新湘南電鐵 横濱工廠archive

shinshonan.exblog.jp
ブログトップ
2010年 07月 14日

本日の作業:EF58-4の車輪交換

 先日入廠したKATOの試験塗装機EF58-4ですが、自慢のローフランジ車輪が災いして直線区間で脱線事故を起こしたため暫く運用から外れておりました。このたび通常フランジ車輪装備で下廻りグレー成型のKATO 3020-7 小窓特急色塗装機が調達できましたので車輪を振り替えることにしました。
c0207199_21482771.jpg
c0207199_2131622.jpg
 この車輛は中古ですが、台車だけをAssyパーツで購入するより安価に完成品を入手できました。車輪に走行痕もなく、PS15パンタグラフが多少ふらつく以外はかなり美品で、走行音も静粛です。
c0207199_21313086.jpg
 動力系はEF58-4と全く同等で走行履歴も少なそうなので台車を分解して車輪だけ交換することにします。手前がEF58-4、向こう側が小窓ですが、フランジ高さの違いが分かりますね。しかし台車枠などは全く共通部品です(厳密には集電板の形状が少しだけ異なっていました)。
c0207199_21315394.jpg
 台車枠を外して車輪だけ入れ替えていきます。ついでにトラクションタイヤを1軸に集中する処置もしておきました。このとき、ローフランジ車輪の第3動輪即ち空転輪のタイヤが2軸とも少し輪軸から抜け出していて、バックゲージが広くなっていることに気付きました。もしかすると脱線の主原因はこれだったのかも知れません。
c0207199_2132111.jpg
とりあえずEF58-4の車輪交換が完成しました。先台車も以前に購入した3020-7D3と交換してハイフランジ化してあり、同時にカプラーをこの機の標準であるカトーカプラーNからナックルカプラーに交換しましたが、グレー成型品の調達にちょっと手間取りました。ナックルカプラーはそのままでは取り付かないのでピン穴に真鍮パイプを通し、シャンクの幅を2.5mmに加工して組み込んであります。
c0207199_21321424.jpg
早速、旧客15輌を牽引して周回試験線を試走させましたが、脱線しまくりの前回とは打って変わって、フライホイールの威力を存分に発揮しつつ至ってスムーズに駆け抜けていました。
c0207199_21322223.jpg
 ちなみに、ローフランジ化した小窓機も試走させてみましたが、特に問題なく走行しました。今となっては原因ははっきりとは分かりませんが、やはり第3動軸のバックゲージに問題があったのかも知れません。
 車輪を供出した3020-7小窓特急色塗装機は暫くの間、当分廠維修班の教習機としてKATO製フライホイール装備機に対する分解整備作業の習熟に寄与して貰うことにします。その後についてはローフランジのまま静態保存機とするか改めてハイフランジ車輪を調達して運用に復帰するかは現在のところ未定です
[PR]

by nari-masa | 2010-07-14 22:02 | 旧型電関(N) | Comments(2)
Commented by トータン at 2011-09-09 21:44 x
本日は貴重な情報ありがとう御座います やはり58-4は問題ありでしたか~ 当方では単機で走らせる分にはトラクションを第二に変更することで脱線回避出来たのですが 牽引させると またまた脱線してしまいます で、今 改造をしているのですが 今日の結果は悪路にもかかわらず脱線はしなくなりました まだ確実な線ではないのですが 周回出来なかったところ 今日の試運転では路線3周させたのですが一度も脱線は有りませんでした ですが牽引力は弱いです 改造の結果トラクションの接地が悪くなってしまったような 上り勾配で空転してしまいます 動輪は廻るけれど走らない状態です ただ唸るだけ・・・・
ローフランジでしたか~当方では類稀なる脱線機です 納得しました 当方では数箇所スプリングポイント化した部分がありますが ローフランジデはない初期型特急色車輌もそのスプリングポイント部で先輪の脱線が合い続き 仕方無しに先台車にウェイトを施して現在も無難に使用しています こういうバランス的な調整は難しいですね~ ただし購買のない路線ではなんの問題もありませんので当方の本線専用で運用にあたろうかと思います 本当に情報ありがとう御座いました
Commented by nari-masa at 2011-09-10 09:49
 トータン様、ご訪問有難うございます。冷や水鉄道のブログ主様なのですね。いつも楽しく拝見させて戴いております。これを機会に今後とも宜しくお願い申し上げます。
 EF58-4のローフランジ車輪ですが、車軸の片側にトラクションタイヤがあると台車に旋回トルクがかかり、脱線しやすくなるようです。特に牽引車輛があるとトルクが大きくなり、その傾向が強いです。対策として、私は2輪のトラクションタイヤを1軸にまとめています。こうすると台車に旋回トルクがかからず、脱線しにくくなりますし、牽引力も強くなります。ただ進行方向で牽引力が変わりますので、その辺は好みの問題かも知れませんね。
 トラクションタイヤの取り付け位置は第1軸が良いようです。KATOのEF57のトラクションタイヤがオリジナルは第2軸にあり、牽引力が不足でしたので第1軸に移しました。この辺は2010年6月27日の記事http://shinshonan.exblog.jp/14666456/
をご参照願えれば幸いです。


<< 有井製EF16-30のレストア      EF58-24の更新修繕作業(... >>