新湘南電鐵 横濱工廠archive

shinshonan.exblog.jp
ブログトップ
2015年 01月 22日

通電カプラー/通電ドローバーについてつらつら考えてみました(その1?)

c0207199_20372192.jpg
画像はKATO C57の機関車と炭水車をつなぐ通電ドローバーです。
昨日から今日にかけて関東地方は天気が悪く、工作室が寒いので作業ができません。
しかたがないのでPCの前で通電カプラーというものについて少し考えてみました。
ちなみに、グダグダと考えているだけなので、あまり面白いオチはありません。
まずはおさらいです。
c0207199_20374226.jpg
↑上図でMはモーター、Lはライトとします。
また赤、青線はプラス・マイナスの極を表します。どちらがどちらでもいいです。
現在のNゲージ車輌は一般的には上図のように各車輌が電気的に独立していて、ボギー車なら車輪4軸でその車輌一輌への給電をまかなっています。
このため、車輪踏面が汚れたりレール表面が汚れたり、ポイントのような線路状態が悪い所を通過すると室内灯がちらつく、モーターがギクシャクする、といった問題が起きがちです。
c0207199_20375072.jpg
↑そこで各車輌を電気的に接続できたら、極端な話、編成中でたった1個でも車輪と線路が電気的に接触していれば編成全体に給電できるわけです。
また、重くて集電が比較的安定している動力車からトレーラーへの給電ができます。
もうチラツキ・ギクシャクは皆無!夢のようなノンストレス運転が可能です。
これを実現するには上図のようにカプラーのところでプラスマイナス2極の線を接続しなくてはなりません。
もちろん、プラスとマイナスは車輌の進行方向で変わります。
これが通電カプラー、または通電ドローバーの考え方です。

しかし、実際のNゲージ車輌でこれを実現しているのは最初の画像のような蒸気機関車か、私の記憶する限りではTOMIXの新幹線くらいです。
他にあってもわずかなものでしょう。
小田急の連接車がそうでしたかね?あれはカプラーとは言いませんが。
そしていずれも実際の連結器とは似ても似つかない形状をしており、またカプラーはオスメスになっていて逆方向には連結できないようになっています。
実物の連結器に近い形状で、連結方向も自由な通電カプラーはできないのか?
16番(HO)なら何とかなるかも知れませんが、Nゲージの市販品は多分無理だと思います(技術的に不可能と言うわけではないが、年少者が扱っても壊れず、ショートの危険がない実用に耐えるものがなかなかできない)。
また16番だとわざわざ通電カプラーにしなくても車体にジャンパー線を取り付けることができます。
TMSに載っていた16番庭園鉄道の記事で見たことがありますが、ジャンパー線の着脱には洋服につけるホックを使います。

c0207199_2245039.jpg
先日、こんなものをお見せしました。これで一応2極つながるのですが、実際に車輌に装着してみると連結が固くて着脱にかなり苦労しました。
でも、あまり緩いと通電が不確実になりますので、やはり実用性はないな~と思った次第です。
c0207199_2244077.jpg
これ、一番可能性があったんですが、ねぇ。
ただ、アルミテープの新しい可能性が見えていますので、ここへの通電も銅線でなくアルミテープでやったらどうか、という構想をしています。
つなぎにくさはあまり変わらないと思いますが・・・。

もう一案、まだ構想段階として考えているのがジャンパーホース付きのカトーカプラーN JP a ってありますよね。
あのジャンパーホースもどきを通電に使えないか・・・?
Nゲージは車輌が軽いので、あまり通電部に荷重をかけられないのが辛いところです。
まあ、これもそのうち。

本日は工作がないので実物で説明できず、今一つまとまりがありません。
早く春とED19と東芝45t電機がこないかな~

c0207199_18221013.jpg
おまけ。
記事と全く無関係な京急2000形第1編成リバイバルカラー。
雨の中、携帯カメラでは、そりゃこんなものですよね~。
[PR]

by nari-masa | 2015-01-22 17:42 | 小加工・改造(N) | Comments(6)
Commented by ぼち吉鉄道 at 2015-01-22 23:41 x
こんばんわ。
真打ち登場ですね(^^;
いや、なやんでも中々前に進まない課題ですね。
無い知恵を絞っても、カスしかでないこの頭…。
これ難題ですね。
Commented by nari-masa at 2015-01-23 07:34
ぼち吉鉄道さん お早うございます。コメントありがとうございます。
この件に関しては全く勝算がありませんで、ごく限られた条件下でだけ可能かな、と思っております。
今はその限られた条件を探っているところです。
いずれにしても大きさの制約が半端ないです。
メーカーも、これを開発してもバカ売れするわけではないのでやらないでしょうね。
絶対ファインスケールにはなりませんから(^^)
Commented by nobuemondouhonpo at 2015-01-23 15:05
こんにちは(^-^)/
お邪魔します♪
私もカトーの小型2軸でためしてるのですが、どうにも……

小ささと連結&解放を考えると難しいですもんね(>_<)

私の折り畳みテーブルの場合は、進行方向左のマイナス側は問題なく、右側のみポイントのトング等で通電不良を起こすので、1極だけの通電でも改善しましたが、通常は2極共に通電共有しないと意味なさないですもんね(>_<)

思いきってカプラーの仕組み自体を変えれないかと模索中でした(^-^ゞ
Commented by nari-masa at 2015-01-23 16:41
ノブえもんさん こんにちは。コメントありがとうございます。
まさにその小型車(Bトレ2軸)で通電カプラーのテストをやろうと準備しています。
その前に単極通電カプラーの危険性について少し語ります。危ないので。
もう少しお待ちください。
Commented by nobuemondouhonpo at 2015-01-23 19:04
nari-masa様
単極は危険でしたか(汗)
了解しました、宜しくお願いします(>人<)
Commented by nari-masa at 2015-01-23 22:35
ノブえもんさん
2輌だけなら単極カプラーでもいいですよ。


<< 通電カプラー(その2)テスト準...      鉄コレ 電飾用通電方式改善(上... >>