新湘南電鐵 横濱工廠archive

shinshonan.exblog.jp
ブログトップ
2009年 09月 26日

GM製2モーター動力ユニットの改善(1)

GM製完成車輌に使用されている、いわゆる新動力ユニットは2モーター駆動が特徴ですが、かなり神経質なところがあって調子が悪いことが多く、甚だしい場合はすぐ脱線してしまうこともあります。このため、使いやすい鉄コレ動力に換装される方もいらっしゃるようです。

しかし、8連セットを買うともれなくついてくる高価な動力ユニットですから、何とかして使えないかと検討してみました。

まず、2モーターユニットの構造ですが、前後の台車が別々のモーターで駆動されています。構造はこんな感じです。
c0207199_20565837.jpg

この動力ユニットは、特に起動時に両モーターの同期不良が起こりやすく、また急加速、急減速時に脱線するケースも多いようです。

で、なんでこれが脱線しやすいのかというと、
c0207199_20571655.jpg

こういうことだろうと思います。もちろん、ウェイトの質量や配分にも問題はあるかと思います。
要するに、M1モーターとM2モーターの軸がつながっていれば良いわけですが、それでは1モーターと何ら変わりませんね(笑)
他社の1モータータイプは両軸モーターで前後の台車の車輪が完全に同期して回転しますから、トラクションタイヤによる旋回トルクはあっても、後側のトラクションタイヤがブレーキになって前側の車輪が浮き上がることはありません。
まあ、この1点だけでも2モーターは技術的には失敗作なんですけどね。

この問題に対する比較的簡単な改善案ですが、
c0207199_20573195.jpg
c0207199_20574050.jpg

の2つが考えられます。ちなみに、ウチのGM製京急車の動力ユニットは全て改善案1の対策を施してあり、実用上は問題ないレベルです。ただ、ウチには勾配線がないので、勾配区間で12輌編成を引いて起動できるか、台車が浮き上がらないか、試したことはありません。

今回、どちらが有利なのか、ちょっと実験してみようと思います。続きます。
[PR]

by nari-masa | 2009-09-26 11:50 | 小加工・改造(N) | Comments(2)
Commented by suzujyun1990 at 2016-01-02 17:07
早速、改善案1を参考にさせていただきました。劇的に走りが安定しますね。前進行・後ろ進行ともに特に問題はないように思います。
Commented by nari-masa at 2016-01-03 14:20
suzujyun1990様
わざわざコメントありがとうございます。
GMからはまもなくコアレスモーター仕様の18m級新動力が出るようですので、この2モーターの問題点も改善されることを期待しています。


<< 越中五箇山”こきりこ祭り”      中島C6N1”彩雲” >>