新湘南電鐵 横濱工廠archive

shinshonan.exblog.jp
ブログトップ
2015年 01月 20日

鉄コレ 電飾用通電方式改善(上下分離式)東武5700 1話完結

c0207199_22205751.jpg
鉄道コレクションの電飾用通電方式を改善しました。
本日は1話完結です。
c0207199_19352060.jpg
今まで、当廠では鉄コレの電飾は動力車のみで、動力ユニットにこんな金具を付けて・・・
c0207199_2221892.jpg
きらめきライトの銅線を接触、または巻き付けて通電していました。
しかし、この方法ではメンテナンス等で車体と動力ユニットを分離するときに誤って銅線を引っ張ってしまい、切断する恐れがありました。
そんな折、きらめきライトの製造販売元である美軌模型店店主さんのBlog「美軌模型店の待合室」にこんな記事が掲載されました。
これにヒントを得て、通電方式を改善して車体上下分離を可能にすることにしました。
c0207199_22211410.jpg
まずは一度金具類を外し・・・
c0207199_22214477.jpg
動力ユニットの隙間に銅線を入れて通電板に接触させ、電極を引きだします。
c0207199_22215052.jpg
通電に使うのはアルミテープですが、糊面は基本的に通電しないと考えて、アルミテープの端を1mmほど折り返します。
これが今回のキモです。
両側折り返してもいいかもです。
c0207199_22215630.jpg
動力ユニットの両側面中央部に長いアルミテープを貼りつけ、その表面に動力ユニットから引き出した銅線を更にアルミテープで固定します。
この固定用テープに先ほどの折り返しテープを使うと、全面が通電に使えるようになります。
つまり、どこに接触してもOK。
これは動力ユニットですが、トレーラー用床板でも同じことができます。これも重要。テストに出ます(^^;;
c0207199_2222752.jpg
車体側のきらめきライトの銅線は窓ガラスパーツの隙間を通してPPテープで抑え、・・・
c0207199_22221275.jpg
同様に折り返しテープで窓ガラスパーツの中央に貼り付けます。
これだとアルミテープが接触しているのか銅線が接触しているのか良く分かりませんが、とにかくどこかで通電していればOKなんです。
c0207199_22205751.jpg
これで車体上下の分離を可能としたまま通電が可能となりました。
残る2台の鉄コレ(東武6000系、クモハ52流電)もいずれ同様に施工します。
これで本稿は完結ですが、いずれ鉄コレトレーラーの電飾へと話がつながっていくわけです。
そしてここから通電カプラーにまで思いが至れば100点満点。
世に改造のネタは尽きまじ、ですかね(^^)
[PR]

by nari-masa | 2015-01-20 22:53 | 鉄道コレクション | Comments(8)
Commented by ぼち吉鉄道 at 2015-01-21 07:04 x
おはようございます。
なるほど。
最近、アルミテープ大活躍ですね。
鉄コレには、通電改造が一番の問題ですからね。
でも、窓ガラスを利用して天井に上げるのはヒントです。
通勤車は、配線隠すのに四苦八苦しますから。
そんなの関係ねぇとか言い聞かせていますが(^^;
Commented by nari-masa at 2015-01-21 07:58
ぼち吉鉄道さん お早うございます。コメントありがとうございます。
今までアルミテープは電飾時の遮光用として使っていて、うっかりしてショートさせてしまうことが多かったのです。
でもこれを逆に考えれば通電に使えるじゃん、ということにあの記事を見ていて気がついたわけです。
導線の経路、Tomixやマイクロ製の室内灯ユニットはコイルバネ丸見えですからね。
鉄コレの窓はうまいところに切れ込みがあったものです。
Commented at 2015-01-21 12:36
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kazmiz0330 at 2015-01-21 12:44
nari-masaさん、こんにちは。
いい事を教えて頂きました。いつテストがあってもOKです。(笑)
こうすればリード線同士が接触する事も防げますね。
もう少し前に知っていれば、と思いますが、今後の工作に使わさせて頂きます。
Commented by nari-masa at 2015-01-21 15:54
上様
早速のご対応、ありがとうございます。
Commented by nari-masa at 2015-01-21 15:57
ミズさん こんにちは コメントありがとうございます。
ではそのうち抜き打ちテストを(^^)
そうなんです。間に合わないかな~とは思ったのですが、思い付いたのが昨日でしたので一足違いでした。残念(^^)
Commented by がおう☆ at 2015-01-22 09:49 x
おはようございます。

床板との分離方式良いですね。
ついつい、こことここを接触させて・・・なんて考えがちですが。
特に”どこが接触してもOK”という所が、床板外しても再び填める時の安定性を保つ良さでしょうか(^^♪
今後電飾化をしようとするときに参考になります。
アルミテープ、取り外し部の照明の接点など他にも大いに利用出来そうです。
Commented by nari-masa at 2015-01-22 12:26
がおう☆さん こんにちは。コメントありがとうございます。
アルミテープは遮光性は抜群なんですがうっかりするとショートしてしまう厄介なところがありました。
それを逆手にとれば広い面で通電可能ということですね。
レイアウトのストラクチャでも「ポンと置いて電飾」が可能かも知れませんね。


<< 通電カプラー/通電ドローバーに...      ポリカ板で窓ハメコミ、やってみ... >>