新湘南電鐵 横濱工廠archive

shinshonan.exblog.jp
ブログトップ
2015年 07月 04日

KATO C12 前側カプラーのナックル化

2016.1.4追記:
KATO蒸機(C12,C56)にGM製のナックルカプラーを取り付けた記事はこちらからどうぞ。
C57はこちら

c0207199_18495156.jpg
KATO C12の前側カプラーをナックル化しました。
これでC12得意のバック運転が楽しめます。
c0207199_1849564.jpg
改造前です。
左C56は2012年にナックル化してあります。
右C12はオリジナルのダミーカプラーです。
c0207199_18511687.jpg
このくらい大きさが違います。
やろうと思えばダミーカプラーを削りこんで連結可能にもできそうです。
c0207199_18512393.jpg
左ダミーカプラー、右はC56から外したナックルカプラーです。
c0207199_18513088.jpg
今回使うのは一番左のナックル長(品番Z01-0239)です。
中央が普段使うことが多いナックル短、右がダミーカプラーです。
たまたま当廠にナックル長があったのでそれを使いますが、ナックル短でもやれないことはなさそうです。
ただ、ナハフ11かもめナックルはカプラー取り付け高さが高くなってしまうので難しいです。
c0207199_18513796.jpg
では施工開始です。
まずは根元を切断します。
c0207199_18514273.jpg
ナックルヘッドの下側になる部分、シャンクを切り取ります。
当廠ではデザインナイフを使いました。
c0207199_1851483.jpg
こんな風になります。
c0207199_18515949.jpg
ここにナックルをゴム系接着剤等で固定します。
ちなみに、この方法では自動連結はできません。
c0207199_1852462.jpg
排障器部品にカプラーを軽く接着します。
c0207199_18521333.jpg
透明な板が見えますが、スペーサー代わりの0.1mmポリカ板です。
これを入れることでカプラーが傾くのを防止しています。
なんで傾くのかというと、機関車の前端梁に開いている取付穴が左右対称でないのです。
ここはC56と異なります。
c0207199_1852202.jpg
ほんのわずかなゴム系接着剤をつけて機関車に組み込みました。
カプラー高さも何とか許容範囲内です。
c0207199_18522660.jpg
両方ともナックルカプラーになったC56とC12。
2機ともバック運転が得意技です(^^)。
c0207199_18523379.jpg
全く首を振りませんが、R177で旧客を問題なく牽引できます。
但し、2軸貨車のようにオーバーハングが大きく、カーブでカプラーが大きく外に振れるものはR177を通過できませんでした。
実施時は牽引する車輌や線路条件を考慮して決定してください。
[PR]

by nari-masa | 2015-07-04 19:15 | 蒸気機関車(N) | Comments(8)
Commented by ぼち吉鉄道 at 2015-07-04 20:32 x
こんばんわ。
昨日のにコメントしようとしたら、新記事が…。
しかもトータンさん依頼のC12のカプラー工事とは…。
早いですね♪
バック運転も見事ですね。
首振りせずに曲がれるのですね。
それが意外です。
でもほんと見事な加工技術です(^^)
Commented by nari-masa at 2015-07-04 21:53
ぼち吉鉄道さん こんばんは。いつもありがとうございます。
前側カプラーはC56で一度やっていますので、それとほとんど同じ作業でした。
バック運転って面白いですよね。特にこういう小型機は実際にもバック運転していましたから、とても似合います。
C56の時にあまり詳しく書かなかったので、その分も含めて記事にしましたが、写真を取りながら改造するのってけっこう難しいです。
肝腎な画像を取り忘れたり・・・(^^)
固定カプラーでもかなりのカーブは走行できます。
これもC56の時に確認しましたが。R177は今回が初めてです。
Commented by トータン at 2015-07-05 07:17 x
え~??? もう終わっちゃったんですか? なんだか私の作業速度と比べると異様に早いですね~ 昨日は今一な天気でしたので どこへも出かけず部屋で車両工作していたのですが 進捗どころか調査ミスや作業ミスで元の木阿弥以下の廃車となりました~(^^;
そっか~スノーブローが取り付けられないんですね~ このスノーブローが大好きなもので 考えてみたら相当前にせり出ていますのでカプラーは無理なのですね ん~ん残念(vv
Commented by nari-masa at 2015-07-05 08:02
トータンさん お早うございます。いつもありがとうございます。
以前にC56でやっていて手順は解っていましたので、試行錯誤が無かった分早かったですね。
でも前端梁の取付穴構造がC56と少し違っていてカプラーを入れると前から見て斜めに傾いてしまい、幅の広いスペーサーで解決しました。
スノープロウを付けてもできると思いますが、当方はこの排障器がお気に入りで、機番も高崎第一機関区にしたのでスノープロウは外してしまいました(^^)
Commented by KATOファン at 2015-07-16 01:09 x
僕の場合、1台が前後アーノルド仕様で、もう1台が後、カトーカプラー仕様(カトー製の客車と貨車専用)です。
自宅のレイアウトがカトーのユニトラックコンパクトR150なので、アーノルドでないとキツイ事とカトー以外のメーカーの貨車の改造が(老眼なので)めんどくさいからwwww

それに僕がNゲージを始めた40年前だとアーノルドしかなかった
Commented by nari-masa at 2015-07-16 08:42
KATOファン様 コメントありがとうございます。
カプラーは好みが分かれますね。
私はアーノルトカプラーとスカートごと首を振る機関車(EF70)が嫌で、最初はNに手を出しませんでした。
Commented by KATOファン at 2015-07-17 19:38 x
ところで、C12の前部をナックル化するのであれば、
前部にはダミーカプラーの穴を利用してTNカプラー化できるのでは?
後部がカトーカプラーで前部がTNカプラーにしたら、トミックスもカトーにも対応できるのでは?
Commented by nari-masa at 2015-07-17 20:13
KATOファン様、再びコメントありがとうございます。
当方はTOMIXやマイクロエースの機関車・客車・貨車も全車KATOナックルとKATOカプラーNに交換しています。
そうしないと各社の雑多な旧型客車同士の連結ができなくなりますので。
ですから、TNカプラーにする必要がなく、TN化ができるかどうかは分からないのです。


<< 苦節2年 急行"津軽...      KATO C12 C56重連と... >>