新湘南電鐵 横濱工廠archive

shinshonan.exblog.jp
ブログトップ
2015年 01月 14日

東武6000シール貼り、EF56-12前照灯施工中&通電カプラー・プロトタイプ(?)

c0207199_21305422.jpg
一日一輌運動が功を奏し、鉄コレ東武6000系のシール貼りが完了しました。
始めてしまえばなんとかなるものです。
ただ、車番はさすがにシールではあんまりなので、一旦剥がしました。
いずれくろま屋さんにでも特注で頼んでみます。
画像は肉眼では読めるかどうか怪しい3行行先幕、東武日光・鬼怒川公園・新藤原行き快速急行です。
それにしても腰回りの塗装は何ですかね?
c0207199_2131158.jpg
側面幕も。
非冷房の4輌を快速・浅草行、2輌を上記3行幕、冷改車2輌を東武日光・鬼怒川公園行き2行幕にしました。
これで東武6000系は一旦工事中断になります。
c0207199_2131694.jpg
マイクロEF56-12はマスキングテープでほっかむり中です。
前照灯の穴加工が終わりましたのでライトパーツを接着しているところです。
多分、明日には完工するでしょう。
その後は例のマイクロC形機関車の窓ハメコミと貨物機の前照灯交換の並行作業になります。
貨物機は3日で1輌作戦ですね。

通電カプラーもちょっと気になっていますが・・・
アイディアだけでも出してみましょうか?
汎用量産型通電カプラーのプロトタイプです(^^)
c0207199_2244077.jpg
別にカプラーが怪我をしているわけではなくて・・・
アルミテープの細切りを2本巻き付けています。
使ったのはKATO車間短縮ナックルですが、要するにリジッドなカプラーがいいです。
その代わり自動連結は諦めなくてはなりません。
普通のナックルなら2個のパーツを接着してしまう必要がありそうです。
c0207199_2244538.jpg
こんな感じですね。
これに極細の銅線を挟み込むのですが、いま手元にありませんので(^^;;
c0207199_2245039.jpg
連結するとこうなります。
少しきつめでないと通電不良になりそうです。
そのうち通電チェックもしてみますが、問題は耐久性ですね~。
[PR]

by nari-masa | 2015-01-14 22:14 | 旧型電関(N) | Comments(4)
Commented by ぼち吉鉄道 at 2015-01-15 19:09 x
こんばんわ。
シール貼り、早いですねぇ!
そして通電カプラー、ついにスタートですね(^^;)
あの狭いカプラー部に加工とは…。
頭が下がります。
でもアルミテープは、やっぱり通電が厳しいでしょうか?
Commented by トータン at 2015-01-15 20:53 x
nari-masa さんは凄い! 二兎追うもの一兎も得ずといいますよね~ でも、こんなにあっちもこっちもやって成就しちゃうのって 物凄くないですか? 私は今とんでもない停滞中です。 このところやることなすこと上手くいきません 停滞期ですね(^^;
Commented by nari-masa at 2015-01-15 21:56
ぼち吉鉄道さん こんばんは。コメントありがとうございます。
シール貼りも慣れだなぁ、とは思いますが、やはりやりたくない作業の筆頭です。
塗装とシール貼りが嫌な作業の双璧ですね。
カプラーに加工はしていません。アルミテープを巻き付けただけです。
アルミテープの表面は通電しますよ。糊面は分かりませんが。
前照灯の電飾の際にアルミテープを貼って遮光と放熱をするのですが、うっかりすると動力ユニットとの間でショートしてしまいます。
今の作業が一段落したら実際に通電させてみますね。
Commented by nari-masa at 2015-01-15 22:01
トータンさん こんばんは。コメントありがとうございます。
違いますよ。二兎を追っているわけではないんです。
一つの作業ばかりやると飽きてしまうので目先を変えているだけです。
今の作業はもう定式化されているものなので、頭を使わない分つまらないのです。
次の窓ハメコミは厚みの違うポリカ板を試したりするので少しは楽しいかも知れません。
通電大作戦、ご苦労なさっていますね。
通電ドローバーで方向性は合っていると思うのですが、どうして通電性が悪いのでしょう?


<< EF56-12前照灯交換工事完了      本日は全部途中経過 >>