これはもう集中作業がつらいので一日一輌作戦で行こうと思います。
というわけで、これで鉄コレ 東武6000系、完工とします。
次はマイクロC形機関車の窓ハメコミかマイクロF級機の前照灯交換ですが、
ど・ち・ら・に・し・よ・お・か・な、です。
[PR]

by nari-masa | 2015-01-12 14:25 | 鉄道コレクション | Comments(2)
2015年 01月 11日

鉄コレ 東武6000系 カプラー交換&走行

c0207199_2124159.jpg
鉄コレ東武6000系のカプラーですが、いろいろ検討した結果、過日EF551電気機関車がH鉄道様から帰還時にTさんからお土産に戴いたシンキョーカプラーを使用することにしました。大変ありがとうございました。
どうもSカプラー対応のTNカプラーを鉄コレに使用すると安定が悪く、連結時に逃げてしまって連結作業がめんどうなのです。
右がオリジナルですが、左のようにカットします。
c0207199_2124637.jpg
鉄コレ用カプラーポケットに組み込みます。
カプラー高さが少し低くなるので台車への取付部に0.3のポリカ板をスペーサーとして入れて高さを上げました。
c0207199_2125270.jpg
前下がりになりやすいのでゴム系接着剤で軽く止めてあります。
c0207199_2125635.jpg
スペーサーでカプラーの出具合を調整。
c0207199_213124.jpg
両端の先頭車はTNカプラーにしましたが中間に入るものはシンキョ―カプラーにしました。
c0207199_213754.jpg
先頭車同士の連結状態です。
c0207199_2131283.jpg
同じく中間連結部ですが、片側のみスペーサーを入れてあります。
R177カーブ上です。
c0207199_213176.jpg
FS356用の動力ユニットは1組しかないので冷改車2輌は6050系動力車と併結にしました。
では走行画像を。鉄橋のシーンは隅田川橋梁を思い浮かべながらご覧ください(^^;;

動画の車輌の向き、隅田川橋梁を想定すると左が浅草駅、右が日光方になりますね(^^::
失礼しました。
あとは電飾とシール・インレタですが、ジャンパーケーブルも付けたくなりました(^^)
[PR]

by nari-masa | 2015-01-11 21:25 | 鉄道コレクション | Comments(4)
2015年 01月 10日

鉄コレ 東武6000系”冷房改造車”(USO800形電車)

c0207199_2003936.jpg
東武6000系「なんちゃって冷改車」車体艤装が完了しました。
本日は晴天で日射もあり、快適な塗装日和でした。
クーラーはTomix PC-109 AU12S、サイドのベンチレーターはGM 97-1角型です。
c0207199_2004591.jpg
1輌あたりAU12クーラー6台搭載。
1970年頃の改造という設定です。
c0207199_2005112.jpg
モハ(右)とクハ(左)で連結面側のクーラー搭載位置を変えてあります。
クハの連結面には片側トイレがあり、屋根に半ガラがあるので、この部分はベンチレーターにしました。
貫通幌はGMの角形をGSIクレオスのニュートラルグレーで塗装して取り付けました。
c0207199_2005771.jpg
モハはパンタグラフの連結面側にもクーラーを搭載。
これでぎりぎり菱形パンタグラフが折り畳めます。
名鉄にこういう車輌がありましたね。
c0207199_2024430.jpg
銀河の乗務員ステップも付けましたが、細くてあまり良く見えませんね。
1700系みたいにクーラーキセを銀塗装にしようかと1個試し塗りしてみたのですが、存在感が強すぎるので見送りました。
あとは動力車の電飾、カプラー、シール・ステッカーで6000系も完了となります。
この休み中に完工したいですね。
[PR]

