新湘南電鐵 横濱工廠archive

shinshonan.exblog.jp
ブログトップ
2010年 04月 11日

旧客入線&TOMIX SカプラーのカトーカプラーN化改造

KATOからオハ35系(戦前型)客車が再生産されましたので、オハ35とオハフ33の茶色、それに緩急車がもう一輌欲しかったので、TOMIXのオハフ61茶色を通販で購入しました。これで先日のスハ43と合わせて旧客が4輌になりました。旧客のキーワードは「種々雑多」ですから、とりあえずは違う車種を一輌ずつ増備していこうと思っています。オハ35系は再生産なので、ガーランドベンチレーターが屋根板と一体でスハ43より表現方法が古く、塗装も屋根と同色です。また台車もサスペンションが効いていません。
c0207199_17462918.jpg
まずはカプラーをカトーカプラーN(オハフ33の車掌室側はナハ11かもめナックル)に交換しました。当然、KATOのオハとオハフはすんなりと交換できましたが、さてTOMIXのオハフ61のカプラーをどうするかでちょっと迷いました。TOMIXの取説には「自連形TNカプラーを取付可能」と書いてありましたので、色は違いますがちょうど手持ちの同タイプ(但し京急に使うつもりだったのでナックルは密着自連形)を付けてみました。
c0207199_17464060.jpg
しかし、このままではカトカプNとは連結できません。netで調べたところ、カトカプのナックル部にφ1程度の穴を明けるとTN側の爪が引っ掛かって連結できるとのことなので、早速加工してみました。
c0207199_17464965.jpg
確かにうまく連結できます。んが・・・この方法ではKATO側全車輌のカプラーに穴を明けるか、さもなくばKATOの1輌を控車扱いにして連結を固定にしなければなりません。また、固定編成の電車や寝台特急列車でもないのに、いちいち手で繋がなくてはならず、車輌をぶつけて自動連結ができないのも、ちょっと面倒です。更に、機関車をナックルカプラーにしていますので、緩急車なのに機関車と連結困難、というのもいかがなものかと。
c0207199_17465736.jpg
で、TN案はあっさり諦めて、TOMIXのSカプラーをカトカプNに交換できないか検討してみました。まずは分解前の状態です。TOMIXのアーノルトカプラーは抑え金具で抜け止めされています。画像の下に写っているのは付属のダミーカプラーで、TNカプラーの取付ボスを使って取り付けられるようになっており、解放梃子も表現されています。常に編成の最後尾に連結するなら、これもなかなかいいですね。
c0207199_1747697.jpg
飛ばして紛失しないように注意しながら抑え金具を外すと、アーノルトカプラーとスプリングが出てきます。画像がぼけていて分かりにくいですが、このままではポケット内のリブが邪魔になってカトカプは入りません。
c0207199_17472216.jpg
そこで、リブを彫刻刀で削ぎ落とします。
c0207199_174730100.jpg
これでカトカプがポケット内に収まります。
c0207199_17473872.jpg
スプリングを入れ、抑え金具を嵌めて完成した状態です。
c0207199_17474580.jpg
これでKATO車輌や機関車とも連結が出来ます。
c0207199_17475232.jpg
オハフ61の車掌室側です。テールランプ点灯式です。まだ車番インレタを貼っていません。なおKATOのオハフ33のテールも点灯します(両方ともテールのON-OFFスイッチ付)。
c0207199_17475990.jpg
旧客4輌に室内灯を組み込みました。この室内灯は旧客のためにわざわざ購入したものではなく、以前にKATOの京急デハ800形の室内灯を白色LED化したときに電球タイプの室内灯が大量に余ったものを余剰品流用しています。またTOMIXのオハフ61は有井の白色LEDの室内灯をオレンジ色に塗って電球色に似せて取り付けてありますが、これも余剰品です。
c0207199_1748756.jpg
有井のEF56-12号機に繋いでみました。
c0207199_17481571.jpg
車体色が暗いので、いい加減な携帯カメラでは撮影が難しいですね。旧客の増備はこのあと、オハ47(スハ43の台車振替)、オハ61、オハ35の戦後型を入れて7輌くらいが丁度いいかな、と思ってまして、大々的に増やすつもりはありません。暖かくなってきたし、そろそろ京急に戻ろうかと思いますが、だんだん手が動かなくなってきています。
[PR]

by nari-masa | 2010-04-11 17:48 | 旧型電関(N) | Comments(0)


<< GM京急旧1000形リニューアル      清水峠の強力(ごうりき)、EF... >>