新湘南電鐵 横濱工廠archive

shinshonan.exblog.jp
ブログトップ
2009年 09月 29日

京急2100形の手抜き修正

平日は大ネタが全く進まないので、小ネタです。

MA車輌製造製の京急2100形です。
c0207199_19572615.jpg
2100形はこれを含めて4編成あり、他の3編成は全て下り快特とWing号なので、この編成は上り快特「品川方面泉岳寺」行きにすることにして、ステッカーはGM完成品のものを流用しました。

で、その2109(MUC)の側面です。
c0207199_19583823.jpg
あれ?何か違う・・・と思われた方は、きっとこのモデルをお持ちなのですね。

はい、答えは転換クロスシートの向きです。MAとしては良い出来(と私は思います)の2100形ですが、少なくとも1ヶ所、大きな手抜きがありました。2109から2115までの7輌のシートは浦賀方を向いているのに、2116(MSC)だけは品川方を向いています。つまり2109と2116のシートは同じなんですね。2116の自動転換装置の故障か!?という雰囲気です。

で、この編成を上り列車にするために、最初から品川方を向いている2116を除く7輌のクロスシートを逆向きにセットしなおしました。結果として良かったことがひとつあります。この車輌に室内灯を組み込むと、集電バネの側だけ車端部が暗くなってしまうのですが、2109だけは連結部まで明るくなりました。画像は2109と2116ですが、色が違うのはMA製室内灯の仕様ですね。
c0207199_1954596.jpg

[PR]

by nari-masa | 2009-09-29 20:01 | 小加工・改造(N) | Comments(2)
Commented by ar-2 at 2009-09-29 23:01
こんばんは。
模型ならではの仕様ですね。私は本品を有していませんが、有していても多分気付かなかったんじゃないかと(笑

>2116の自動転換装置の故障か
故障じゃないんですが、無理矢理ボックスにして破損させた事件は二度ばかりあったと聞きます。
腕ずくの世の中なんでしょうか…ああコワイ。

実は一番コワイのは、在庫棚に眠っているクロポのブルスカ2157のキットだったりもします(汗
Commented by nari-masa at 2009-09-29 23:47
ar-2さん、こんばんは。いつもご訪問頂きましてありがとうございます。

>模型ならではの仕様ですね。
そうですね。内装の作り分けはメーカーとしては悩むところでしょうね。
2000形みたいに前後対称なら問題ないでしょうにね。

>無理矢理ボックスにして破損させた事件
私も聞いたことがあります。実は私も手で転換させようと試みた一人なんですよ。現在の名鉄やJR東海、古くは新幹線0系や117系や185系の転換クロスはみんな手で転換できる(できた)ので、コレもできるだろうと。さすがに破壊には至りませんでしたが(笑)

>実は一番コワイのは、在庫棚に眠っているクロポのブルスカ2157のキットだったりもします(汗
2157FのBST、ウチにもしばらく眠ってました。ブルスカマークのステッカー貼り:ドア横64枚+幕板16枚の拷問に怯え切っていたのですが、昨年、インレタが入手できたのを機会に、強引に製作しました。エイヤッと(笑)。


<< 京急500形(2)      京急500形(1) >>