by nari-masa | 2015-01-10 20:24 | 鉄道コレクション | Comments(6)
2015年 01月 09日

細かい(ry Ⅳ 東武6000系6輌がやっとカタチに

c0207199_22322048.jpg
本日の日替わり業務、東武6000系6輌のベンチレータを屋根板に取り付けました。
残2輌は冷房改造しますので未取り付けです。
c0207199_22322641.jpg
ベンチレータに位置決めモールドはありますが弱いので曲がって取り付いてしまいます。
そこでステンレススケール2本で挟んで真っ直ぐにしました。
c0207199_22323287.jpg
その屋根板を車体に取り付け、床板には鉛のウェイトを貼り付けて車体を組み上げました。
c0207199_22323716.jpg
パンタグラフも取り付けました。
残るは貫通幌取り付け、乗務員ステップ取り付け、カプラー、インレタ・シールといったところです。
明日は天気が良ければなんちゃって冷房改造車のクーラーと小型ベンチレーターの塗装がしたいです。
[PR]

by nari-masa | 2015-01-09 22:41 | 鉄道コレクション | Comments(4)
2015年 01月 08日

細かい作業が(ry Ⅲ 接点グリス&東武6000台車FS357台車ゴムべローズ塗装

c0207199_21193360.jpg
まだまだ続く細かい作業、本日の日替わりメニューは鉄コレ東武6000系のFS356,357台車のべローズ(空気バネ)塗装です・・・が・・・
c0207199_21193966.jpg
SSEちょうだい さんのBlog「さらに豆電車」さんでタミヤの接点グリスが紹介されておりまして・・・
c0207199_21194525.jpg
スハ44系の集電板にも塗布することにしました。
KATOの集電板は点接触なので、接点グリスで接触面積を増やすと通電が確保されるだけでなく、スパークによる電蝕を防ぐ効果もありそうです。
c0207199_21195433.jpg
車輪とレールの接触状態は変わっていないので急に改善するわけではありませんが、塗っておくと安心、という感じです。
c0207199_2119593.jpg
で、スハ44系つばめ13輌26台車に接点グリスを塗った後、東武6000系台車のべローズにタイヤブラックで色挿ししました。
※この台車はダイヤフラム式ではなくべローズ式でした。
DT24などは台車が黒なので目立ちませんが、FS356は灰色なのでよく目立ちます。
これが塗装前。
c0207199_21193360.jpg
8輌分の台車16個、32か所の塗装が完了しました。
あまりに細かい作業と溶剤の臭いのため、ここでくじけました。
明日のルーチン業務はベンチレーターの取り付けです。
c0207199_2050183.jpg
追記
再掲ですが、アセテートテープで遮光してLEDを点灯させるとこんな感じになります。
[PR]

by nari-masa | 2015-01-08 21:41 | 鉄道コレクション | Comments(2)
2014年 12月 24日

鉄コレ東武6000系(3)ベンチレータ塗装とか、あれこれ

c0207199_20344283.jpg
昨日午前中、鉄コレ東武6000系をバラしてベンチレータ塗装とか、面倒な数物を施工しておりました。
この辺が記事としても一番ツマラナイ部分ですね~。
まあ、これをやらないと完成しませんので(^^;;
c0207199_2035669.jpg
まずはベンチレーターを両面テープで板に貼っておいて、タミヤのニュートラルグレーでスプレー。
やはり気温が低いので、スプレー缶をオユ10(←Locomotoraさんのパクリ)で温めてから吹きました。
c0207199_20344794.jpg
次はモハの屋上配管に色挿し。
学生時代の烏口を使います。最近電車を作っていないので、久しぶりです。
塗料はGMの灰色9号。溶剤が揮発してどろどろになったものにリターダーを加えたくらいが使いやすいです。
c0207199_2034532.jpg
息を止めて引くので身体と心臓によくありませんね。
c0207199_20345813.jpg

