2015年 01月 10日

鉄コレ 東武6000系”冷房改造車”(USO800形電車)

c0207199_2003936.jpg
東武6000系「なんちゃって冷改車」車体艤装が完了しました。
本日は晴天で日射もあり、快適な塗装日和でした。
クーラーはTomix PC-109 AU12S、サイドのベンチレーターはGM 97-1角型です。
c0207199_2004591.jpg
1輌あたりAU12クーラー6台搭載。
1970年頃の改造という設定です。
c0207199_2005112.jpg
モハ(右)とクハ(左)で連結面側のクーラー搭載位置を変えてあります。
クハの連結面には片側トイレがあり、屋根に半ガラがあるので、この部分はベンチレーターにしました。
貫通幌はGMの角形をGSIクレオスのニュートラルグレーで塗装して取り付けました。
c0207199_2005771.jpg
モハはパンタグラフの連結面側にもクーラーを搭載。
これでぎりぎり菱形パンタグラフが折り畳めます。
名鉄にこういう車輌がありましたね。
c0207199_2024430.jpg
銀河の乗務員ステップも付けましたが、細くてあまり良く見えませんね。
1700系みたいにクーラーキセを銀塗装にしようかと1個試し塗りしてみたのですが、存在感が強すぎるので見送りました。
あとは動力車の電飾、カプラー、シール・ステッカーで6000系も完了となります。
この休み中に完工したいですね。
[PR]

by nari-masa | 2015-01-10 20:24 | 鉄道コレクション | Comments(6)
Commented by ぼち吉鉄道 at 2015-01-11 08:41 x
おはようございます。

早いですねー。
塗装とかの加工が、さっくりできるのが羨ましいです。
クーラーの別パーツが、光ってますね!
パンタのそばのクーラーは、なかなか恐い感じですね(^^;
Commented by nari-masa at 2015-01-11 09:09
ぼち吉鉄道さん お早うございます。コメントありがとうございます。
やはり休日は平日よりは作業が捗りますね。
当方も塗装は苦手なのでさっくりというわけではないのですが、冬の関東は乾燥した晴天が多いので助かります。
ただ寒いので缶スプレーをお湯で温めてガス圧を上げないと霧が細かくならずダマになりやすいです。
パンタそばのクーラー、名鉄7000系パノラマカーの初期車がここに付いていて、ちょっとお気に入りだったのです。
Commented by トータン at 2015-01-11 09:38 x
作業が早いですね~ 私の方は牛歩と言うよりは進んでいないです(vv;
M車のパンタ部の無理に見えるクーラー配置は実車にもありそうなリアル感があります こういうところ気づくnari-masaさんは 流石ですね~。
カプラーは確か東武ですので密自連ですかね? で、恐らく固定編成でしょうから中間はドローバーではないでしょうか? 東上線では走りませんので観察することも出来ませんでしたけれど 現行の50000系とか50090系とかは確認していませんが8000系10000系などはドローバーだったと思います。
Commented by nari-masa at 2015-01-11 15:47
トータンさん こんにちは。コメントありがとうございます。
めがね橋通過車輌整備、ご苦労様です。
パンタ部のクーラー、名鉄パノラマカーの古い車輌がこうなっていて、ちょっとお気に入りだったのですが、取付穴を長穴にしてぎりぎりAU12クーラーを取り付けることができました。
最近はどこでも固定編成なのでドローバーが多いですが、6000系の時代がどうだったのか良く分からないんです。
でもNゲージでドローバーって意外と連結解放が難しいですよね。HOならドローバー当たり前なんですが。
Commented by トータン at 2015-01-11 16:21 x
再投稿済みません(^^;
東武6000系を画像検索すると沢山表示されますよ
当時の8000系と同じ形のようです、今日確認しましたが最近の東武車両は前面が密連で中間はドローバーでした 土手を走る車両を見あげて確認しました(^^;
Commented by nari-masa at 2015-01-11 19:39
トータンさん こんばんは。情報ありがとうございます。
6000系、画像はたくさんあるのですが中間連結部の画像がなかなかなくて・・・
今は前面も密連に電連付きなんですね。
6000系は先頭部が密自連の時代ですから、中間も密自連ということにして、先日戴いたシンキョーカプラーを使うことにしました。
カプラー本当にありがとうございました。


<< 鉄コレ 東武6000系 カプラ...      細かい(ry Ⅳ 東武6000... >>