2014年 12月 21日

鉄コレ東武6000系(1)弄り初め

c0207199_17332028.jpg
さて、本日は何とか昼間に塗装ができる状況になりましたので、他の作業は一旦中断して鉄コレ東武6000系の床下&台車塗装を行ないました。
c0207199_17333195.jpg
この時期はやっぱり「串」がいいですね。
焼き鳥かみそ田楽か、はたまたきりたんぽか・・・
c0207199_17333597.jpg
動力車含め8輌分、タミヤのニュートラルグレイを吹きました。
c0207199_17334012.jpg
動力ユニットはもともとテックステーションから東武6050系のミンデン台車専用に販売されていたものが一般販売になったTM25です。
J新さんで定価より少しだけ安く買えました。
c0207199_17332698.jpg
この台車間一杯に並ぶ主抵抗器が大好きです。
山からの急勾配を下るために主抵抗器容量が大きいんですね。
ただ、床板部品がやや山なりに反っています。まあ逆向きよりはいいのですが。
c0207199_17334559.jpg
連結器の関係で4輌分だけ走行可能にしました。
まだ室内塗装とか電飾とか行先シールとか車番とか曲がって付いているバリ付きベンチレータとか、いくつか手を入れなければなりませんが、まずは走らせるのが先です。逝っとけダイヤは京急譲り(^^)
c0207199_17334941.jpg
何気に好物の先頭車同士の連結部。6000系は結構分割併結がありました。
c0207199_17335478.jpg
拡大すると塗装はやっぱり、というところですね。まあ気にしないことにします。鉄コレだし。
c0207199_17335837.jpg
モハのパンタグラフ部。
避雷器だけ屋根にモールドされています。
c0207199_1734339.jpg
パンタはTOMIXの小田急用と名鉄用のニコイチで、京急旧型車用と同じものです。
さて、あと4輌分を含め、改造を進めます。
とりあえず走り初め走行動画を。常設線ぐるぐるですが。

[PR]

by nari-masa | 2014-12-21 18:39 | 鉄道コレクション | Comments(4)
Commented by トータン at 2014-12-22 18:42 x
やっぱり6000系良いですね~ 大昔ですが東上線で一度だけ池袋発日光行きに使われたようなこと聞いたのですが・・・・見ることは無かったです。
Commented by nari-masa at 2014-12-22 19:57
トータンさん こんばんは。コメントありがとうございます。
6000系、東武の一般車の中では一番まとまっているような気がします。特急でもないのに優等列車色ですし。
池袋発日光行きですか?どういう走行経路だったのでしょうね?当時ライバルの国鉄線を走行しなかったとすれば
池袋~東上線~寄居~秩父鉄道~熊谷~羽生~伊勢崎線~杉戸~日光線~東武日光
ですかね~?
案外国鉄山手線内回りホーム1番線発で
池袋~山手貨物線~大宮~宇都宮~日光だったりして。自社線全く走ってない(^^)
考えると楽しいですね~。当時修学旅行は業平橋発でしたから団体列車?
Commented by kazmiz0330 at 2014-12-22 21:27
nari-masaさん、今晩は。
小生、私鉄は余りよく解っていませんが(国鉄時代もそんなに・・・)鉄コレで小田急と京王の旧電を少々所有しています。「串」も大好きですが・・・(笑)
そこで質問です。
①床下の塗装ですが、台車も一体で塗装されていますが、問題ないですか?特にM車が気になりましたので。
②カプラーはKATO "カトーカプラーN JP"を使われている様ですが、台枠の加工はどうされたのでしょうか?
以上2点ですが、急ぎませんので、次回の鉄コレの加工の時にでもアップして頂ければ幸いです。
宜しくお願い致します。
Commented by nari-masa at 2014-12-22 22:30
ミズさん こんばんは。コメントありがとうございます。
①の答え、鉄コレの台車は正規のNゲージ台車のような塗料が乗りにくい材質ではなく、ただのスチロール(プラスチック)と思われます。
逆にいうと、金属車輪(車軸)で走行させると摩耗するのであまりロングランはできないということです。
普通にプラ用塗料で塗装できますので、床下と台車をまとめて塗装しています。
M車も台車枠は飾りのレリーフで、動力車軸を受けているわけではありません。ただのプラです。
②はまさしく本日のテーマですので、本日UPする記事をご覧ください。


<< 鉄コレ東武6000系(2)カプ...      当廠EF55への新ノウハウ・フ... >>