床板部品は全体が座席の色で塗られていたので、乗務員室と通路をタミヤのスカイで塗装。
海軍機機内色より少し薄い緑です。まだ完成ではなく、客室内の通路も塗ります。
鉄コレの室内電飾はしないので、あまり見えることはないのですが、まあ気持ちです。
c0207199_20351156.jpg
先日、EF55の納品時にこれ戴きました。KATOカプラーNやナックル、TOMIX密自連とも連結可能なスグレモノ。
ここぞ、というところで使わせて戴きます。Tさん有難うございました。
[PR]

by nari-masa | 2014-12-24 20:55 | 鉄道コレクション | Comments(4)
2014年 12月 22日

鉄コレ東武6000系(2)カプラー交換とベンチレータ塗装準備

c0207199_22313756.jpg

この記事、非常にアクセスが多いのですが、カプラー交換の話でしたらこちらもどうぞ。
こちらが現在の最終的な形です。

以下に記載しているTOMIXのSカプラー対応TNカプラーは連結が面倒であまり使いやすくありませんでした。
それでもよろしければどうぞ。
以上は2017.1.23に追記しました。

鉄コレ東武6000系、本日はカプラー交換です。
これはデフォルトのアーノルトカプラーで連結した状態。
18m級ほどには連結面間は拡がりませんが、やはり少し広いです。
アーノルトも形態的に下今市~次は~東武日光~なので、やはり何とかしたいところです。
c0207199_22314336.jpg
で、本日の購入品。TomixのSカプラー対応密自連形TNカプラーです。
ボディマウントではなく、台車マウントのカプラーポケットに取り付けてつかうものです。
ストック品が残り少なくなったので購入してきました。
c0207199_22314878.jpg
この6000系に使われているミンデンドイツ台車、住友のFS356、FS357は板バネのホルダーが前後に大きく張り出しているため、ボディマウントのTNカプラーとは干渉してしまいます。
R315くらいは通れますが、当廠のR177は全く通過できません。
それでなくても全部ボディマウントTNカプラーに交換したらとんでもなく高いです。
c0207199_22315370.jpg
で、今までは動力ユニットに付いてくるカプラーポケットにカトカプN密連型Aを組み込んで使っていたのですが、トレーラーにはカトカプが取り付けられるカプラーポケットがついていないので、TT04などの走行セットを購入していました。
しかし走行セットって要するに車輪とウェイトとカプラーポケットなんですが、長くNゲージをやっていれば車輪など売るほどありますし、ウェイトはGMのものでも鉛板でもOKなので結局はカプラーポケットの為に高い金を出しているようなものです。
c0207199_22315812.jpg
で、トレーラー台車に付いているアーノルト用のカプラーホルダーを活用することにしました。
アーノルトカプラーは引っ張れば抜けます。
c0207199_2232436.jpg
密自連型TNカプラーです。24組515円でした。
c0207199_2232944.jpg
2個の部品を組み合わせて使いますが、組んだあと右側のように付け根の両サイドをニッパーでカットします。
c0207199_22321417.jpg
これをカプラーホルダーに斜めに入れて・・・
c0207199_22321949.jpg
ちょいと捻るとこの位置になります。きつすぎてもガタすぎてもうまくないのですが、幅は何回かやってみると呑み込めます。
c0207199_22322545.jpg
台車マウントはボディマウントに較べて剛性がなく、強く押し付けると逃げてしまうので、連結しやすくするためにこの部分を少しカットします。
切り過ぎると全く連結しなくなるので要注意です。
c0207199_2232303.jpg
スペーサー無しでは狭くなりすぎるので、一番薄いスペーサーを片側だけ入れた状態です。
これでもR177は通れないので、結局両側にスペーサーを入れてR177通過可能になりました。
c0207199_22323650.jpg
これで8輌が連結できるようになりました。実はカトカプとTNカプラーの混成です。
c0207199_22324381.jpg
さて、明日の休日も塗装ができそうなので、ベンチレーター全部外してバリを切除して、両面テープで板に貼り付けました。
明日が好天でありますように。
[PR]

by nari-masa | 2014-12-22 23:04 | 鉄道コレクション | Comments(4)