2015年 01月 07日

細かい作業が続きますⅡ スハ44系電飾の遮光改善と鉄コレ東武6000系弄り

c0207199_21365050.jpg
細かい作業の続きです。
記事としても地味で、あまり面白くない部分ですね。
まずは昨日実施した工事、スハ44系つばめの電飾を少しだけ改善しました。
c0207199_2136569.jpg
電飾そのものは以前に完了していたのですが・・・
c0207199_2137125.jpg
遮光に使用しているビニルテープの粘着力が今一つだったので・・・
c0207199_2139382.jpg
先日購入してきたアセテート絶縁テープ、幅15mmに交換しました。
c0207199_21371023.jpg
今度は粘着力が強く、他のテープを併用しなくてもしっかり固定できます。
c0207199_21371818.jpg
ところがマシ35だけ、ときどきチラツキがあります(この時点で既にネタバレに近いですね)。
c0207199_21372354.jpg
で、一度床板を分解して 初音 ミク ロウェイトで補重しました。
今回は雷おこしでなくPPテープで止めるだけにしました。
タラコのパックですかね?
→仁丹ですね。
c0207199_21372922.jpg
補重の効果で以前よりマシ35になりました←やっぱりこれか(^^;;。
c0207199_21373432.jpg
他には東武6000系のウェイト用に鉛板を切り出したり・・・
c0207199_21374072.jpg
同じく東武6000系の室内部品の床を塗ったりしているうちに時間切れになりました。
こんな作業が明日も続きます。

ロッド電機の自動電気連結は思ったより2輌のコレクタシューの間隔が遠く、構想した方法の実現がちょっと難しそうです。
片側の通電板を厚手にして剛性を高くし、反対側は薄い板バネにして下から接触させる予定だったのです。
これなら上から見える部分は全て黒で塗り潰せるのですが・・・
通電板があまりに長いと片持ち式が難しくなります。
[PR]

by nari-masa | 2015-01-07 22:02 | 小加工・改造(N) | Comments(4)
Commented by ぼち吉鉄道 at 2015-01-08 07:51 x
おはようございます。
ミク・ロウェイトなのですね~。
あの上に、純正のウェイトを載せるのですか?
小生のレイアウトでも、ウェイト追加しないとポイント通過時がダサい車両があります。
どうもポイントによってクロス部分の高さのバラツキがあります。
余りにひどいのは、瞬着を垂らしましたがイマイチですね。
この方法なら、安定するかもしれませんね。
Commented by nari-masa at 2015-01-08 08:13
ぼち吉鉄道さん お早うございます。コメントありがとうございます。
はい、この上に純正ウェイトを載せています。
客車なのであまり重くすると牽引輌数に影響が出ますが、幸いスハ44系はマシ35だけ集電不良でしたので。
このせいでカシ35になったりして(笑)
瞬着で固めても良かったのですが、この方法なら後でウェイトを簡単に減らせますので採用しました。
Commented by トータン at 2015-01-08 17:39 x
アセテートテープ遮光にも使えますか~ 少し透けるところが又良いかもしれませんね 私は10mmのものを購入したのですが遮光だったらもっと幅広にしないと・・・・・
昨日12軸集電テストをやったのですが・・・・・・
線路なしに3輌繋げて トレーラーに電気を流したらストレス無く走行したので 今度は線路に乗せて走らせてみたら トレーラーの動輪が回らないです 新たに集電子を付けた負担から回転が悪くなってしまいました やることドン臭いでしょう?(^^;
Commented by nari-masa at 2015-01-08 19:26
トータンさん こんばんは。コメントありがとうございます。
アセテートテープ、10mmの上は幅15mmがあります。
やはりIMONさん(横浜店)で購入しました。
例のEF55も集電板の追加でいくつか回らない車輪がありますよ(^^;;
まあEF55は目立たないのですが、ED42はロッドが回らないのが見えるのでまずいですよね~。


<< 細かい作業が(ry Ⅲ 接点グ...      細かい作業が続きます。 >>